マツダ CX-30[DM型]自動車保険料を見積り相場と目安。MAZDA魂動デザインにSKYACTIV-X搭載の本命コンパクトSUV。

cx30_dmxp_01

マツダ「CX-30」は、同社のMAZDA3をベースとするコンパクトクロスオーバーSUV。

美しい外装のデザインや内装の高いクオリティはCX-30より継承しながら、SUVとして力強さとプレミアム性を併せ持っています。

また、CX-30はMAZDA3をベースとしながらも全長を短くまとめ、取り回しのし易いコンパクトなジャストサイズSUVとしての立ち位置を狙っています。

今回はそんなマツダ CX-30[DM型]について、年齢別・条件別に自動車保険の料金相場と目安、傾向を調査してみようと思います。

MAZDA CX-30[画像出典:https://www.mazda.co.jp/]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

cx30_dmxp_04MAZDA CX-30[出典:https://www.mazda.co.jp/]

マツダ CX-30はベースのMAZDA3同様にグローバル展開を前提としたコンパクトSUVです。

マツダは今後プレミアムブランドを目指しており、このCX-30は売れ筋コンパクトSUVの本命として戦略的にも重要な責務を担っています。

エクステリアはSUVらしくブラックモールの面積も大きくとられ車高の高さも相まって力強さを前面に主張する。

深化した「魂動」デザインは健在であり、流麗な曲面に滑らかに写り込む陰影はまさに美しい。それは時間と共に変わりゆく世界の明暗に呼応して様々な表情を映しだす。

特にマツダを象徴する色彩「ソウルレッドクリスタルメタリック」の車体は、なんとも艶やかに輝き濡れる。

車体はコンパクトに設計され、MAZDA3よりも全長で65mm、ホイールベースでは70mmも短い。

しかしながら、取り回しの良さを考慮し全長・ホイールベースを詰めながらも、頭上空間やシート形状などの工夫で後席の居住性も十分に確保されている。

cx30_dmxp_06MAZDA CX-30[出典:https://www.mazda.co.jp/]

室内には素材や仕立て、手が触れた感触にまでこだわった高品質なインテリアも共通で採用されており、満足度の高い居住空間はとても魅力的である。

車としての基本性能も高く、その乗り味や静粛性はコンパクトクラスとして相当にレベルが高いものを備えている。

搭載されるエンジンは、大きくSKYACTIV-G(ガソリンエンジン)とSKYACTIV-D(クリーンディーゼルエンジン)、そして新開発のSKYACTIV-X(ガソリンエンジン)に分かれている。

SKYACTIV-Gでは1.5Lと2.0L、SKYACTIV-Dは1.8Lの3タイプのエンジンが用意され、「火花点火制御圧縮着火(SPCCI)」を採用した、マツダの新世代エンジン「SKYACTIV-X」は遅れて2020年1月に発売となりました。

cx30_dmxp_09MAZDA CX-30[出典:https://www.mazda.co.jp/]

また、全グレードで2WDと4WDの駆動方式を選択する事ができ、ミッションは6ATとSKYACTIV-Dグレード以外には6MTの設定もある。この時代にMTが選択できる車は非常に貴重であり注目に値する点でもあります。

その他、人間を中心に最適化されたドライビングポジションやレイアウト、骨盤を支持する新シートの採用。そしてG-ベクタリング コントロールやi-ACTIV AWDなどの車両運動制御技術も搭載されています。

これらは運転時の疲労軽減やミスの抑止につながり、安定した安全なドライビングをサポートしてくれます。

安全面においては、スマート・ブレーキ・サポート(SBS)を含むマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」が全車標準装備されており、様々な支援機能によりドライバーの大幅な運転疲労軽減も期待できます。

CX-30は、心に訴えかける魂動スタイリングや数々の技術に支えられた基本性能の高さ等、非常に魅力的なSUVに仕上がっている感じます。

cx30_dmxp_05MAZDA CX-30[出典:https://www.mazda.co.jp/]

FASTBACK
グレード概要価格
20S
ガソリン2.0L
i-ACTIVSENSE
2WD6MT2,181,000円
6AT
4WD6MT2,629,000円
6AT
20S PROACTIVE2WD6MT2,612,500円
6AT
4WD6MT2,849,000円
6AT
20S PROACTIVE Touring Selectione
2WD 6MT2,733,500円
6AT
4WD6MT2,970,000円
6AT
20S L Package
2WD6MT2,794,000円
6AT
4WD6MT3,030,500円
6AT
XD PROACTIVE
クリーンディーゼルターボ1.8L
i-ACTIVSENSE
2WD6AT2,887,500円
4WD3,124,000円
XD PROACTIVE Touring Selectione
2WD3,008,500円
4WD3,245,000円
XD L Package
2WD3,069,000円
4WD3,305,500円
X PROACTIVE
ガソリン2.0L(SPCCI)
i-ACTIVSENSE

2WD6MT3,294,500円
6AT
4WD6MT3,531,000円
6AT
X PROACTIVE Touring Selectione2WD6MT3,415,500円
6AT
4WD6MT3,652,000円
6AT
X L Package
2WD6MT3,477,100円
6AT
4WD6MT3,713,600円
6AT
関連記事:

cx30_dmxp_03MAZDA CX-30[出典:https://www.mazda.co.jp/]

それではマツダ MAZDA CX-30の保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 i-ACTIVSENSE搭載

 ASV割引の適用

 エコカー割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の3つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

CX-30 にはマツダの安全思想 “ MAZDA PROACTIVE SAFETY ” の一環として、ミリ波レーダーやカメラなどの検知デバイスを用いた先進安全技術群「i-ACTIVSENSE」が全グレードに標準装備されています。

自転車検知機能付[歩行者(昼間/夜間)、自転車(昼間)]のスマート・ブレーキ・サポート(SBS)やマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)などは全車に標準搭載。

注目すべきはMT仕様車についても標準でレーダークルーズ機能がサポートされる点です。全車速追従対応ではないものの、レーンキープアシストやブレーキ制御機能を有しています。

その他グレードによって有効な機能や性能に差はあるものの、様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、型式別料率クラスへ高評価として反映されます。

料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

i-Activesense_demioi-Activesense[出典:https://www.mazda.co.jp/]

また、この安全技術「i-ACTIVSENSE」により、CX-30は「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」にも該当しています。

前述の「i-ACTIVSENSE」によって、アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)が全グレードに装備されています。

これはマツダで言うところの衝突被害軽減ブレーキ(AEB)、いわゆる自動ブレーキ機能です。これによって各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

ASV割引適用終了はその型式の自動車が発売された年度に「3年」を加算した年度の12月末日なので、CX-30の場合には保険開始日が2022年12月迄であれば割引が受けられます。

ASV割引の適用

割引あり
2022年12月末まで
( 保険始期日 )

また、いずれ割引適用からは外れますがAEBを含めたi-ACTIVSENSEの事故予防効果は型式別料率クラスに十分反映されており、ASV割引適用が終了したからと言って必ずしも保険料金に不利という事でもありません。

SKYACTIV-X搭載モデル(マイルドハイブリッドモデル)については、一部保険会社にてエコカー割引が適用になります。

エコカー割引を受ける保険会社によっても変わってきますが「新車購入の場合で多くは2年程、最長で4年間」割引きを受ける事ができます。

割引率は3%~5%、または一律1000円引き程度となっている事が多いです。

エコカー割引の適用

割引あり
※SKYACTIV-X搭載モデル
( 割引適用条件は保険会社により異なる )

マツダ CX-30では、搭載エンジンによって3つの型式が存在します。

型式ごとに料率クラスの評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2020年]

MAZDA CX-30 型式別料率クラス
モデル型式対人対物傷害車両ASV割
20S系DMEP77710
XD系DM8P77710
X系DMFP77711

※ASV割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]
※2020年より料率クラスは17段階評価に変更されています

『ASV割』項目は型式別にASV割引の対象かどうかを表しています。MAZDA CX-30に関しては衝突被害軽減ブレーキ(AEB)が全車搭載されていますので、前述の適用期間内であればASV割引が適用されます。

CX-30全体としての型式別料率クラス評価としては、「標準」に当てはまるかと思います。保険料金的には「影響は小さい」となります。

マツダ CX-30 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★★☆☆
標準
( 保険料金への影響は小さい )

もちろん、車両金額も異なりますし契約内容にもよっても実際の保険料金は変わってきます。

今回保険料金をシミュレートするにあたり、条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ年齢年齢条件等級免許色
タイプ2020歳全年齢補償8グリーン
タイプ2121歳21歳以上補償9グリーン
タイプ2626歳26歳以上補償14ブルー
タイプ3030歳30歳以上補償18ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

cx30_dmxp_02MAZDA CX-30[出典:https://www.mazda.co.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
MAZDA CX-30
XD L Package 2WD

見積タイプ車両保険なし車両保険あり
タイプ2054,510 円216,110 円
タイプ2135,270 円138,180 円
タイプ2617,740 円50,270 円
タイプ3013,640 円34,060 円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

マツダ CX-30の保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

また、自動車保険は費用面だけでなく、補償内容やサービスの充実度、事故対応力などとの兼ね合いも含め、ご自身の考えに沿った保険会社を選ばれるのが一番です。そのためには複数の保険会社をさまざまな角度から比較、検討する事をお勧めします。

当サイトでは、そういった比較・検討をするために自動車保険の一括見積をお勧めしています。

自動車保険を選ぶにあたって、どういった部分を重視しているかを選択できますし、必要であれば保険契約についてアドバイスを求めることも可能です。

お金の掛からない無料のサービスというところもポイントになります。見積りを取得したから契約しなければならないという事もありませんので、是非気軽に試してみて下さい

↓↓無料の一括見積はこちら↓↓

 

cx30_dmxp_08MAZDA CX-30[出典:https://www.mazda.co.jp/]

サイズ的にはCX-3とCX-5の隙間をを埋める形となるCX-30。

これによりマツダはSUVにおいて盤石の布陣を整えたことになります。

そのデザイン性のみならず、新世代エンジン「SKYACTIV-X」やG-ベクタリング コントロール等の高度な技術、そして人間を中心とした設計思想などプレミアムブランドメーカーとして着実に歩みを進めている感があります。

それでは、MAZDA CX-30の保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 CX-30では全車に先進安全技術群「i-ACTIVSENSE」を標準装備。事故率低下により自動車保険料にも有利。

 衝突被害軽減ブレーキ(AEB)も全車装備されておりASV割引(一律9%OFF)の対象となる。

 型式は車種に対して3つ。CX-30全体としての型式別料率クラス評価は「標準」、保険料的には良くも悪くも「影響は小さい」。

 X系(SKYACTIV-X搭載車)は遅れて発売予定。

保険料金を安くするには契約内容の見直しと複数社での見積もり比較が一番です。

ただ、その複数社の見積もり取得がとても手間が掛かって大変でした。そこで今はこちらのサービスを利用するようにしています。これまでの手間が嘘のように、簡単に一括で見積もり取得ができます。

平均3万円の節約実績もあり、一度に最大20社の見積もりが取得できて必要な入力も簡単に終わります。

実際わたしも安くすることができました。もちろん無料ですし、非常に効果的なのでお勧めです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社
タイトルとURLをコピーしました