スバル インプレッサ WRX Sti[GRB/GVB/GRF/GVF型]自動車保険料の相場と目安を探る!ハッチバックもセダンもSTIチューンAWDスポーツ!

wrxsti_grb_01

スバル「インプレッサWRX Sti」はGC8から続くWRCの系譜。

伝統のEJ20水平対向4気筒ターボエンジンにAWD。そこに走りに徹した専用装備を搭載して走行性能を追求したモデルです。

今回はそんなスバル インプレッサWRX Sti[GRB/GVB/GRF/GVF型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金の相場と目安を探ってみたいと思います。

SUBARU WRX Sti[画像出典:https://www.sti.jp/]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

スバルの主力コンパクトカーであるインプレッサ。

そのWRCホモロゲーションモデルとして、ある意味別系統の進化を遂げてきたのが「インプレッサ WRX Sti」というモデルです。

スバルのモータースポーツを担うSTI(スバルテクニカルインターナショナル)が専用チューンを施したスポーツAWDであり、スバルのフラッグシップスポーツモデルでもあります。

ボディ形状はハッチバック[GRB/GRF型]とセダン[GVB型]が用意されています(セダンは遅れて追加)。

大きく張り出したワイドフェンダーやバンパーなど、どちらもワイドな専用ボディを持ち、標準モデルとは明確に違いがあります。後期モデルでは、よりワイド感を強調したフロントフェイスにリファインされています。

内装については、セミバケットシートやレッドルミネセントメーターなど専用装備があるものの基本的には標準車ベースで簡素なイメージです。

wrxsti_grb_07SUBARU WRX Sti[出典:https://www.subaru.jp/]

しかしSTIモデルだけに、その本命は徹底強化された走行性能にあります。それにはマニア垂涎の専用装備や機能が満載されています。

搭載されるエンジンは名機EJ20 4気筒ターボ(308ps/422Nm)で高剛性の6速MTが組み合わされています。そこにトルセンLSD(または機械式LSD)やブレンボ製4ポットブレーキ等の専用装備が奢られます。

そんな専用装備の中でも注目は「DCCD(ドライバーズコントロールデフ)」でしょう。

STIモデルの為だけの電子制御デバイスであり、前後輪のトルク配分を最適に制御しながら強力なパワーを路面に余すことなく伝え、トラクションとコーナリング性能を引き上げます。

そしてWRX Sti初の2ペダル仕様(ATモデル)となる「WRX A Line」も忘れてはなりません。

2ペダルによるイージードライブを可能とたA lineは、WRX Stiのユーザー間口を広げたと言えます。

A Lineにつていは、ATとのマッチングから搭載エンジンが2.5L 4気筒ターボ(300ps/350Nm)になる事や4WD方式がVTD-4WD(DCCD非搭載)となる点、リアビスカスLSDやブレンボブレーキのオプション化など違いがあります。

WRX Stiシリーズは、他にも派生車や限定車が多く存在するのも魅力です。

軽量化とさらなるチューンを施した競技ベース車両を想定した「スペックC」や、STIのコンプリートモデルとなる「R205」「S206」、そして「tS Type RAシリーズ」などマニアックなモデルが目白押しです。

これらモデルはスバリストの心をがっちりと掴んで離そうとはしません。それこそ「Sti」には味わったら離れられない走りの魅力があるのです。

wrxsti_grb_04SUBARU WRX Sti[出典:https://www.subaru.jp/]

グレード概要価格
WRX STI ハッチバック2.0Lターボ 6MT
SI-DRIVE
DCCD(AWD)

3,790,800円
WRX STI セダン3,844,800円
WRX STI A-Line ハッチバック2.5Lターボ 5AT
SI-DRIVE
VTD-4WD(AWD)
3,240,000円
WRX STI A-Line セダン

wrxsti_grb_05SUBARU WRX Sti[出典:https://www.subaru.jp/]

それではスバル インプレッサ WRX Stiの保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 アイサイト搭載なし

 ASV割引適用

 エコカー割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の4つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

現在、スバルには高度な運転支援システム「アイサイト」が存在しますが、この世代のインプレッサ WRX Sti にはアイサイトは非搭載となっています。

従って予防安全機能というものはありません。

通常の安全機能としては、エアバッグやABS、VDC(ビークルダイナミクスコントロール)等が搭載されています。

その他、運転支援機能としては通常のクルーズコントロール(AACではない)がA-Lineにのみ標準装備となっています。

前述の通りインプレッサ WRX Stiには運転支援システム「アイサイト」は搭載されていません。

従って、衝突被害軽減ブレーキ(AEB)いわゆる自動ブレーキ機能も搭載されておりらず、残念ながらASV割引は対象外となります。

ASV割引の適用

割引対象外
※適用対象モデルなし

スバル インプレッサ WRX Stiは純粋なガソリンエンジンモデルであり、ハイブリッドモデルについては設定がありません。

したがって、一部保険会社にて設定のあるエコカー割引は適用対象外となります。

エコカー割引の適用

割引対象外
※適用対象モデルなし

スバル インプレッサ WRX Stiではハッチバックとセダン、そしてA-Lineか否かでそれぞれに型式が異なり、合計4つの型式が存在します。

型式ごとに料率クラスの評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2020年]

SUBARU WRX 型式別料率クラス
グレード型式対人対物傷害車両ASV割
WRX STI ハッチバックGRB
766
9×
WRX STI セダンGVB9689×
WRX STI A-Line ハッチバックGRF7769×
WRX STI A-Line セダンGVF7768×

※ASV割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]
※2020年より料率クラスは17段階評価に変更されています

『ASV割』項目は型式別にASV割引の対象かどうかを表しています。前述の通りインプレッサ WRX Stiには衝突被害軽減ブレーキ(AEB)の搭載はなく、ASV割引は対象外です。

インプレッサ WRX Sti全体としての型式別料率クラス評価としては、標準」に当てはまるかと思います。保険料金的には「影響は小さい」となります。

スバル インプレッサ WRX Sti 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★★☆☆
標準
( 保険料金への影響は小さい )

WRX STI セダン[GVB型]が最も料率クラス評価がよくありません。保険料金にそれなりの差が発生するでしょう。

もちろん、車両金額や契約内容によっても実際の保険料金は変わってきます。

それでは保険料金のシミュレート見積もりをしていきましょう。今回見積もり条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ年齢年齢条件等級免許色
タイプ2020歳全年齢補償8グリーン
タイプ2121歳21歳以上補償9グリーン
タイプ2626歳26歳以上補償14ブルー
タイプ3030歳30歳以上補償18ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

wrxsti_grb_06SUBARU WRX Sti[出典:https://www.subaru.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
スバル インプレッサ
WRX STI セダン 

見積タイプ車両保険なし車両保険あり
タイプ2061,150 円215,130 円
タイプ2138,590 円130,820 円
タイプ2620,740 円52,330 円
タイプ3014,790 円33,260 円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

スバル インプレッサ WRX Stiの保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

条件にあった一番安い自動車保険を見つけるにはどうすれば良いでしょう?

答えは、複数社の見積もり取得と比較・検討です。それがもっとも効果的で最短ルート!

でも一社ごと見積もりなんて、それこそ時間もかかるし気力・体力も削られて正直割に合いません。ですのでわたしは、こちらの一括見積もりサービスをお勧めしています。

初めて利用した方の実に63%が2万円以上! そして42%の方が3万円以上も!!保険料が安くなっています。

実際、わたしも更新のたび使用していますが実効性アリですよ!

是非試してみて下さい。

\ 無料の一括見積はこちら /
一括見積できる保険会社
aig最大20社

wrxsti_grb_08SUBARU WRX Sti[出典:https://www.sti.jp/]

インプレッサ WRX StiはWRC参戦もありスパルタンスポーツのイメージが強くあります。

しかしながらこの3代目WRX Stiでは、プレミアム感が増しA-Lineの登場等もあってフラッグシップスポーツに相応しい大人な雰囲気も醸しています。

それは乗り味や挙動にも表現されており、先代GDB型よりも洗練されたスマートな印象を受けます。

当時WRCで勝つために伝統を打ち壊し採用した「ハッチバックボディ」も個人的には好きです。そしてどのモデルも紛れもなくWRX Stiであり走り好きにとって魅力的な車であることは間違いありません。

それでは、スバル インプレッサ WRX Stiの保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 インプレッサ WRX Stiには運転支援システム「アイサイト」は非搭載。

 衝突被害軽減ブレーキ(AEB)も搭載されずASV割引は対象外。

 インプレッサ WRX Sti全体としての型式別料率クラス評価は「標準」、保険料的には良くも悪くも「影響は小さい」。

 型式別料率クラス評価ではSTI A-Lineセダンが最も良く、STIセダンがもっとも悪い。

自動車保険は複数社での見積もり比較がもっとも有効で安くできる方法です。

ただやってみると分かりますが、いろいろな条件で複数社の見積もりを取得するのは正直とても大変でした。

そこで今ではこちらのサービスを利用するようにしています。簡易な入力はありますが、これまでの手間が嘘のように複数社の見積もりが一度で手軽に取得できます。

平均して3万円の節約実績もあり、実際わたしも安くすることができました!

ちろん無料ですし非常に効果的なのでおすすめです。

\ いますぐ安い保険を見つける /
一括見積できる保険会社
aig最大20社
タイトルとURLをコピーしました