自動車保険で申告している年間走行距離をオーバー・超過したらどうなるの?

mileageover01

自動車保険の会社によっては、契約車両の年間走行距離の短い人は保険料が安くなる割引システムがあります。

これは保険会社によって、契約時に予想年間走行距離見込み、または昨年の年間走行距離実績を申告することで年間の走行距離が短い人は、より保険料が割引になるというものです。

当然、距離を短く申告しておくと保険料は安くなりますので、なるべく短い距離で申告したいところです。

でも、短い走行距離で申告していたら、その距離をいつのまにかオーバーしちゃっていたらどうなるのでしょうか?

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

自動車保険を契約するとき、年間の走行距離を申告する事になります。

その際には、年間走行距離:~3000kmまで、~5000kmまで、~10000kmまで、といった具合に、いくつか用意された距離区分を選択するようになっています。

申告する距離は短い方が保険料金も安くなりますので、思わず短めに申告しちゃうことあると思います。

しかし、安いからといって自身の使用状況に合わない様な短い距離区分で申告してしまうと

  • 「もうすぐ契約の距離区分を越えてしまいそう」
  • 「気がついたら契約距離を越えてしまっていた」

といった様に、あとあと問題になることがあります。

保険契約時から生活環境の変化などから車の使用状況などが変わることはよくあります。

そういったことが原因で契約時に申告した年間走行距離を超えてしまった場合、どうなるのでしょうか?

補償について

事故時に距離区分の超過が発覚した場合も追加費用の支払いで補償自体は受けられる様です。

ただ、これも各保険会社によって扱いは違いがありますので、契約している保険会社に確認することをお薦めします。

保険契約と費用について

一般的には、契約距離区分の変更と、区分変更による追加費用の支払いが必要になります。

ちなみに追加費用は距離オーバー後の追加支払いの方が、オーバー前に更新した場合と比べて高額になる傾向がある様です。

ただしこれにも例外はあって、例えばソニー損保では条件付き(「くりこし割」や「こえても安心サービス」)ではあるものの、追加費用が発生せず、もし契約中に事故を起こしても問題なく補償対象になったりします。

年間走行距離を短く設定しすぎて、実際の走行距離が申告よりもオーバーしてしまう。

これは結構よくある場面かも知れません。

その様なことになっても、事前にどのような扱いになるか知っておけば焦らずに済みます。

基本的には「お金(保険費用)の追加支払いで何とかなる」と理解しておけば良いでしょう。

いろいろ書きましたが 簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 年間走行距離オーバー後の事故でも、追加費用の支払いで補償自体は受けられる。

 一般的には、契約距離区分の変更と、区分変更による追加費用の支払いが必要。

 基本的には「お金(保険費用)の追加支払いで何とかなる」が、事故などでトラブルになる前に早めに対応しておこう。

自動車保険は複数社での見積もり比較がもっとも有効で安くできる方法です。

ただやってみると分かりますが、いろいろな条件で複数社の見積もりを取得するのは正直とても大変でした。

そこで今ではこちらのサービスを利用するようにしています。簡易な入力はありますが、これまでの手間が嘘のように複数社の見積もりが一度で手軽に取得できます。

平均して3万円の節約実績もあり、実際わたしも安くすることができました!

ちろん無料ですし非常に効果的なのでおすすめです。

\ いますぐ安い保険を見つける /
一括見積できる保険会社
aig最大20社
タイトルとURLをコピーしました