スズキ スペーシア[MK53S型]自動車保険料を見積り相場と目安。ワクワク広がるスーパーハイトワゴン。

spacia_mk53s_01

軽自動車の規格制限の中で、より居住空間を改善するために上方向へとサイズを拡大させたスーパーハイトワゴン。

スズキの「スペーシア」は、この軽スーパーハイトワゴンに属しており、たくさんのユーザから選ばれている人気の車種です。

特に子育て世代にとっては、気の効いたユーティリティと広い室内、使いやすくて経済的なこの車はとても魅力的でしょう。

今回はそんな スズキ スペーシア[MK53S型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金の相場と目安を調査してみたいと思います。

SUZUKI SPACIA[画像出典:https://www.suzuki.co.jp/]

利用者の63%が2万円以上も安くなっています!!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

初めて利用した方の実に63%が2万円以上! そして42%の方が3万円以上も!!保険料が安くなっています。

安い自動車保険を探すなら、こちらの見積もりサービスがお勧めです。

\ 無料の一括見積はこちら /
 

スズキ スペーシアは、軽自動車販売台数1、2位を争う人気の軽スーパーハイトワゴンです。

MK53S型スペーシアは2代目にあたり、スーツケースをモチーフとしてデザイン・設計されています。

エクステリアにおいてもインテリアにあってもスーツケースをイメージさせる意匠が散りばめられていて、なるほどと思わせる。それでいて女性にも親しみやすいポップな雰囲気も持ち合わせています。

スペーシアの人気の秘密はやはり、軽自動車でありながら広大な室内空間を実現しているところです。

高い天井と低いフロア、そしてシート前後空間にも余裕がある設計となっていて快適な居住空間を確保しています。
また、すべてのシートに独立型のシートスライドを採用していて、体格に合わせて足元まで広々としたスペースを確保できる様になっている等よく作り込まれています。

室内には様々な収納スペースが設けられ、空調を循環させるスリムサーキュレーターなど後席側の快適性も考慮されています。

両側スライドドアを採用し、低床フロア設計も相まって非常に乗り降りしやすい所もおすすめのポイントです。

spacia_mk53s_04SUZUKI SPACIA[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

全車がマイルドハイブリッド仕様であり、搭載エンジンは660CCの自然吸気エンジン(52PS/60Nm)でミッションはCVTが組み合わされる。ここにさらにISG(モーター機能付発電機)と専用リチウムイオンバッテリーが装備されていて、発進や加速時にはエンジン再始動やモーターによるエンジンアシスト、そしてモーターによるクリープ走行を可能にします。

各グレードで2WDと4WDの仕様をラインアップしており、使用用途や生活環境による選択肢があるのも嬉しいところ。

予防安全の面でもスズキ セーフティサポートを装備(HYBRID G 衝突被害軽減ブレーキ非装着車を除く)して様々な予防安全と運転支援機能を利用できる。衝突軽減ブレーキについては、「デュアルセンサーブレーキサポート」にプラスして「後退時ブレーキサポート」機能も搭載されています。

スペーシアは、とにかく広くて使い勝手がよく、そして安全で低燃費なよくばり軽自動車ですね。

spacia_mk53s_05SUZUKI SPACIA[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

グレード概要
価格
HYBRID X0.66L CVT
S-エネチャージ
セーフティサポート

2WD1,496,000円
4WD1,619,200円
HYBRID G2WD1,358,500円
4WD1,481,700円
HYBRID G
衝突被害軽減ブレーキ非装着車
0.66L CVT
S-エネチャージ
2WD1,298,000円
4WD1,421,200円

それではスズキ スペーシアの保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 セーフティサポート搭載

 ASV割引の適用

 エコカー割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の4つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

スズキには評価の高い運転支援システム「セーフティサポート」があります。スペーシアでは一部グレード(HYBRID G 衝突被害軽減ブレーキ非装着車)を除きセーフティサポートを標準装備しています。

spacia_safetysupport_01

spacia_safetysupport_02デュアルセンサーブレーキサポート[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

セーフティサポートの様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、型式別料率クラスへ高評価として反映されます。料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

※2020年から軽自動車にも型式別料率クラス制度が導入されました。

前述のセーフティサポートには、デュアルセンサーブレーキサポートと呼ばれる衝突被害軽減ブレーキ(AEB)、いわゆる自動ブレーキ機能も搭載されており、各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

ただし、スペーシアについてはセーフティサポートは全車標準装備でありません。一部グレードを除くセーフティサポート装着車(HYBRID G 衝突被害軽減ブレーキ非装着車を除く)に限って適用される事になります。

ASV割引適用期限はその型式の自動車が発売された年度に「3年」を加算した年度の12月末日なので、スペーシアの場合には保険開始日が2020年12月末迄であれば割引が受けられます。

ASV割引の適用

割引あり
※セーフティサポート装着車
2020年12月末まで
( 保険始期日 )

また、いずれ割引適用からは外れますが、AEBを含めたセーフティサポートの事故予防効果は型式別料率クラスに十分反映されており、ASV割引適用が終了したからと言って必ずしも保険料金に不利という事でもありません。

スペーシアは全車がS-エネチャージを搭載するマイルドハイブリッドモデルであり、一部保険会社にてエコカー割引が適用になります。

エコカー割引を受ける保険会社によっても変わってきますが「新車購入の場合で多くは2年程、最長で4年間」割引きを受ける事ができます。

割引率は3%~5%、または一律1000円引き程度となっている事が多いです。

エコカー割引の適用

割引あり
( 割引適用条件は保険会社により異なる )

スズキ スペーシア については型式は1つのみになります(1車種1型式)。

また2020年より、軽自動車へも型式別料率クラス(車両料率クラス)制度が導入されました。型式ごとに料率クラスの評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2020年]

SUZUKI スペーシア 型式別料率クラス
車種型式対人対物傷害車両ASV割
スペーシアMK53S
1123

※ASV割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]
※軽自動車の料率クラスは3段階評価

『ASV割』項目は型式別にASV割引の対象かどうかを表しています。スペーシアに関してはセーフティサポート搭載車であれば、前述の適用期間内でASV割引が適用されます。

スズキ スペーシア 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★☆
標準
( 保険料金への影響は小さい )

もちろん、車両金額や契約内容によっても実際の保険料金は変わってきます。

それでは保険料金のシミュレート見積もりをしていきましょう。今回見積もり条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ年齢年齢条件等級免許色
タイプ2020歳全年齢補償8グリーン
タイプ2121歳21歳以上補償9グリーン
タイプ2626歳26歳以上補償14ブルー
タイプ3030歳30歳以上補償18ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

spacia_mk53s_02SUZUKI SPACIA[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
スズキ スペーシア
HYBRID X 2WD

見積タイプ車両保険なし車両保険あり
タイプ2045,100 円145,460 円
タイプ2130,870 円93,780 円
タイプ2617,100 円36,480 円
タイプ3011,970 円25,350 円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

スズキ スペーシアの保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

条件にあった一番安い自動車保険を見つけるにはどうすれば良いでしょう?

答えは、複数社の見積もり取得と比較・検討です。それがもっとも効果的で最短ルート!

でも一社ごと見積もりなんて、それこそ時間もかかるし気力・体力も削られて正直割に合いません。

ですのでわたしは、保険料が安くなると評判のこちらの一括見積もりサービスをお勧めしています。実際、わたしも更新のたび使用していますが実効性アリですよ!

↓↓無料の一括見積はこちら↓↓

一回の入力で複数社見積もりがラクラク取得可能です。是非気軽に試してみて下さい。

spacia_mk53s_03SUZUKI SPACIA[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

スズキの軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」。

スーツケース風というちょっと変わったモチーフながら、上手にまとめられたエクステリアや軽自動車とは思えない広々とした室内空間。セーフティサポートによる安全性の確保、そしてS-エネチャージを搭載したことによる燃費の良さやエコカー減税。

スペーシアはそういった多くのユーザーが軽自動車に求めるものがたくさん詰まっているからこそ人気となっているのだと思います。

それこそ、軽自動車に求められる数々の要素の最大公約数が現在のスーパーハイトワゴンという形なのかもしれませんね。

それでは、スズキ スペーシアの保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 スペーシアは予防安全技術「セーフティサポート」を一部グレードを除き標準装備。

 セーフティサポート装着車にはAEBが搭載され、ASV割引(一律9%OFF)の対象となる。

 全車マイルドハイブリッドモデルであり、一部保険会社ではエコカー割引を適用可能。

 型式は車種に対して1つのみ。スペーシア全体としての型式別料率クラス評価は「標準」、保険料的には良くも悪くも「影響は小さい」。

自動車保険は複数社での見積もり比較がもっとも有効で安くできる方法です。

ただやってみると分かりますが、いろいろな条件で複数社の見積もりを取得するのは正直とても大変でした。

そこで今ではこちらのサービスを利用するようにしています。簡易な入力はありますが、これまでの手間が嘘のように複数社の見積もりが一度で手軽に取得できます。

平均して3万円の節約実績もあり、実際わたしも安くすることができました!

もちろん無料ですし非常に効果的なのでおすすめです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社
タイトルとURLをコピーしました