スバル WRX Sti / S4[VA型]自動車保険料の相場と目安を探る!SUBARUフラッグシップAWDスポーツを複数条件で見積取得!

sti_va_photo1

スバルのフラッグシップスポーツとして誰もが知るスパルタンなスポーツカー「WRX」。

水平対向4気筒ターボエンジンにAWD、そしてマニュアルトランスミッションというGC8型からのWRCの血統は脈々とこのVB型「WRX Sti」へも受け継がれています。

またもう一台のWRXである「WRX S4」はStiモデルほどのスパルタンさはないものの、よりフォーマルな大人のスポーツカーと呼べるものです。

プラットフォームを同じにするレヴォーグ[VM型]と共通するデザインをもち、重厚感と高級感のあるエクステリアデザインはレヴォーグセダンとも呼べるものです。D型へのマイナーチェンジで、そのフロントマスクはよりスポーツモデルらしいアグレッシブなデザインへと進化しています。

今回はそんなSUBARU WRX[VA型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金の相場と目安を探ってみたいと思います。

SUBARU WRX[画像出典:https://www.subaru.jp/]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

スバル インプレッサの中にあってWRCへも参戦していたスポーツグレードWRX。それがインプレッサブランドより別離し1つの車種として独立したのが現在のWRXです。

WRXには2つのグレードが設定されており、「WRXSti」はマニュアルミッションのみのスパルタンなレーシングスポーツとも呼べるグレードです。

代わって「WRXS4」は先代GR/GV型にあったAラインの流れを組むスポーツセダン。CVTによる2ペダル仕様で、イージードライブも可能な上質なアダルトスポーツとでも言うべきグレードになります。

その性格は異なるものの、どちらもスバルのフラッグシップスポーツたる走行性能を誇っており、特にこのVA型では走行性能はもとよりインテリア、エクステリア、そして走りの質感についても大きく向上しています。

「Sti」には、幾度の改良により308psを絞り出す伝統のターボエンジンEJ20に6速MTとDCCD(ドライバーズコントロールデフ)を搭載。そのビッグパワーをAWDで駆動させ、ブレーキにはブレンボキャリパーを標準搭載とするなど往年のスペシャルアイテムが盛りだくさん。マニア垂涎の仕様となっています。ただしアイサイトについては非搭載となっている点が惜しいところです。

「S4」には、次世代の直噴ターボエンジン、300psを発生するFA20を搭載。低速トルクが大きくスポーツリニアトロニックCVTとの相性の良い組み合わせとなっています。Stiとは異なりアイサイトが標準搭載され、現行型ではより進化したツーリングアシスト機能も内包しています。

今となっては貴重な国産AWDプレミアムスポーツとして、その卓越されたスバル拘りのスポーツ性と官能性はスバリストならずとも憧れの視線を向けずにはいられません。

WRX STIについては、2019年12月23日をもってEJ20搭載の国内向け現行型の受注を終了。

EJ20バランスドエンジンを搭載したモデル終了特別仕様車「EJ20 Final Edition」は、限定抽選販売の555台を即完売し有終の美を飾りました。

subaru_wrxsti_va_dSUBARU WRX[出典:https://www.goo-net.com/]

グレード概要価格
WRX S4 2.0GT EyeSight2.0L CVT フルタイム4WD EyeSight
3,432,000円
WRX S4 2.0GT-S EyeSight3,806,000円
WRX S4 STI Sport EyeSight 4,169,000円
WRX STI 2.02.0L 6MT フルタイム4WD DCCD3,938,000円
WRX STI Type S4,136,000円

それではスバル WRXの保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 S4はアイサイト搭載

 S4へのASV割引適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の3つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

現在WRX Stiにはアイサイトは非搭載となっていますが、「WRX S4」には全車にスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」が搭載され、しかもより進化した「ツーリングアシスト」機能が標準となっています。

アイサイトにより、高性能なプリクラッシュブレーキ(歩行者・自転車に対応)をS4全グレードで標準装備しています。

また、高速道路での長距離運転をサポートする、全車速追従機能付クルーズコントロール(アダプティブクルーズコントロール)、車線逸脱抑制(レーンキープアシスト)も搭載。

eyesight1

追突事故減少アイサイト追突事故減少[出典:https://www.subaru.jp/]

アイサイトの様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、型式別料率クラスへ高評価として反映されます。料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

前述のアイサイトには、衝突被害軽減ブレーキ(AEB)いわゆる自動ブレーキ機能も搭載されており、各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

ただし、ASV割引適用終了はその型式の自動車が発売された年度に「3年」を加算した年度の12月末日になる為、WRX S4の場合にはAEBを搭載はしているものの、適用期間はすでに終了しており残念ながらASV割引は対象外となります。

※StiについてはAEBを搭載していないのでそもそも対象外

しかしながら、S4に限って言えばAEBを含めたアイサイトの事故予防効果は型式別料率クラスに十分反映されており、ASV割引適用がないからと言って必ずしも保険料金に不利という事でもありません。

ASV割引の適用

割引対象外
※型式の割引適用期間が終了済み

スバル WRX[VA型]では「Sti」と「S4」でそれぞれに型式が異なり、2つの型式が存在します。

型式ごとに料率クラスの評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2020年]

SUBARU WRX 型式別料率クラス
グレード型式対人対物傷害車両ASV割
WRX S4 2.0GT EyeSightVAG
346
8×
WRX S4 2.0GT-S EyeSight
WRX STIVAB11779×
WRX STI Type S

※ASV割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ] ※2020年より料率クラスは17段階評価に変更されています

『ASV割』項目は型式別にASV割引の対象かどうかを表しています。前述の通りWRXに関してはS4のみAEBが全車搭載されていますが、適用期間を経過しているのでASV割引は対象外です。

S4とStiでは型式別料率クラスの評価がそこそこ違うのですが、WRX全体としての型式別料率クラス評価としては、「良い」に当てはまるかと思います。保険料金的には「割安」となります。

スバル WRX 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★★★☆
良い
( 保険料金は割安 )

対人・対物項目クラスについては、「S4」が優秀です、特に対人項目クラスについては大きく差がある事がわかります。車両保険をセットするしないに関わらずS4とStiでは保険料金にそれなりの差が発生するでしょう。

もちろん、車両金額や契約内容によっても実際の保険料金は変わってきます。

今回保険料金をシミュレートするにあたり、条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ年齢年齢条件等級免許色
タイプ2020歳全年齢補償8グリーン
タイプ2121歳21歳以上補償9グリーン
タイプ2626歳26歳以上補償14ブルー
タイプ3030歳30歳以上補償18ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

sti_va_photo2SUBARU WRX[出典:https://www.subaru.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
スバル WRX
STI Type S

見積タイプ車両保険なし車両保険あり
タイプ2066,670 円244,490 円
タイプ2142,450 円155,800 円
タイプ2619,490 円56,360 円
タイプ3016,040 円37,600 円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

スバル WRXの保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

また、自動車保険は費用面だけでなく、補償内容やサービスの充実度、事故対応力などとの兼ね合いも含め、ご自身の考えに沿った保険会社を選ばれるのが一番です。そのためには複数の保険会社をさまざまな角度から比較、検討する事をお勧めします。

当サイトでは、そういった比較・検討をするために自動車保険の一括見積をお勧めしています。

自動車保険を選ぶにあたって、どういった部分を重視しているかを選択できますし、必要であれば保険契約についてアドバイスを求めることも可能です。

お金の掛からない無料のサービスというところもポイントになります。見積りを取得したから契約しなければならないという事もありませんので、是非気軽に試してみて下さい

↓↓無料の一括見積はこちら↓↓

 

sti_va_photo03SUBARU WRX[出典:https://www.subaru.jp/]

スバルのフラッグシッププレミアムスポーツであるWRX。StiはWRCの血統を受け継いだ硬派なスポーツカー、S4は運転支援システムアイサイトを搭載し万人が楽しめるアダルトスポーツと仕上がっています。

特にS4の登場によりWRXの間口は大きく広がったと言えるでしょう。一方、世間では環境性能などの要求も高まり、スポーツモデルにとっては厳しい面もあります。そんな中でも、スバルのアイデンティティたるAWD+スポーツを牽引するモデルとしてWRXには今後も進化を続けながら存在し続けてほしいと切に願います。

潮流として車の電子化・IT化が進む中で、クラシカルに運転の楽しさ、走る楽しさをダイレクトに味合わせてくれる。スバル WRXの魅力は人の感性を刺激するそんなところなのかも知れません。

それでは、スバル WRXの保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 S4には進化したアイサイトツーリングアシストが全車標準装備。事故率低下により自動車保険料にも有利。

 Stiにはアイサイトの搭載もなく、今となっては保険料金に不利と言える。

 StiにはAEB搭載なくASV割引対象外。S4では全車AEB搭載されてはいるがASV割引適用期間外。

 S4とStiでは異なる型式となっている。WRX全体としての型式別料率クラス評価は「良い」、保険料的には「割安」。

 型式の違いによるトータルでの保険料金への影響度合いにはそれなりに差がある。

保険料金を安くするには契約内容の見直しと複数社での見積もり比較が一番です。

ただ、その複数社の見積もり取得がとても手間が掛かって大変でした。そこで今はこちらのサービスを利用するようにしています。これまでの手間が嘘のように、簡単に一括で見積もり取得ができます。

平均3万円の節約実績もあり、一度に最大20社の見積もりが取得できて必要な入力も簡単に終わります。

実際わたしも安くすることができました。もちろん無料ですし、非常に効果的なのでお勧めです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社
タイトルとURLをコピーしました