マツダ CX-60[KH型]自動車保険料を見積り相場と目安。MAZDAラージ商品第一弾!内外装洗練のプレミアムSUVはFRベース!PHEVや直6ディーゼルなど注目満載!

cx60_khxp_01

マツダ ラージ商品第一弾として、新モデル「CX-60」が登場しました!

新開発のエンジンやプラットフォームを投入した、非常に気合の入ったプレミアムSUVです。

独自性にかじを切ったMAZDAの今後の展開を左右する、重要な役割を担っている存在でもあります。

今回はそんなマツダ CX-60[KH型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金の相場と目安を見ていきましょう。

MAZDA CX-60[画像出典:https://www.mazda.co.jp/]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

cx60_khxp_02MAZDA CX-60[出典:https://www.mazda.co.jp/]

マツダ CX-60は、ロングノーズ、ショートデッキの伸びやかな美しいシルエットが特徴のプレミアムSUV。

ラージ商品と呼ばれる、大柄なボディは全長4740mm×全幅1890mm×全高1685mm、ホイールベース2870mmと堂々の体躯を与えられています。

外観はエレガントさとタフさ併せ持ち、深化した魂動デザインにより非常に美しいスタイリングが特徴的。

フロントマスクは、マツダ然とした大開口グリルがあり、そこからシグネチャーウイングが小型ヘッドライトまで伸びます。ヘッドライトからグリルまでを通すようにウイング内にデイライト兼ターンシグナルランプが配置され、これまでのマツダモデルとは少々異なる雰囲気を持ちます。

cx60_khxp_03MAZDA CX-60[出典:https://www.mazda.co.jp/]

インテリアのクオリティも相当に高く、モダンでプレミアムカーとして申し分のない仕上がりです。

水平基調で比較的シンプルな造形のダッシュボードに幅広のセンターコンソール、ドア周りの加飾など凝った造りで、グレードやオプションにより様々なマテリアルやカラーリングを用意。

12.3インチの大型センターディスプレイやフル液晶メーターといった、最新のインターフェイスも導入しています。

パワートレーンは、PHEV(e-SKYACTIV-PHEV)、ディーゼルハイブリッド(e-SKYACTIV-D)、ディーゼル(SKYACTIV-D)、ガソリン(SKYACTIV-G)の4種類。

cx60_khxp_04MAZDA CX-60[出典:https://www.mazda.co.jp/]

ディーゼルハイブリッド:直6 3.3L直噴ターボ[254ps/550Nm]+モーター[26.3ps/153Nm]、ディーゼル:直6 3.3L直噴ターボ[231ps/500Nm]、ガソリン:直4 2.5L[188ps/250Nm]のスペックです。

※PHEVモデルは現時点2022/09/20で詳細未定。確定次第掲載予定です。

組み合わされるミッションは、これも新開発のトルコンレス8速AT。湿式多版クラッチによるトルコンレスな仕組みで、ダイレクト感のある変速を楽しめます。

駆動方式は、ガソリン、ディーゼルモデルで2WD(FR)と4WDをラインナップ。

PHEVとディーゼルハイブリッドモデルでは4WDのみ。4WDモデルでは後輪駆動ベースのi-ACTIV AWDが搭載されます。また、MAZDA INTELLIGENT DRIVE SELECT(Mi-Drive)により、状況に応じた走行モードを選択可能です。

cx60_khxp_05MAZDA CX-60[出典:https://www.mazda.co.jp/]

リアの内輪側をわずかに制動することで、ロールを軽減しながら姿勢をより安定させる、キネマティック・ポスチャー・コントロール(KPC)も全車搭載。ハイスピードのコーナリングにおいても地面に吸い付くような安定した旋回姿勢を実現しています。

ディーゼルエンジンは、大排気量化したことで燃費も向上させ、ディーゼルハイブリッドで21.1Km/L(WLTCモード)とかなりの高燃費を達成しており、重要なセールスポイントの一つです。

CX-60は、プレミアムなスタイリングやインテリアはもとより、個性的なパワートレーンや走行性能も含めて非常に質の高い魅力的なプレミアムSUVとなっています。

cx60_khxp_06MAZDA CX-60[出典:https://www.mazda.co.jp/]

CX-60
グレード概要価格
PHEV S Packagee-SKYACTIV PHEV
ガソリン2.5L+モーター
i-ACTIVSENSE
4WD8AT5,390,000円
PHEV Exclusive Sports5,846,500円
PHEV Exclusive Modern5,846,500円
PHEV Premium Sports6,264,500円
PHEV Premium Modern6,264,500円
XD-HYBRID Exclusive Sportse-SKYACTIV-D
ディーゼルターボ3.3L+モーター
i-ACTIVSENSE
4WD8AT5,390,000円
XD-HYBRID Exclusive Modern5,846,500円
XD-HYBRID Premium Sports5,846,500円
XD-HYBRID Premium Modern6,264,500円
XDSKYACTIV-D
ディーゼルターボ3.3L
i-ACTIVSENSE
4WD8AT5,390,000円
XD S Package5,846,500円
XD L Package5,846,500円
XD Exclusive Mode6,264,500円
25S S PackageSKYACTIV-G
ガソリン2.5L
i-ACTIVSENSE
4WD8AT5,390,000円
25S L Package5,846,500円
25S Exclusive Mode5,846,500円

それでは保険料金のシミュレート見積もりをしていきましょう。今回見積もり条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ年齢年齢条件等級免許色
タイプ2020歳全年齢補償8グリーン
タイプ2121歳21歳以上補償9グリーン
タイプ2626歳26歳以上補償14ブルー
タイプ3030歳30歳以上補償18ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責5-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

cx60_khxp_07MAZDA CX-60[出典:https://www.mazda.co.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
MAZDA CX-60
XD-HYBRID Premium Sports
見積タイプ車両保険なし車両保険あり
タイプ20
(全年齢補償)
53,030円174,660円
タイプ21
(21歳以上補償)
29,130円91,660円
タイプ26
(26歳以上補償)
20,850円63,440円
タイプ30
(30歳以上補償)
12,590円37,640円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしています。年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

マツダ CX-60の保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

条件にあった一番安い自動車保険を見つけるにはどうすれば良いでしょう?

答えは、複数社の見積もり取得と比較・検討です。それがもっとも効果的で最短ルート!

でも一社ごと見積もりなんて、それこそ時間もかかるし気力・体力も削られて正直割に合いません。ですのでわたしは、こちらの一括見積もりサービスをお勧めしています。

初めて利用した方の実に63%が2万円以上! そして42%の方が3万円以上も!!保険料が安くなっています。

実際、わたしも更新のたび使用していますが実効性アリですよ!

是非試してみて下さい。

\ 無料の一括見積はこちら /
一括見積できる保険会社
aig最大20社

cx60_khxp_08MAZDA CX-60[出典:https://www.mazda.co.jp/]

それではマツダ MAZDA CX-60の保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 i-ACTIVSENSE搭載

 ASV割引の適用

 エコカー割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の4つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

CX-60にはマツダの安全思想 “ MAZDA PROACTIVE SAFETY ” の一環として、ミリ波レーダーやカメラなどの検知デバイスを用いた先進安全技術群「i-ACTIVSENSE」が全グレードに標準装備されています。

「i-ACTIVSENSE」により、CX-60では衝突被害軽減ブレーキであるスマート・ブレーキ・サポート(SBS:歩行者、自転車、自動二輪車にも対応)を標準装備しています。

i-as_khxp_02i-Activesense[出典:https://www.mazda.co.jp/]

また、高速道路での長距離運転をサポートするマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC:全車速追従機能付き)も全車標準装備となります。ただし、車線逸脱回避を支援するレーンキープ・アシスト・システム(LAS)/緊急時車線維持支援(ELK)は、残念ながら一部のエントリーグレードには搭載されません。

その他、後方からの接近車両を検知するブラインドスポットモニタリング(BSM)も全車搭載。

運転者の状態を監視して事故の回避・被害軽減を支援するドライバーモニタリングおよびドライバー異常時対応システム(DEA)、車両周辺の確認を支援する360°ビュー・モニターについては一部エントリーグレードを除いて標準装備となります。

i-as_khxp_01i-Activesense[出典:https://www.mazda.co.jp/]

これらにより、CX-60は「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」に該当しています。

「i-ACTIVSENSE」の様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、型式別料率クラスへ高評価として反映されます。

料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

前述の「i-ACTIVSENSE」によって、アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)が全グレードに装備されています。

これはマツダで言うところの衝突被害軽減ブレーキ(AEB)、いわゆる自動ブレーキ機能です。これによって各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

ASV割引適用終了はその型式の自動車が発売された年度に「3年」を加算した年度の12月末日なので、CX-60の場合には保険開始日が2025年12月末迄であれば割引が受けられます。

ASV割引の適用
  
割引あり
2025年12月末まで
( 保険始期日 )

また、いずれ割引適用からは外れますがAEBを含めたi-ACTIVSENSEの事故予防効果は型式別料率クラスに十分反映されており、ASV割引適用が終了したからと言って必ずしも保険料金に不利という事でもありません。

PHEVおよびディーゼルハイブリッドモデルについては、一部保険会社にてエコカー割引が適用になります。

エコカー割引を受ける保険会社によっても変わってきますが「新車購入の場合で多くは2年程、最長で4年間」割引きを受ける事ができます。

割引率は3%、または一律1000円引き程度となっている事が多いです。

エコカー割引の適用
  
割引あり
※PHEV、ディーゼルハイブリッドモデル
( 割引適用条件は保険会社により異なる )

マツダ CX-60では、パワートレーンの違いによって4つの型式が存在します。

型式ごとに料率クラスの評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2022年]

MAZDA CX-60 型式別料率クラス
グレード型式対人対物傷害車両ASV割
PHEV系
※e-SKYACTIV-PHEVモデル
未定88912
XD-HYBRID系
※e-SKYACTIV-Dモデル
KH3R3P88912
XD系
※SKYACTIV-Dモデル
KH3P88912
25S系
※SKYACTIV-Gモデル
KH5P77711

※ASV割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]
※2020年より料率クラスは17段階評価に変更されています。
※[KH3R3P型]以外の料率クラスは予想値を掲載しています。正確な値が判明次第更新予定。

『ASV割』項目は型式別にASV割引の対象かどうかを表しています。MAZDA CX-60に関しては衝突被害軽減ブレーキ(AEB)が全車搭載されていますので、前述の適用期間内であればASV割引が適用されます。

CX-60全体としての型式別料率クラス評価としては、「標準」に当てはまるかと思います。保険料金的には「影響は小さい」となります。

マツダ CX-60 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★★☆☆
標準
( 保険料金への影響は小さい )

もちろん、車両金額も異なりますし契約内容にもよっても実際の保険料金は変わってきます。

cx60_khxp_09MAZDA CX-60[出典:https://www.mazda.co.jp/]

マツダの新たなる挑戦となる、プレミアム路線ラージ商品。

敢えて直6エンジン、敢えてFRプラットフォーム、敢えてディーゼルと唯一無二のカーメーカーを目指しています。

CX-60は、その先鞭を着けたモデルです。発売前から様々なパワートレーンや新技術、美しく質感の高い内外装など、狙い通り話題となり注目を浴びていました。

実際、CX-60の評価は高く非常に魅力的なプレミアムカーに仕上がっていると思います。今後の年改・熟成でどう変わっていくかも楽しみです。

それでは、MAZDA CX-60の保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 CX-60では全車に先進安全技術群「i-ACTIVSENSE」を標準装備。事故率低下により自動車保険料にも有利。

 衝突被害軽減ブレーキ(AEB)も全車装備されておりASV割引(一律9%OFF)の対象となる。

 型式は車種に対して4つ。CX-60全体としての型式別料率クラス評価は「標準」、保険料的には良くも悪くも「影響は小さい」。

 PHEVおよびディーゼルハイブリッドモデルについては、一部保険会社にてエコカー割引が適用可能。

タイトルとURLをコピーしました