保険契約者と車両所有者そして記名被保険者の違いとは?

2017/07/23

自動車保険名義人の違い1

自動車保険の契約でよく出てくる登場人物に「記名被保険者」があります。これと並んで「保険契約者」と「車両所有者」といった人物もよく登場します。なんとなく分かっている様でぼんやりな、これらの登場人物。いわゆる3大名義人の違いについて少し調べてみたいと思います。

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

自動車保険では必ず契約車両の記名被保険者を決めて保険会社へ申告します。この「記名被保険者」とは一体なんなのでしょうか?あらためて確認してみましょう。

よく言われるのは、「自動車保険の契約をする車を主に運転する人」という説明ですね。
こう書いてしまうと非常にアッサリした印象でふ~んと納得してしまいますが、この言葉の意味は実は非常に重いものです。

この記名被保険者となった方は保険証券に記載される事になります、それは車の使用環境に変化があった場合等の保険会社への告知義務や通知義務も伴うことにもなるのです。また、記名被保険者の運転免許証のカラー(グリーン、ブルー、ゴールド)や年齢、住所、これまでの事故歴は保険料金を決定する重要な要素の一つとしても扱われます。

特に事故歴がひどい場合にはブラックリストに載り、そもそも自動車保険の契約をして貰えなくなります。

つまり、「自動車保険の契約において最も重要な人物。それが記名被保険者である」と言えるでしょう。

次に「保険契約者」について見てみましょう。保険契約者とは読んで字のごとく、その自動車保険について保険会社と契約し保険料金の支払いを行う人になります。
また、記名被保険者と同様に保険会社への告知義務や通知義務があり、契約の変更・解約などを行う権利を持っています。

そして、保険契約者と記名被保険者は同一人物である必要は全くありません。

例えば、車を運転する子供が未成年の為、保険会社と契約を結ぶことができない場合などに、代わりに親が契約者として保険契約を行い、子供を記名被保険者とするといった事が可能です。
同様に、契約者は旦那さんとして、記名被保険者はその奥さんといった事でも問題ありません。

前述した様に、自動車保険で中心となるのは記名被保険者となります。
もちろん契約に対しての義務と権利を持つ点でいえば重要なのですが、保険料金算出という観点において見れば保険契約者はそれほど重要ではありません。

後々、保険契約者を変更する場合でも同居の親族間であれば問題なく変更できます。
これが記名被保険者の変更となると色々と制限や、等級の引継ぎ問題があったりします。

自動車保険3名義人1

それでは最後の登場人物「車両所有者」についても見てみましょう。
車両所有者とは車検証の所有者欄に記載されている、その車両を所有している人(もしくは法人)となります。ローンやリース契約をしている場合には、その車両所有者は個人名ではなく法人名義となっている事が多いです。

保険会社によっては所有者が法人名義の場合には保険契約を受け付けてもらえない場合があるので注意が必要です。また、たとえ個人名義であっても、保険契約者本人かその配偶者または親族の名義でないと契約できない場合もあります。
この辺りは契約している、または契約予定の各保険会社に確認しておいた方が良いでしょう。

そして、保険契約で車両保険を付けていた場合、車両保険金の受取先はこの車両所有者となります。保険契約者でも記名被保険者でもないところが一つのポイントになります。

車両所有者についても保険契約者と同様に、記名被保険者と同一である必要性はありません。
従って、保険契約者、記名被保険者、車両所有者がそれぞれ別々という事も十分あり得ます。

車両所有者は場合によっては保険契約の条件となったり、車両保険の保険金受取先という面もありますが、記名被保険者に比べるとやはりそれほどの重要性はありません。

自動車保険名義人の違い2

今回、自動車保険契約における3大名義人となる「保険契約者」と「記名被保険者」、そして「車両所有者」について、それぞれの役割とその違いについて見てきました。

もちろん各々に契約における権利とその重要性はあるのですが、その中でも最も重要となる自動車保険の中心人物は「記名被保険者」である、ということがお分かり頂けたかとかと思います。

特に保険料金算出においては、記名被保険者はそこに直接関わる存在であり、感覚としては他の2つよりも1段上の立ち位置にあると理解しておいて問題はないでしょう。

それでは、保険契約者・記名被保険者・車両所有者のそれぞれの違いを簡単に言えば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 保険契約者は保険料を支払い、契約についての義務と権利を持つ。

 記名被保険者とは主に契約車を使用している保険料に直接関わる保険の中心人物。

 車両所有者は契約車の所有者であり車両保険金の受取人。

 契約上、3大名義人は同一である必要はなく全員異なっていても問題ない。

保険料金を安くするには契約内容を見直しと複数社での見積もり比較が一番です。

ただ、その複数社の見積もり取得がとても手間が掛かって大変でした。そこで今はこちらのサービスを利用するようにしています。これまでの手間が嘘のように、簡単に一括で見積もり取得ができます。

平均3万円の節約実績もあり、一度に最大20社の見積もりが取得できて必要な入力も簡単に終わります。

実際わたしも安くすることができました。もちろん無料ですし、非常に効果的なのでお勧めです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社

-自動車保険の節約Q&A, 自動車保険を節約したい