ダイハツ タント ファンクロス[LA650S/660S型]自動車保険料を見積り相場と目安。アクティブでアウトドアなSUVテイスト!ガンガン使えるスーパーハイト軽ワゴン!

tantofunx_la650s_01

ダイハツ「タント」にアクティブなSUVテイストを散りばめた「ファンクロス」が登場しました!

人気の軽スーパハイトワゴンのアウトドアバージョンともいえるモデルです。

2022年10月のタントマイナーチェンジで追加されたニューカマー、これは人気の予感しかありません。

今回はそんな、ダイハツ タント ファンクロス[LA650S/660S型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金の相場と目安を見ていきましょう。

DAIHATSU TANTO FUNCROSS[画像出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

tantofunx_la650s_02DAIHATSU TANTO FUNCROSS[出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

タント ファンクロスには、軽スーパーハイトワゴン「タント」をベースにアクティブさとタフさを演出した外観が与えられています。

フロント・サイド・リアにはブラックモールをぐるりと配し、前後バンパー下部にはアンダーガードを模した造形も取り入れています。

インテリアは、標準タントよりも活発でワイルドなイメージで仕上げています。アクセントのパネルカラーも、よりアクティブな色合いを取り入れ、撥水加工シートはグレー系の迷彩柄を彷彿とさせるデザインです。

全体をSUVテイストでまとめたコンセプトモデルが「タント ファンクロス」といえます。

使い勝手の良さはそのままタントを継承しているので、折り紙つき。

tantofunx_la650s_04DAIHATSU TANTO[出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

セールスポイントであるミラクルオープンドアは当然として、両側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能/ウェルカムオープン機能/タッチ&ゴーロック機能付)、手動で半ドアの位置まで閉めると、あとは自動で全閉するイージークローザーも全車標準搭載。

運転席、助手席、リアシート左右分割のロングスライド機構も導入しているので、様々なシチュエーションに応じたシートアレンジが可能です。

また、フロントシートを倒し切り、リアシートを50°最大リクライニングさせれば、ユッタリくつろげるフルフラットモードが完成。車中泊も余裕でこなせます。

導入されたパワートレーンはエンジンのみ。自然吸気エンジン[52ps/60Nm]とターボエンジン[64ps/100Nm]の2種類を搭載し、それぞれに4WDの設定があります。

ミッションは新開発「D-CVT」を採用。中高速域巡行時での伝達効率を向上させ、燃費改善や静粛性向上に寄与しています。

tantofunx_la650s_03DAIHATSU TANTO[出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

屋台骨となるボディもプラットフォーム「DNGA」により、高剛性と大幅な軽量化を実現。そういった長所もベースとなるタントと共通です。

ただし、残念ながら最低地上高についてもベース車タントと同じく、2WD:150mm、4WD:165mmと変わりありません。従って本格的SUVではなく、あくまでも「SUV風」ワゴンの立ち位置といえそうです。

WLTCモード燃費も自然吸気エンジンで21.9km/L(2WD)、ターボエンジンで20.6km/L(2WD)とマイルドハイブリッド車には届かないまでも健闘しています。

また、進化した予防安全機能「スマートアシスト」を採用し、衝突回避支援ブレーキ(昼夜の歩行者も対応)を含む様々なアシスト機能によって安全性能を強化。毎日の安全運転を支えてくれます。

軽スーパーハイトワゴンの良さをそのままに、気軽に、アクティブに、暮らしを彩れるのがファンクロスの良さかと思います。

tantofunx_la650s_05DAIHATSU TANTO FUNCROSS[出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

グレード概要
価格
ファンクロスターボ0.66Lターボ
D-CVT
電動パーキングブレーキ
スマートアシスト
2WD1,809,500円
4WD1,930,500円
ファンクロス0.66L
D-CVT
電動パーキングブレーキ
スマートアシスト
2WD1,721,500円
4WD1,842,500円

それでは保険料金のシミュレート見積もりをしていきましょう。今回見積もり条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ年齢年齢条件等級免許色
タイプ2020歳全年齢補償8グリーン
タイプ2121歳21歳以上補償9グリーン
タイプ2626歳26歳以上補償14ブルー
タイプ3030歳30歳以上補償18ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責5-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

tantofunx_la650s_06DAIHATSU TANTO FUNCROSS[出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
ダイハツ タント ファンクロス
ファンクロスターボ(2WD)

見積タイプ車両保険なし車両保険あり
タイプ20
(全年齢補償)
44,810円95,100円
タイプ21
(21歳以上補償)
24,830円50,690円
タイプ26
(26歳以上補償)
17,930円35,540円
タイプ30
(30歳以上補償)
10,920円21,280円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしています。年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

ダイハツ タント ファンクロスの保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

条件にあった一番安い自動車保険を見つけるにはどうすれば良いでしょう?

答えは、複数社の見積もり取得と比較・検討です。それがもっとも効果的で最短ルート!

でも一社ごと見積もりなんて、それこそ時間もかかるし気力・体力も削られて正直割に合いません。ですのでわたしは、こちらの一括見積もりサービスをお勧めしています。

初めて利用した方の実に63%が2万円以上! そして42%の方が3万円以上も!!保険料が安くなっています。

実際、わたしも更新のたび使用していますが実効性アリですよ!

是非試してみて下さい。

\ 無料の一括見積はこちら /
一括見積できる保険会社
aig最大20社

tantofunx_la650s_07DAIHATSU TANTO FUNCROSS[出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

それではダイハツ タント ファンクロスの保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 スマートアシスト搭載

 ASV割引の適用

 エコカー割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の4つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

タント ファンクロスでは、先進技術でさらに進化したダイハツの予防安全機能「スマートアシスト」を標準装備しています。

スマートアシストは、衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者[昼夜])を標準装備。その他、メーカーオプションも含めると実に16種類もの安全予防機能を搭載することができます。

これには長距離走行では今や必須となる、アダプティブクルーズコントロール(ACC)およびレーンキープコントロール(LKC)も含まれます。これらは残念ながら標準装備ではなく、オプションとして用意されています。

さらには軽自動車初となるスマートパノラマ パーキングアシスト(駐車支援システム)までもオプション搭載が可能です。

tantofunx_la650s_smaasi01

tantofunx_la650s_smaasi02スマートアシスト[出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

これらによって、タント ファンクロスは「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」に該当しているとともに、衝突被害軽減ブレーキ等が一定の性能を有していることを国土交通省が認定する「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS2)」および「ペダル踏み間違い急発進抑制装置(PMPD)」の認定車でもあります。

スマートアシストの様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、型式別料率クラスへ高評価として反映されます。

料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

※2020年から軽自動車にも型式別料率クラス制度が導入されました。

タント ファンクロスについては、全車にスマートアシストを標準装備しています。

スマートアシストには、「衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)」と呼ばれる、いわゆる自動ブレーキ機能(AEB)も搭載されており、各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

ASV割引適用期限はその型式の自動車が発売された年度に「3年」を加算した年度の12月末日なので、タント ファンクロスの場合には保険開始日が2022年12月末迄であれば割引が受けられます。

ASV割引の適用
  
割引あり
2022年12月末まで
( 保険始期日 )

また、いずれ割引適用からは外れますが、AEBを含めたスマートアシストの事故予防効果は型式別料率クラスに十分反映されており、ASV割引適用が終了したからと言って必ずしも保険料金に不利という事でもありません。

タント ファンクロスは純粋なガソリンエンジンモデルであり、ハイブリッドモデルについては設定がありません。

したがって、一部保険会社にて設定のあるエコカー割引は適用対象外となります。

エコカー割引の適用
  
割引対象外
※適用対象モデルなし

ダイハツ タント ファンクロス の型式については、駆動方式(2WD/4WD)の種別によって2つの型式が存在します。

また2020年より、軽自動車へも型式別料率クラス(車両料率クラス)制度が導入されました。型式ごとに料率クラスの評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2022年]

DAIHATSU タント ファンクロス 型式別料率クラス
モデル駆動型式対人対物障害車両ASV割
タント ファンクロス2WDLA650S
2122
4WDLA660S
1122

※ASV割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]
※軽自動車の料率クラスは3段階評価

『ASV割』項目は型式別にASV割引の対象かどうかを表しています。タント ファンクロスに関しては衝突被害軽減ブレーキ(AEB)が全車搭載されていますので、前述の適用期間内でASV割引が適用されます。

タント ファンクロス全体としての型式別料率クラス評価としては、「良い」に当てはまるかと思います。保険料金的には「割安」となります。

ダイハツ タント ファンクロス 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★★
良い
( 保険料金は割安 )

もちろん、車両金額や契約内容によっても実際の保険料金は変わってきます。

tantofunx_la650s_08DAIHATSU TANTO FUNCROSS[出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

ダイハツ「タント ファンクロス」は、よりアクティブ志向なユーザをターゲットにしたSUV風の軽スーパーハイトワゴンです。

本格的なオフロード性能を求めず、使い勝手の良さとアクティブさの両立として、非常にバランスの取れたモデルではないでしょうか。

実用性と快適性を重視しながら、アウトドアの非日常感も楽しみたい。そんな方にはピッタリの選択です。

それでは、ダイハツ タント ファンクロスの保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 タント ファンクロスはさらに進化した予防安全機能「スマートアシスト」を全車標準装備。

 スマートアシスト装着車にはAEBが搭載され、ASV割引(一律9%OFF)の対象となる。

 型式は車種に対して2つ。タント ファンクロス全体としての型式別料率クラス評価は「良い」、保険料的には「割安」。

自動車保険は複数社での見積もり比較がもっとも有効で安くできる方法です。

ただ実際にやってみると分かりますが、いろいろな条件で複数社の見積もりを取得するのは正直とても大変でした。

そこで私は、今ではこちらのサービスを利用するようにしています。簡易な入力はありますが、これまでの手間が嘘のように複数社の見積もりが一度で手軽に取得できます。

平均して3万円の節約実績もあり、実際わたしも安くすることができました!

もちろん無料ですし、非常に効果的なのでおすすめです。

\ いますぐ安い保険を見つける /
一括見積できる保険会社
aig最大20社
タイトルとURLをコピーしました