ホンダ N-BOX[JF型]自動車保険料を見積り相場と目安。売れてる軽ハイトワゴン。

2019/08/03

nbox_jf_06

「N-BOX」といえば、ホンダの軽自動車ハイトワゴンであり、また非常に人気のある車種です。

軽自動車カテゴリーに留まらず、小型・普通乗用車を含めた新車販売総合でもっとも多くの販売台数を記録。しかも2年連続しての1位であり、その大人気ぶりは実績からも窺い知れます。

現行モデルである[JF型]は、2代目N-BOXであり、初代N-BOXから継続して子育て世代から熱烈な支持を受けています。

今回はそんなホンダ N-BOX[JF型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金の相場と目安を調査したいと思います。

HONDA N-BOX[画像出典:http://www.honda.co.jp/]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

N-BOXは、ホンダの軽自動車でハイトワゴンと呼ばれるカテゴリ属します。

ボディはデザインによって2種類あり、ノーマルのN-BOXと、ドレスアップモデルのN-BOXカスタムです。

空間効率が良く、背の高い車体と相まって軽自動車とは思えない広い室内を実現しており、さらに子育て世代を意識した様々な工夫が施されています。

リアシートの左右独立スライド機能はもとより、跳ね上げる事が可能なチップアップ&ダイブダウン機構はこれまでとは違った新たな空間利用を創り出すことも可能。また「助手席スーパースライドシート」は助手席が57cmというロングスライドができて、かつセンターウォークスルーを実現しています。

リアシートと合わせ、様々なシートアレンジや使い方ができるし、後席とのアクセスが容易なのは本当に便利だと思います。

その他にも、お子さんや荷物を抱えながらの乗車が便利なハンズフリーオートスライドドアなど便利機能が盛りだくさんで、趣味や介護にも対応できるスロープ仕様車なども選ぶことができます。

そしてN-BOXはユーティリティだけではなく走行性能についても評価が高い。

搭載される直列3気筒エンジンにはターボ[64ps/10.6N・m]とノンターボi-VTECエンジン[58PS/65N・m]の2つが用意され、どちらも動力性能に余裕がありノンターボで十二分と評されるほどです。ミッションはCVTのみでFFと4WDの駆動方式を選べ、コンパクトカーと比べても引け劣らないしなやかな足回りも大きな魅力です。

なによりも、「衝突軽減ブレーキ(CMBS)」、「AAC(アダプティブクルーズコントロール)」を含む先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」が全車標準装備なのが素晴らしい。

「日本の家族のしあわせのために」のコンセプトは伊達ではなく、だからこそこれだけの支持を得ているのだと思います。

nbox_jf_01HONDA N-BOX[出典:http://www.honda.co.jp/]

N-BOX
グレード 概要
価格(税込)
N-BOX G・Honda SENSING 0.66L i-VTEC CVT Honda SENSING 2WD 1,385,640
4WD 1,516,320
N-BOX G・L Honda SENSING 2WD 2,165,000
4WD  2,381,000
N-BOX G・EX Honda SENSING
2WD 1,596,240
4WD 1,726,920円
N-BOX G・スロープ Honda SENSING 2WD 1,575,640円
4WD 1,696,640円
N-BOX G・スロープL Honda SENSING
2WD 1,689,040円
4WD 1,810,040円
N-BOX G・Honda L ターボ SENSING 0.66Lターボ CVT Honda SENSING 2WD 1,695,600円
4WD 1,826,280円
N-BOX G・Honda EX ターボ SENSING 2WD 1,749,600円
4WD 1,880,280円
N-BOX G・Honda スロープL ターボ SENSING 2WD 1,885,600円
4WD 2,006,600円

nboxcustom_jf_01HONDA N-BOX CUSTOM[出典:http://www.honda.co.jp/]

N-BOX カスタム
グレード 概要
価格(税込)
N-BOX Custom G・L Honda SENSING 0.66L i-VTEC CVT Honda SENSING 2WD 1,698,840円
4WD 1,829,520円
N-BOX Custom G・EX Honda SENSING
2WD 1,752,840円
4WD 1,883,520円
N-BOX Custom G・スロープL Honda SENSING
2WD 1,888,840円
4WD 2,009,840円
N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSING 0.66Lターボ CVT Honda SENSING 2WD 1,895,400円
4WD 2,026,080円
N-BOX Custom G・EX ターボ Honda SENSING 2WD 1,949,400円
4WD 2,080,080円
N-BOX Custom G・スロープL ターボ Honda SENSING 2WD 2,143,800円
4WD 2,274,480円

それではホンダ N-BOXの保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 Honda SENSING搭載

 ASV割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の4つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

ホンダには「Honda SENSING(ホンダ センシング)」と呼ばれる安全運転支援システムが存在します。「ミリ波レーダー」と「単眼カメラ」を使用した、予防安全の向上やドライバーの運転支援をしてくれるシステムです。

honda_sensing_nbox

N-BOXには、このHonda SENSINGが全車標準装備となっています。

様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、軽自動車への「型式別料率クラス制度」導入後の高評価が期待できます。

軽自動車には現在「型式別料率クラス」制度はありませんが、2020年から導入が予定されており、料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

前述の「Honda SENSING(ホンダ センシング)によって、CMBS(Collision Mitigation Brake System)と呼ばれる衝突軽減ブレーキが全グレードに装備されています。

これはホンダで言うところの、いわゆる自動ブレーキ機能(Autonomous Emergency Braking - AEB)です。これによって各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

軽自動車については「型式別料率クラス制度」導入まで、ASV割引の適用期限はありません。従って、N-BOXについても今のところ期限なく適用可能です。

ASV割引の適用
適用あり

期限なし

N-BOXについては、駆動方式(2WD・4WD)によって2つの型式に分けられます。ボディタイプ(ノーマル・カスタム)による型式の違いはありません。

ただし、N-BOXは軽自動車ですので「型式別料率クラス制度」はありません。計画では2020年に軽自動車へも型式別料率クラス(車両料率クラス)制度の導入が予定されていますが、現状では未導入です。

従って、現時点では料率クラスの評価はありませんので「評価なし(保険料に影響なし)」となります。

・型式別料率クラス[2019年]

HONDA N-BOX 型式別料率クラス
車種 駆動 型式 対人 対物 障害 車両 AEB割
N-BOX
(カスタム含む)
2WD JF3 - - - -
4WD JF4
- - - -

※AEB割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]

『AEB割』項目は衝突被害軽減ブレーキ(AEB)搭載によるASV割引の対象かどうかを表しています。N-BOXに関しては全車搭載されていますので、前述の対象期間内でASV割引が適用されます。

ホンダ N-BOX 料率クラス評価
(保険料金への影響)
ーーーーー

評価なし

いずれ軽自動車へ型式別料率クラスが導入されたときに、保険料への影響は再度調査・確認したいと思います。

今回保険料金をシミュレートするにあたり、条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ 年齢 年齢条件 等級 免許色
タイプ20 20歳 全年齢補償 8 グリーン
タイプ21 21歳 21歳以上補償 9 グリーン
タイプ26 26歳 26歳以上補償 11 ブルー
タイプ30 30歳 30歳以上補償 17 ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

nbox_jf_02HONDA N-BOX[出典:http://www.honda.co.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
HONDA N-BOX
G・L Honda SENSING(2WD)
見積タイプ 車両保険なし 車両保険あり
タイプ20 48,850円 146,040円
タイプ21 32,850円 93,970円
タイプ26 17,250円 39,220円
タイプ30 12,930円 26,060円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

ホンダ N-BOXの保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

また、自動車保険は費用面だけでなく、補償内容やサービスの充実度、事故対応力などとの兼ね合いも含め、ご自身の考えに沿った保険会社を選ばれるのが一番です。そのためには複数の保険会社をさまざまな角度から比較、検討する事をお勧めします。

当サイトでは、そういった比較・検討をするために自動車保険の一括見積をお勧めしています。

自動車保険を選ぶにあたって、どういった部分を重視しているかを選択できますし、必要であれば保険契約についてアドバイスを求めることも可能です。

お金の掛からない無料のサービスというところもポイントになります。きっと今よりもピッタリの保険を見つけられると思いますので是非試してみて下さい。

↓↓無料の一括見積はこちら↓↓

 

 

nbox_jf_05HONDA N-BOX[出典:http://www.honda.co.jp/]

ホンダのスーパーハイトワゴン「N-BOX」。

子育て世代のママさんを意識した作りで、便利で気の利いた機能や装備が本当にたくさん用意されていて、とても良く考えられているのが分かります。安全面にも配慮されHonda SENSINGも標準装備と贅沢な仕様。

機能や装備が充実している分、軽自動車としては高めな価格設定ですがそれだけの価値のある車かと思います。

それでは、ホンダ N-BOX の保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 N-BOXでは全車に安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準搭載。事故率低下により自動車保険料にも有利。

 全車に衝突被害軽減ブレーキ(AEB)が導入され、ASV割引(一律9%OFF)の対象となる。

 型式は車種に対して2つ。N-BOXは軽自動車なので型式別料率クラスはなく、保険料金への影響もない。

保険料金を安くするには契約内容を見直しと複数社での見積もり比較が一番です。

ただ、その複数社の見積もり取得がとても手間が掛かって大変でした。そこで今はこちらのサービスを利用するようにしています。これまでの手間が嘘のように、簡単に一括で見積もり取得ができます。

平均3万円の節約実績もあり、一度に最大20社の見積もりが取得できて必要な入力も簡単に終わります。

実際わたしも安くすることができました。もちろん無料ですし、非常に効果的なのでお勧めです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社

 

-保険料金の車種別相場