スバル BRZ[ZC6型]水平対向FRスポーツ。自動車保険料を見積り、相場と目安。

2019/09/03

brz_photo_1

スバルの「BRZ」といえば水平対向エンジンに後輪駆動という稀有なパッケージングをもつFRスポーツカーです。

トヨタ自動車との共同開発によって実現されたコンパクトスポーツであり、「水平対向エンジン+FRレイアウト」は世界で唯一の希少な構成です。

兄弟車の関係であり同一のパッケージングをもつ「トヨタ 86」とは、足回りのセッティングとそれによる走りの味付けが異なっておりそれぞれの個性となっています。

スバルのピュアスポーツWRXとは、また一線を画する世界観のスポーツカーでもあります。

今回はそんなSUBARU BRZ[ZC6型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金の相場と目安を探ってみたいと思います。

SUBARU BRZ[画像出典:https://www.subaru.jp/]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

スバルとトヨタの資本提携が始まった時期に、両者の提携プロジェクトとして共同開発されたのがこのBRZです。

低重心で軽量なボクサーエンジンにFRレイアウトを組み合わせ、誰もが楽しめるスポーツカーを念頭に開発されています。

トヨタ 86とは兄弟車となり、基本的には同じ車となりますがフロントフェイスのデザインや走りの味付け等、その他にも微妙な違いがあります。

搭載されるエンジンはノンターボでリッター100馬力以上を絞りだす、2.0L 直噴水平対向四気筒エンジンFA20型( 207ps/21.6kgf・m [MT] | 200ps/20.9kgf・m [AT] )。これには筒内直接噴射とポート噴射をエンジン回転数に応じて使い分ける燃料噴射システム「D-4S」といわれる、トヨタの技術が盛り込まれています。

ミッションは6MTと6ATを選択可能で、MTのみに縛らず幅広いユーザを対象としてスポーツカーへの間口を広げています。

その他、ドライビングデバイスとしてはトルク感応型のトルセンLSDを全車標準装備としスポーツ走行に対応。また、上級グレードにはbrembo製4輪ベンチレーテッドディスクブレーキを装備し、ストッピングパワーとコントロール性を両立しています。

VDC(ビークルダイナミクスコントロール)も搭載し、普段の運転では不安定な挙動を抑え安全走行をサポートします(OFF機能あり)。

ただし、スバル自慢の運転支援システムアイサイト(またはToyota Safety Sense)は非搭載となっています。大きく事故の低減効果のある運転支援システムがないのはスポーツカーといえど非常に残念な部分です。

水平対向エンジンのライトウェイトFRスポーツというパッケージングと手の届く価格帯、そして運転の楽しさを感性に訴えかける等身大のスポーツ感。

BRZは絶対的な速さよりもスポーツドライビングそのものを楽しめる車であり、かつ国産スポーツカーを代表する1台である事は間違いありません。

brz_zc6_01SUBARU BRZ[出典:https://www.goo-net.com/]

グレード 概要
価格
R  2.0L 2WD(FR) MT 2,710,800円
AT 2,770,200円
S MT 3,002,400円
AT 3,061,800円
GT  MT 3,348,000円
AT 3,407,400円
STI Sport  MT 3,564,000円
AT 3,623,400円
R Customize Package MT 2,462,400円
RA Racing
MT 3,139,560円

それではスバル BRZの保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 運転支援システム非搭載

 ASV割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の3つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

スバルには評価の高い運転支援システム「アイサイト」があります、またトヨタにも同様に予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」がありますが、BRZにはそのどちらのシステムも搭載されていません。

アイサイト追突事故減少[出典:https://www.subaru.jp/]追突事故減少

素晴らしいシステムを持ちながらBRZへは導入が見送られており、安全運転支援システムの恩恵を受けることができません。

この様にシステムでの支援がなく本格スポーツモデルであることから、今後、事故率が高くなり料率クラスの評価も悪くなる可能性があります。料率クラス評価の悪化は保険料金増加へ直結します。

前述のアイサイトやSafety Senseには、衝突被害軽減ブレーキ(AEB)いわゆる自動ブレーキ機能も搭載されており、各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

しかし残念ながらBRZにはこのどちらも導入されておらず、AEB機能も持たないため、残念ながらASV割引は対象外となります。

ASV割引の適用

適用対象外

スバル BRZ については型式は1つのみになります(1車種1型式)。
型式によって型式別料率クラスが評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2019年]

SUBARU BRZ 型式別料率クラス
車種 型式 対人 対物 障害 車両 AEB割
BRZ  ZC6
4 4 4
6 ×

※AEB割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]

『AEB割』項目は衝突被害軽減ブレーキ(AEB)搭載によるASV割引の対象かどうかを表しています。前述の通りBRZに関してはその機能はなく、ASV割引は対象外です。

BRZの型式別料率クラスの評価としては、「標準」に当てはまるかと思います。保険料金的には「可もなく不可もなし」といった感じではないでしょうか。

スバル BRZ 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★★☆☆

標準

ただ車両項目クラスについては、『6』と他に比べて2ポイント悪い評価です。車両保険をセットした場合、保険料金はそれなりに高くなる傾向にあるとは思います。

もちろん、車両金額も異なりますし契約内容にもよっても実際の保険料金は変わってきます。

今回保険料金をシミュレートするにあたり、条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ 年齢 年齢条件 等級 免許色
タイプ20 20歳 全年齢補償 8 グリーン
タイプ21 21歳 21歳以上補償 9 グリーン
タイプ26 26歳 26歳以上補償 11 ブルー
タイプ30 30歳 30歳以上補償 17 ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 家族限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

brz_photo_3SUBARU BRZ[出典:https://www.subaru.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
スバル BRZ STI Type S
見積タイプ 車両保険なし 車両保険あり
タイプ20 59,990 円 265,160 円
タイプ21 39,420 円 170,580 円
タイプ26 20,630 円 65,390 円
タイプ30 14,990 円 40,590 円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

スバル BRZの保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

また、自動車保険は費用面だけでなく、補償内容やサービスの充実度、事故対応力などとの兼ね合いも含め、ご自身の考えに沿った保険会社を選ばれるのが一番です。そのためには複数の保険会社をさまざまな角度から比較、検討する事をお勧めします。

当サイトでは、そういった比較・検討をするために自動車保険の一括見積をお勧めしています。

自動車保険を選ぶにあたって、どういった部分を重視しているかを選択できますし、必要であれば保険契約についてアドバイスを求めることも可能です。

お金の掛からない無料のサービスというところもポイントになります。きっと今よりもピッタリの保険を見つけられると思いますので是非試してみて下さい。

↓↓無料の一括見積はこちら↓↓

 

BRZZC6の保険料見積り1

スバルのライトウエイトFRスポーツであるBRZ。安価でスタイリッシュ、そしてスポーツドライビングを五感でダイレクトに感じ楽しめる。

スバルとトヨタという2つのメーカーのスポーツDNAを受け継ぐメーカーハイブリッドな車です。

昨今ではFRスポーツモデルは希少であり、この様なドリームタッグFRスポーツが存在する事は非常に喜ばしい限りです。

それでは、スバル BRZの保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 BRZにはアイサイトやのSafety Senseの搭載もなく、今となっては保険料金に不利と言える。

 BRZにはAEBも搭載されずASV割引は対象外。

 型式は車種に対して1つのみ。BRZの型式別料率クラスの評価は「標準」の範囲内。

 車両項目クラスの評価がやや悪く、車両保険をセットした場合の保険料金には少々不利。

保険料金を安くするには契約内容を見直しと複数社での見積もり比較が一番です。

ただ、その複数社の見積もり取得がとても手間が掛かって大変でした。そこで今はこちらのサービスを利用するようにしています。これまでの手間が嘘のように、簡単に一括で見積もり取得ができます。

平均3万円の節約実績もあり、一度に最大20社の見積もりが取得できて必要な入力も簡単に終わります。

実際わたしも安くすることができました。もちろん無料ですし、非常に効果的なのでお勧めです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社

-保険料金の車種別相場