トヨタ ライズ[A200A/A210A型]自動車保険料を見積り相場と目安。小さくてカッコいい!TOYOTA最小コンパクトSUV!!

raise_a200a_05

トヨタ「ライズ」はトヨタ自動車において最小となるコンパクトカーのSUVです。

ダイハツからOEM供給される形でトヨタが販売しており、同時に発売されたダイハツ「ロッキー」とは兄弟車となる関係です。コンパクトカーからSUVへの乗り換えユーザを考慮したコンパクトSUVとして開発されています。

今回はそんなブランニューモデル、トヨタ ライズ[A200A/A210A型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金の相場と目安を調査したいと思います。

TOYOTA RAIZE[画像出典:https://toyota.jp]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

raise_a200a_02TOYOTA RAIZE[画像出典:https://toyota.jp]

トヨタ ライズはコンパクトカーからSUVへ乗り換えたユーザからの不満を解消し、ニーズに応えるべく企画・開発された新しいコンパクトSUVです。

コンパクトでありながら広いキャビンスペースと十分なラゲッジルームを確保し、最小回転半径も考慮した取り回しの良さを実現した全く新しいモデルになります。

企画開発はダイハツで行われ、トヨタ自動車ブランドでOEM販売されているのがこの「ライズ」です。

車体のベースとなるのは、ダイハツのDNGA(Daihatsu New Global Architecture)からなる新プラットフォーム。これはクラスを超えた安定感と乗り心地を性能目標として開発されました。

ダイハツではタントに続き採用第2弾であり、トヨタにおいては初導入となるプラットフォームです。

車体サイズは全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,620mmと、全長は4mに満たず非常にコンパクトにまとまっています。今時のSUVにしては珍しく、全幅も1700mm未満で5ナンバーサイズとなっている点もポイントです。

raise_a200a_01TOYOTA RAIZE[画像出典:https://toyota.jp]

SUVとして最低地上高も185mmを確保しつつ、小回り性能にも気配られていて、最小回転半径は4.8m~5.0m(装備しているタイヤサイズで異なる)と日常での取り回しにおいてはとて扱いやすい車に仕上げられています。

小さいながらもキャビンは広く、前席と後席の距離(カップルディスタンス)は900mmを確保し、ラゲッジスペースは369Lとクラス最大級の容量を誇ります。

ラゲッジはデッキボードで床面の高さを2段階に調整可能。大容量のサブトランクと合わせてフレキシブルな使い方ができます。

エクステリアは最近のトヨタ顔を踏襲し、口を大きく開けたようなフロントバンパーデザインが特徴的。リヤデザインも適度にエッジの効いたコンビランプ等、スッキリとして卒なく好印象です。

内装はブラックとシルバーの装飾を基調に赤をアクセントにした若々しいアクティブ間のあるデザインで、クラス以上の質感があります。ダッシュボード中央にはスマートフォン連携可能な大画面9インチディスプレイオーディオが装備できる(メーカーオプション)。

raise_a200a_10TOYOTA RAIZE[画像出典:https://toyota.jp]

パワートレーンは直列3気筒1.0Lターボエンジン+CVTの組み合わせのみで、SUVらしく4WD(ダイナミックトルクコントロール4WD)車も設定されています。ライズは車体が小さく車重も軽いため燃費性能も高く18.6km/L(WLTCモード)・23.4km/L(JC08モード)とコンパクトSUVでトップクラスを誇ります。

安全性能も次世代スマートアシストを装備(『X』グレードを除く)して、歩行者にも対応した衝突回避支援ブレーキ機能や車線逸脱抑制制御機能などを搭載。

JNCAPの衝突安全性能評価では「ファイブスター賞」を獲得しているなど予防・衝突の両安全面も万全です。

小さくてキビキビとアクティブに!そしてどこへでも行けそうな、そんなワクワクさせる車となっていると思います。

raise_a200a_08TOYOTA RAIZE[画像出典:https://toyota.jp]

グレード概要
価格
Z1.0L VVT-i ターボ
CVT 次世代スマートアシスト

2WD2,060,000円
4WD2,282,200円
G2WD1,895,000円
4WD2,133,700
X“S”2WD1,745,000円
4WD1,984,800円
X1.0L VVT-i ターボ2WD1,679,000円
4WD1,918,800円

それでは保険料金のシミュレート見積もりをしていきましょう。今回見積もり条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ年齢年齢条件等級免許色
タイプ2020歳全年齢補償8グリーン
タイプ2121歳21歳以上補償9グリーン
タイプ2626歳26歳以上補償14ブルー
タイプ3030歳30歳以上補償18ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

raise_a200a_09TOYOTA RAIZE[画像出典:https://toyota.jp]

自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
トヨタ ライズ Z 2WD
見積タイプ車両保険なし車両保険あり
タイプ20
(20歳)
53,070 円163,270 円
タイプ21
(21歳)
35,510 円104,290 円
タイプ26
(26歳)
17,350 円39,810 円
タイプ30
(30歳)
13,390 円27,090 円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

トヨタ ライズの保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

条件にあった一番安い自動車保険を見つけるにはどうすれば良いでしょう?

答えは、複数社の見積もり取得と比較・検討です。それがもっとも効果的で最短ルート!

でも一社ごと見積もりなんて、それこそ時間もかかるし気力・体力も削られて正直割に合いません。ですのでわたしは、こちらの一括見積もりサービスをお勧めしています。

初めて利用した方の実に63%が2万円以上! そして42%の方が3万円以上も!!保険料が安くなっています。

実際、わたしも更新のたび使用していますが実効性アリですよ!

是非試してみて下さい。

\ 無料の一括見積はこちら /
一括見積できる保険会社
aig最大20社

raise_a200a_03TOYOTA RAIZE[画像出典:https://toyota.jp]

それではトヨタ ライズの保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 スマートアシストⅢ 搭載

 ASV割引の適用

 エコカー割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の4つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

ライズでは先進技術でさらに進化したダイハツの予防安全機能「次世代スマートアシスト」を装備(『X』グレードを除く)しています。

次世代スマートアシストでは、メーカーオプションも含めると実に17種類もの安全予防機能を搭載することができます。

『X』グレードを除き標準搭載となる衝突回避支援ブレーキ機能(昼夜の歩行者に対応)はもとより、駐車支援システムとなるスマートパノラマ パーキングアシストもオプション搭載が可能です。

ただし長距離走行では今や必須となる、アダプティブクルーズコントロール(ACC)およびレーンキープコントロール(LKC)は上級グレード『Z』のみ標準装備となっていて、残念ながら他グレードにはオプション設定もありません。

raise_a200a_smaasi01次世代スマートアシスト[出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

ライズは「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」に該当してると共に、2019年JNCAP予防安全性能評価において「ASV++」を獲得しており、高い予防安全性能が評価されています。

次世代スマートアシストの様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、型式別料率クラスへ高評価として反映されます。料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

前述の次世代スマートアシストには、「衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)」と呼ばれる、いわゆる自動ブレーキ機能(AEB)も搭載されており、各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

ただし、ライズについては次世代スマートアシストは全車標準装備でありません。一部グレード『X』を除くスマートアシスト装着車に限って適用される事になります。

ASV割引適用期限はその型式の自動車が発売された年度に「3年」を加算した年度の12月末日なので、ライズの場合には保険開始日が2022年12月末迄であれば割引が受けられます。

ASV割引の適用

割引あり
※スマートアシスト搭載車
2022年12月末まで
( 保険始期日 )

また、いずれ割引適用からは外れますがAEBを含めた次世代スマートアシストの事故予防効果は型式別料率クラスに十分反映されており、ASV割引適用が終了したからと言って必ずしも保険料金に不利という事でもありません。

ライズは純粋なエンジンモデルであり、ハイブリッドモデルについては設定がありません。

したがって、一部保険会社にて設定のあるエコカー割引は適用対象外となります。

エコカー割引の適用

割引対象外
※適用対象モデルなし

トヨタ ライズ については、駆動方式の違いによって合計2つの型式が存在します。

型式ごとに料率クラスの評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2020年]

TOYOTA ライズ 型式別料率クラス
車種駆動型式対人対物傷害車両ASV割
ライズ2WDA200A6777
4WDA210A6778

※ASV割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]
※2020年より料率クラスは17段階評価に変更されています

『ASV割』項目は型式別にASV割引の対象かどうかを表しています。ライズに関してはスマートアシスト搭載車であれば、前述の適用期間内でASV割引が適用されます。

ライズ全体としての型式別料率クラス評価としては、「良い」に当てはまるかと思います。保険料金的には「割安」となります。

トヨタ ライズ 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★★★☆
良い
( 保険料金は割安 )

もちろん、車両金額や契約内容によっても実際の保険料金は変わってきます。

raise_a200a_07TOYOTA RAIZE[画像出典:https://toyota.jp]

トヨタ ライズはコンパクトカーでも小さめの、いわゆる「Bセグメント」のSUVです。

手ごろなサイズと手ごろな価格、そして広い室内と荷室。4WDもあってしかもカッコいい!と何拍子もそろった車です。

それこそデートカーにも、子育てファミリー世代にも、アウトドア趣味の足としても何にでもピッタリくるそんな万能な車ではないでしょうか。

それでは、トヨタ ライズの保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 ライズでは一部グレードを除き「次世代スマートアシスト」を標準装備。事故率低下により自動車保険料にも有利。

 「次世代スマートアシスト」搭載車には衝突被害軽減ブレーキ(AEB)も装備され、ASV割引(一律9%OFF)の対象となる。

 型式は車種に対して2つあり、ライズ全体としての型式別料率クラス評価は「良い」、保険料的には「割安」。

自動車保険は複数社での見積もり比較がもっとも有効で安くできる方法です。

ただやってみると分かりますが、いろいろな条件で複数社の見積もりを取得するのは正直とても大変でした。

そこで今ではこちらのサービスを利用するようにしています。簡易な入力はありますが、これまでの手間が嘘のように複数社の見積もりが一度で手軽に取得できます。

平均して3万円の節約実績もあり、実際わたしも安くすることができました!

ちろん無料ですし非常に効果的なのでおすすめです。

\ いますぐ安い保険を見つける /
一括見積できる保険会社
aig最大20社
タイトルとURLをコピーしました