トヨタ ルーミー[M900A/M910A型]自動車保険料を見積り相場と目安。見た目も使い勝手もほぼミニバン!TOYOTA一番人気のコンパクトハイトワゴン。

roomy_m900a_01

トヨタ「ルーミー」はコンパクトラスのハイトワゴンとして人気の一台です。

同社の「タンク」とはデザイン違いの兄弟車となり、兄弟そろって人気者ですが販売台数においてはルーミーに軍配が上がります。

タンクがスポーティな外観を持つのとは異なり、ルーミーはシックでミニバン風なフロントフェイスデザインがセールスポイント。

5ナンバーサイズにスッポリ収まる車幅や、短い全長により取り回しはとても良く、高いルーフのおかげでキャビンも広々。さらに手頃な価格とくれば人気が出ないはずはありません。

今回はそんなトヨタ ルーミー[M900A/M910A型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金の相場と目安を調査したいと思います。

TOYOTA ROOMY[画像出典:https://toyota.jp]

利用者の63%が2万円以上も安くなっています!!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

初めて利用した方の実に63%が2万円以上! そして42%の方が3万円以上も!!保険料が安くなっています。

安い自動車保険を探すなら、こちらの見積もりサービスがお勧めです。

\ 無料の一括見積はこちら /
 

roomy_m900a_02TOYOTA ROOMY[画像出典:https://toyota.jp]

ルーミーはダイハツ トールがベースとなるコンパクトハイトワゴンです。実は他にスバル ジャスティも同様であり、トール、タンク・ルーミー、ジャスティは言ってみればメーカー違いの4兄弟といった関係になります。

ルーミーはフロント大型メッキグリルが象徴している様にミニバンルックな外観が特徴です。

全長は4mに満たなずコンパクトですが、背が高く迫力があり5人乗りプチミニバンと呼べる雰囲気を持っています。

ユーティリティにおいてもミニバンには必須の両側スライドドアも装備していて、荷室にアクセスするリアドア開口部も広くて低い、当然シートアレンジも考えられていて使い勝手もまさにミニバン風です。

前席後席のウォークスルーが可能で、後席は個別にスライド&リクライニング機構が装備され車内の快適度は高く、かつフレキシブルに対応できます。

防汚シート付の多機能デッキボードと合わせることで様々なシチュエーションで活躍でき、室内の汚れを気にせずアクティブな用途でも積極的に利用していけます。

roomy_m900a_05TOYOTA ROOMY[画像出典:https://toyota.jp]

ルーミーは、今時にしてはガソリンエンジン車のみのシンプルな構成で販売され、直列3気筒1.0Lエンジンを搭載します。

エンジンにはターボとノンターボのラインナップがあり、街乗り中心の使い方であればノンターボで十分な性能があります。一方、VVT-iターボエンジを積むグレードは動力性能にも余裕があり、高速長距離走行を考慮するならこちらを選択するのが良いでしょう。

ターボモデルはリアスタビライザが追加されコーナリング性能も向上している点もあり、走行性能においてはターボモデルのほうが満足感を得られます。

また、ルーミーには4WD仕様もラインナップされています。ただ、これはノンターボでのみ選択可能であり、ターボモデルでは4WDは選べません。降雪地域でルーミーを検討していた場合、ターボ+4WD仕様が選べないのは悩ましいところですね。

予防安全機能ではダイハツ タントがベースになっているだけあって、ダイハツの「スマートアシストⅢ」が導入されており、これがXグレードを除く全車に標準装備となっています。

「スマートアシストⅢ」には、車だけではなく歩行者へも対応している衝突回避支援システム(衝突警報機能・衝突回避支援ブレーキ機能)も含まれており、衝突事故を未然に防ぐアシストをしてくれます。

roomy_m900a_08TOYOTA ROOMY[画像出典:https://toyota.jp]

グレード概要
価格
カスタムG-T1.0L VVT-i ターボ CVTスマートアシスト
2WD
2,002,000円
G-T1,837,000円
カスタムG1.0L VVT-i CVT スマートアシスト
2WD1,870,000円
4WD2,046,000円
G2WD1,716,000円
4WD1,892,000
X“S”2WD1,556,500円
4WD1,732,500円
X1.0L VVT-i CVT2WD1,490,500
4WD1,666,500円

roomy_m900a_06TOYOTA ROOMY[画像出典:https://toyota.jp]

それではトヨタ ルーミーの保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 スマートアシストⅢ 搭載

 ASV割引の適用

 エコカー割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の4つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

ルーミーはダイハツのOEM車種であり、予防安全機能もダイハツの「スマートアシストⅢ」を搭載しています。

ソナーセンサーに加え、ドライバーの視界や頭上空間を妨げない世界最小のステレオカメラを搭載。ルーミーでは一部グレード( X)を除きスマートアシストⅢを標準装備しています。

歩行者や先行車、対向車、障害物などの様々な情報を的確に捉え、ドライバーへの注意喚起や緊急ブレーキ、ハイ&ロービームの切り替えなどで安全運転を支援します。

tank_m900a_smaasi02

roomy_m900a_smaasi01スマートアシストⅢ[出典:https://toyota.jp]

ルーミーの一部グレード( X)を除く「スマートアシストⅢ」搭載車は「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」に適合しています。

「スマートアシストⅢ」の様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、型式別料率クラスへ高評価として反映されます。料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

前述のスマートアシストⅢには、「衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)」と呼ばれる、いわゆる自動ブレーキ機能(AEB)も搭載されており、各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

ただし、ASV割引適用終了はその型式の自動車が発売された年度に「3年」を加算した年度の12月末日になります。ルーミーの場合にはAEBを搭載はしているものの、適用期間はすでに終了しており残念ながらASV割引は対象外となります。

ASV割引の適用

割引対象外
※型式の割引適用期間が終了済み

しかしながら、AEBを含めたスマートアシストⅢの事故予防効果は型式別料率クラスに十分反映されており、ASV割引適用がないからと言って必ずしも保険料金に不利という事でもありません。

ルーミーは純粋なガソリンエンジンモデルであり、ハイブリッドモデルについては設定がありません。

したがって、一部保険会社にて設定のあるエコカー割引は適用対象外となります。

エコカー割引の適用

割引対象外
※適用対象モデルなし

トヨタ ルーミー については、駆動方式の違いによって合計2つの型式が存在します。

型式ごとに料率クラスの評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2020年]

TOYOTA ルーミー 型式別料率クラス
車種駆動型式対人対物傷害車両ASV割
ルーミー2WDM900A6577×
4WDM910A4576×

※ASV割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]
※2020年より料率クラスは17段階評価に変更されています

『ASV割』項目は型式別にASV割引の対象かどうかを表しています。前述の通りルーミーには衝突被害軽減ブレーキ(AEB)が搭載されていますが、適用期間を経過しておりASV割引は対象外です。

ルーミー全体としての型式別料率クラス評価としては、「良い」に当てはまるかと思います。保険料金的には「割安」となります。

トヨタ ルーミー 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★★☆☆
良い
( 保険料金は割安 )

もちろん、車両金額や契約内容によっても実際の保険料金は変わってきます。

それでは保険料金のシミュレート見積もりをしていきましょう。今回見積もり条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ年齢年齢条件等級免許色
タイプ2020歳全年齢補償8グリーン
タイプ2121歳21歳以上補償9グリーン
タイプ2626歳26歳以上補償14ブルー
タイプ3030歳30歳以上補償18ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

roomy_m900a_07TOYOTA ROOMY[画像出典:https://toyota.jp]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
トヨタ ルーミー G-T
見積タイプ車両保険なし車両保険あり
タイプ2051,640 円173,760 円
タイプ2134,420 円110,110 円
タイプ2617,150 円42,410 円
タイプ3013,280 円28,780 円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

トヨタ ルーミーの保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

条件にあった一番安い自動車保険を見つけるにはどうすれば良いでしょう?

答えは、複数社の見積もり取得と比較・検討です。それがもっとも効果的で最短ルート!

でも一社ごと見積もりなんて、それこそ時間もかかるし気力・体力も削られて正直割に合いません。

ですのでわたしは、保険料が安くなると評判のこちらの一括見積もりサービスをお勧めしています。実際、わたしも更新のたび使用していますが実効性アリですよ!

↓↓無料の一括見積はこちら↓↓

一回の入力で複数社見積もりがラクラク取得可能です。是非気軽に試してみて下さい。

roomy_m900a_03TOYOTA ROOMY[画像出典:https://toyota.jp]

トヨタ ルーミーはその外観からも、もはやミニバンと言ってもいいかも知れません。

ミニバンのユーティリティや居住性は魅力的だけど大柄なボディや3列シートまでは不要といった、ダウンサイジングニーズに上手に応えています。

ルーミーが同社の兄弟車「タンク」よりも人気を得ているのは、外観も含めまさにコンパクトミニバン然としているからなのでしょう。

コンパクトで経済的、ファミリー用途でも使い勝手よく、見た目にも押し出し感があるルーミーの人気があるのも頷けますね。

それでは、トヨタ ルーミーの保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 ルーミーでは一部グレードを除き「スマートアシストⅢ」を標準装備。事故率低下により自動車保険料にも有利。

 「スマートアシストⅢ」により衝突被害軽減ブレーキ(AEB)が導入されているが、適用期間外のためASV割引は対象外。

 型式は車種に対して2つあり、ルーミー全体としての型式別料率クラス評価は「良い」、保険料的には「割安」。

自動車保険は複数社での見積もり比較がもっとも有効で安くできる方法です。

ただやってみると分かりますが、いろいろな条件で複数社の見積もりを取得するのは正直とても大変でした。

そこで今ではこちらのサービスを利用するようにしています。簡易な入力はありますが、これまでの手間が嘘のように複数社の見積もりが一度で手軽に取得できます。

平均して3万円の節約実績もあり、実際わたしも安くすることができました!

もちろん無料ですし非常に効果的なのでおすすめです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社
タイトルとURLをコピーしました