自動車保険でいうフリート、ノンフリートそしてセミフリートってなに?

フリートとノンフリートとは1
自動車保険ではフリート、ノンフリートといった言葉がでてきます。保険料金の割増・割引に関わる等級制度もノンフリート等級といいますね。みなさんも耳にしたことがあるかと思います。

ではこのフリート、ノンフリートって一体何なんでしょうか?

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

フリート、ノンフリートとは保険会社との契約形態になります。これは所有する車の台数よってフリート契約、ノンフリート契約が決まります。また、これに以外にもセミフリート契約というものも存在します。

フリートとは英語のfleet[艦隊、船団、車隊]から由来するもので、ある一定数量の集合単位を指しています。

自動車保険でのフリート契約とは10台以上を所有する個人や法人との保険契約形態になります。

所有台数が9台以下であればノンフリート契約となりますが、3台以上の場合セミフリート契約を結ぶことも可能な会社もあります。

セミフリートとはノンフリート多数割引のことでミニフリートやプチフリート等と呼ばれることもあります。

フリート契約とノンフリート契約の大きな違いの一つは割引率です。フリート契約の場合、割引率が最大で80%となる場合もあります。また、等級制度がなく保険料の割引率は保険料金と保険会社が支払う保険金、前年のフリート割増・割引率によって決定します。運転者の年齢条件や家族限定特約などもありません。

セミフリート(ノンフリート多数割引)ではフリート契約ほどではありませんが割引を受けられます。ノンフリート契約だけど複数台の契約をまとめることで保険料が安くなります。基本的にノンフリート契約なので等級や運転者条件の特約等もあります。

また、他に有利な点としてはフリート、セミフリートとも、割増なく保険料金の分割払い(月払い)が可能になります。

ノンフリート契約は個人のもっとも一般的な自動車保険契約です。通常、個人での自動車保険ではこちらの契約になるのではないでしょうか。等級制度や特約による、いわゆる通常の契約形態です。

ご自身の環境に応じてもっとも保険料金を節約できる契約を選んで頂ければと思います。

それでは、フリート、ノンフリートを簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 フリート、ノンフリートとは自動車保険の契約形態の種類です。

 所有する車の台数によってフリート契約かノンフリート契約かが決まる。

 その他ノンフリート多数割引としてセミフリート(ミニフリート、プチフリート)といった契約形態がある会社もある。

自動車保険は複数社での見積もり比較がもっとも有効で安くできる方法です。

ただやってみると分かりますが、いろいろな条件で複数社の見積もりを取得するのは正直とても大変でした。

そこで今ではこちらのサービスを利用するようにしています。簡易な入力はありますが、これまでの手間が嘘のように複数社の見積もりが一度で手軽に取得できます。

平均して3万円の節約実績もあり、実際わたしも安くすることができました!

もちろん無料ですし非常に効果的なのでおすすめです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社
タイトルとURLをコピーしました