スバル レヴォーグ[VN5型]自動車保険料を見積り相場と目安。2代目は大胆デザインとデジタル化。アイサイトXでハンズオフ!

levorg_vn5_01

海外にメインマーケットを移し大型化したレガシィの国内後継車として登場したのが「レヴォーグ」です。

そのデザイン性と基本性能の高さによって人気車種となったレヴォーグですが、フルモデルチェンジを受け代目として生まれ変わりました。

スバルの新プラットフォームSGPや運転支援システムアイサイトXの採用により、大きな進化を遂げています。

今回はそんな2代目 SUBARU レヴォーグ[VN5型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金の相場と傾向を調べてみようと思います。

SUBARU LEVORG[画像出典:https://www.subaru.jp/]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

levorg_vn5_09SUBARU LEVORG[出典:https://www.subaru.jp/] 

スバルは今でこそSUVやスポーツカーとしても有名ですが、往年のスバルと言えば「ステーションワゴン」と言われるほどワゴン車が人気でした。

そしてレヴォーグは現在でも国内市場において、確固たる地位を築いているワゴンであることに間違いありません。

新生2代目となったレヴォーグはその地位に奢ることなく、次元の違う革新を目指しました。

エクステリアはBOLDER DESIGNをコンセプトに、塊感とエッジの利いたラインが特徴です。ワゴンでありながらスポーティな仕上がりでスバルらしさを色濃く感じさせます。

インテリアについても先進的かつ上質さを追求しています。立体的に構成されたコクピットの中央には11.6インチセンターインフォメーションディスプレイがセットされ、運転席12.3インチフル液晶メーターとナビゲーション情報との連携も可能(アイサイトX搭載車)と「SUBARUデジタルコクピット」を謳います。

levorg_vn5_05SUBARU LEVORG[出典:https://www.subaru.jp/]

プラットフォームはついにSGP(スバルグローバルプラットフォーム)を手に入れました。そこにフルインナーフレーム構造を組み合わせ、かつ構造用接着剤の採用などでさらなる高剛性化と軽量化を実現ています。

サスペンションも新設計され、走りの質感が飛躍的に向上しています。特にSTI Sportについては電子制御ダンパーを搭載しており、減衰力を可変制御することで異次元の走行性能を手にしています。

気になるパワートレーンはダウンサイジングされた4気筒1.8L直噴ターボ”DIT”エンジン(177ps/300Nm)のみの構成です。1600rpmの低回転から3600rpmまで最大トルク発生するこの新エンジンに、8速マニュアルモード付のリニアトロニックCVTを組合せ、全車アクティブトルクスプリットAWD(電子制御AWD)によってフルタイムに全輪で駆動します。

levorg_vn5_04SUBARU LEVORG[出典:https://www.subaru.jp/]

ユーティリティでもワゴンとして優れたパッケージングにより、561Lのラゲッジスぺースを確保。広い開口部によってアクセスも良好です。また、上級グレードに限られますが「ハンズフリーオープンパワーリヤゲート」が標準装備となっています。

リアシートは4:2:4分割可倒式を採用し、長尺物にも対応します。このリアシートにはリクライニング機能が備わっているのも嬉しいポイントです。

そして何と言っても、「高度運転支援システム」を搭載した次世代「アイサイトX」は最大の目玉でしょう。ある一定条件下ではハンズオフも可能となっています。

まさに革新的に進化したスバル レヴォーグ。かなりの魅力に溢れ、日本を代表するステーションワゴンとして間違いのない1台です。

levorg_vn5_06SUBARU LEVORG[出典:https://www.subaru.jp/]

グレード概要価格
GT1.8L直噴ターボ”DIT”
リニアトロニックCVT
AWD 
アイサイト
3,102,000円
GT-H3,322,000円
STI Sport3,707,000
GT EX1.8L直噴ターボ”DIT”
リニアトロニックCVT
AWD アイサイト X

3,487,000
GT-H EX
3,707,000円
STI Sport EX
4,092,000円

levorg_vn5_03SUBARU LEVORG[出典:https://www.subaru.jp/]

それではスバル レヴォーグの保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 アイサイトX搭載

 ASV割引の適用

 エコカー割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の4つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

レヴォーグには運転支援システム「アイサイト」が全てのグレードに搭載されています。そして高速道路などでの疲れやストレスを大幅に軽減する先進機能「アイサイト・ツーリングアシスト」が標準装備となっており、アシスト機能が向上しています。

アイサイトにより、高性能なプリクラッシュブレーキ(歩行者・自転車に対応)を全グレードで標準装備。

また、高速道路での長距離運転をサポートする、全車速追従機能付クルーズコントロール(アダプティブクルーズコントロール)、車線逸脱抑制(レーンキープアシスト)も全車に搭載しています。

アイサイトセーフティプラス(拡張機能)のうち、「運転支援テクノロジー」は全車標準装備。「視界拡張テクノロジー」はグレードによって標準装備またはオプション導入となります。

そして最も進化したアイサイト「アイサイトX」搭載車では、さらに高度な運転支援システム「アイサイトX テクノロジー(渋滞時ハンズオフアシストや渋滞時発進アシスト、アクティブレーンチェンジアシスト等)」の6つの機能)が付加され、より安心で快適な安全運転をサポートします。

eyesightx_vn5_01

追突事故減少アイサイト追突事故減少[出典:https://www.subaru.jp/]

これによりレヴォーグは「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」に該当しています。

アイサイトの様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、型式別料率クラスへ高評価として反映されます。料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

前述のアイサイトには、衝突被害軽減ブレーキ(AEB)いわゆる自動ブレーキ機能も搭載されており、各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

ASV割引適用終了はその型式の自動車が発売された年度に「3年」を加算した年度の12月末日なので、レヴォーグの場合には2023年12月末迄であれば割引が受けられます。

ASV割引の適用

割引あり
2023年12月末まで
( 保険始期日 )

また、いずれ割引適用からは外れますがAEBを含めたアイサイトの事故予防効果は型式別料率クラスに十分反映されており、ASV割引適用が終了したからと言って必ずしも保険料金に不利という事でもありません。

レヴォーグは純粋なエンジンモデルであり、ハイブリッドモデルについては設定がありません。

したがって、一部保険会社にて設定のあるエコカー割引は適用対象外となります。

エコカー割引の適用

割引対象外
※適用対象モデルなし

スバル  レヴォーグについては、型式は1つのみになります(1車種1型式)。

型式ごとに料率クラスの評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2020年]

SUBARU レヴォーグ 型式別料率クラス
車種型式対人対物傷害車両ASV割
レヴォーグVN5
7
7
7
9

※ASV割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ] ※2020年より料率クラスは17段階評価に変更されています。
※上記の料率クラスは予想値を掲載しています。正確な値が判明次第更新予定。

『ASV割』項目は型式別にASV割引の対象かどうかを表しています。レヴォーグに関しては衝突被害軽減ブレーキ(AEB)が全車搭載されていますので、前述の適用期間内であればASV割引が適用されます。

レヴォーグ全体としての型式別料率クラス評価としては、「標準」に当てはまるかと思います。保険料金的には「影響は小さい」となります。

スバル レヴォーグ 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★★☆☆
標準
( 保険料金への影響は小さい )

もちろん、車両金額や契約内容によっても実際の保険料金は変わってきます。

それでは保険料金のシミュレート見積もりをしていきましょう。今回見積もり条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ年齢年齢条件等級免許色
タイプ2020歳全年齢補償8グリーン
タイプ2121歳21歳以上補償9グリーン
タイプ2626歳26歳以上補償14ブルー
タイプ3030歳30歳以上補償18ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

levorg_vn5_07SUBARU LEVORG[出典:https://www.subaru.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
スバル レヴォーグ
STI Sport EX

見積タイプ車両保険なし車両保険あり
タイプ2052,700 円193,520 円
タイプ2134,260 円122,370 円
タイプ2617,340 円45,990 円
タイプ3013,430 円31,740 円

※上記の保険料金は予想値を掲載しています。正確な値が判明次第更新予定。

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

スバル レヴォーグの保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

条件にあった一番安い自動車保険を見つけるにはどうすれば良いでしょう?

答えは、複数社の見積もり取得と比較・検討です。それがもっとも効果的で最短ルート!

でも一社ごと見積もりなんて、それこそ時間もかかるし気力・体力も削られて正直割に合いません。ですのでわたしは、こちらの一括見積もりサービスをお勧めしています。

初めて利用した方の実に63%が2万円以上! そして42%の方が3万円以上も!!保険料が安くなっています。

実際、わたしも更新のたび使用していますが実効性アリですよ!

是非試してみて下さい。

\ 無料の一括見積はこちら /
一括見積できる保険会社
aig最大20社

levorg_vn5_08SUBARU LEVORG[出典:https://www.subaru.jp/]

フルモデルチェンジにより、まさに異次元の変革をみせてくれたレヴォーグ。

エクステリアも保守的なスバルからすれば、かなりアグレッシブに挑戦した感があります。そして何より、デジタル化については大きな進歩を感じさせてくれます。

スバルのルーツとも言えるステーションワゴン。レヴォーグにはその伝統を継承する重要なモデルでありながら、時代の最先端を行くアグレッシブな存在となっていくことを期待してしまいます。

2代目となり、洗練と変革を成したレヴォーグは相当に魅力的です。

それでは、 レヴォーグの保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 レヴォーグには全車アイサイト・ツーリングアシスト装備。事故率低下により自動車保険料にも有利。

 アイサイトX搭載車では、さらに高度に運転支援システムによりサポートされる。

 衝突被害軽減ブレーキ(AEB)も全車装備されておりASV割引(一律9%OFF)の対象となる。

 型式は車種に対して1つのみ。レヴォーグ全体としての型式別料率クラス評価は「標準」、保険料的には良くも悪くも「影響は小さい」。

自動車保険は複数社での見積もり比較がもっとも有効で安くできる方法です。

ただやってみると分かりますが、いろいろな条件で複数社の見積もりを取得するのは正直とても大変でした。

そこで今ではこちらのサービスを利用するようにしています。簡易な入力はありますが、これまでの手間が嘘のように複数社の見積もりが一度で手軽に取得できます。

平均して3万円の節約実績もあり、実際わたしも安くすることができました!

ちろん無料ですし非常に効果的なのでおすすめです。

\ いますぐ安い保険を見つける /
一括見積できる保険会社
aig最大20社
タイトルとURLをコピーしました