スズキ ジムニーシエラ[JB74W型]自動車保険料を見積り相場と目安。高い万能性!軽ジムニーベースのコンパクトクロスカントリー系SUV。

2020/02/14

jimnysierra_jb74w_01

スズキ ジムニーといえば、軽自動車でありながら本格的なクロスカントリー系SUVとして稀有でかつ有名な車です。

そのジムニーに1.5Lエンジンとワイドフェンダーを組み合わせコンパクトカーSUVとして仕立てられているのが、この「ジムニーシエラ」です。

今回はそんなスズキ ジムニーシエラ[JB74W型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金の相場と目安を調査したいと思います。

SUZUKI JIMNY SIERRA[画像出典:https://www.suzuki.co.jp/]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

ジムニーシエラは、コンパクトカー化しているとはいえ、そのボディは基本的に軽自動車「ジムニー」がベースになっています。

ラダーフレーム構造の車体や、副変速機を備えたパートタイム4WD機構、そして5MTと4ATのミッション設定はジムニーとなんら変わりありません

内装も基本的にはジムニーと同じものです。ボディ同様に水平基調デザインのダッシュボードはクロスカントリー系の武骨さがにじみ出ています。

外観上のジムニーとの違いでは、「ワイドフェンダーの採用」があります。

ブラックのワイドフェンダー装着と元々の直線基調なボディデザインと相まって、見た目には往年のクロスカントリーSUVそのものといったワイルドさを醸し出しています。

前後バンパーもワイドフェンダーに合わせ、連続性を持たせるように大型化されたものが装備されています。

このワイドフェンダーと大型バンパーによって、ジムニーに比べ車幅は170mm広く、全長は155mm長くなっています。

jimnysierra_jb74w_06SUZUKI JIMNY SIERRA[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

ボディ以外で軽自動車ジムニーとの大きな違いは、エンジンと足回りです。

ジムニーシエラに搭載されるのは、直列4気筒1.5L[102PS/130Nm]の軽量コンパクトな新開発エンジン。オフロードはもちろん、オンロードでも力強くゆとりある走りを楽しめます。

ボディのワイド化に伴い前後トレッドも拡大していて、これがコーナリング性能の向上にもつながっています。

足回りは高速走行も考慮したセッティングとなっていて、ミッションもハイギアードになっているとの事。装着されるタイヤについても195/80R15と、より幅の広いものがセットされています。

特に高速走行ではジムニーを上回る安定感のある走りを手に入れていて、高速道路での長距離走行についてはシエラに軍配があがります。

安全性能もジムニーと共通で、スズキの予防安全技術「Safety Support」を搭載し、衝突被害軽減ブレーキを含む7つ運転支援機能を提供しています。

ただ、長距離走行で便利なアダプティブクルーズコントロール(ACC)やレーンキープアシスト(LKS)機能は残念ながら持ち合わせていません。代わりに通常のクルーズコントロールが標準で装備されています。

その見た目のワイルドさや、高速走行もこなせる柔軟性がジムニーシエラの長所であり、それこそが軽ジムニーではなくシエラの選択理由になるのではないでしょうか。

jimnysierra_jb74w_02SUZUKI JIMNY SIERRA[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

グレード概要
価格
JC1.5L パートタイム4WD 副変速機
セーフティサポート
MT1,958,000円
AT2,057,000円
JLMT1,793,000円
AT1,892,000円

jimnysierra_jb74w_03SUZUKI JIMNY SIERRA[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

それではスズキ ジムニーシエラの保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 セーフティサポート搭載

 ASV割引の適用

 エコカー割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の3つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

スズキには評価の高い予防安全技術「セーフティサポート」があります。ジムニーシエラではグレードによってセーフティサポートを標準装備、または追加オプションとして選択する事ができます。

safty_support1

safty_support4スズキ セーフティサポート[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、軽自動車への「型式別料率クラス制度」導入後の高評価が期待できます。

軽自動車には現在「型式別料率クラス制度」はありませんが、2020年から導入が予定されており、料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

関連記事:

前述のセーフティサポートには、衝突被害軽減ブレーキ(AEB)いわゆる自動ブレーキ機能も搭載されており、各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

ただし、ジムニーシエラについてはセーフティサポートは全車標準装備でありません。従って、セーフティサポート装着車に限って適用される事になります。

ASV割引適用期限はその型式の自動車が発売された年度に「3年」を加算した年度の12月末日なので、ジムニーシエラの場合には保険開始日が2021年12月末迄であれば割引が受けられます。

ASV割引の適用

割引あり
※セーフティサポート搭載車
2021年12月末まで
( 保険始期日  )

また、いずれ割引適用からは外れますが、AEBを含めたセーフティサポートの事故予防効果は型式別料率クラスに十分反映されており、ASV割引適用が終了したからと言って必ずしも保険料金に不利という事でもありません。

シムニーシエラ は純粋なガソリンエンジンモデルであり、ハイブリッドモデルについては設定がありません。

したがって、一部保険会社にて設定のあるエコカー割引は適用対象外となります。

エコカー割引の適用

割引対象外
※適用対象モデルなし

スズキ ジムニーシエラ については型式は1つのみになります(軽自動車となるジムニーを含めると2つ)。

型式ごとに料率クラスの評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2020年]

SUZUKI ジムニーシエラ 型式別料率クラス
車種型式対人対物傷害車両ASV割
ジムニーシエラ JB74W
7677

※ASV割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]
※2020年より料率クラスは17段階評価に変更されています

『ASV割』項目は型式別にASV割引の対象かどうかを表しています。ジムニーシエラに関しては衝突被害軽減ブレーキ(AEB)が全車搭載されていますので、前述の適用期間内であればASV割引が適用されます。

ジムニーシエラ全体としての型式別料率クラス評価としては、「良い」に当てはまるかと思います。保険料金的には「割安」となります。

スズキ ジムニーシエラ 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★★★☆
良い
( 保険料金は割安 )

もちろん、車両金額や契約内容によっても実際の保険料金は変わってきます。

今回保険料金をシミュレートするにあたり、条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ年齢年齢条件等級免許色
タイプ2020歳全年齢補償8グリーン
タイプ2121歳21歳以上補償9グリーン
タイプ2626歳26歳以上補償14ブルー
タイプ3030歳30歳以上補償18ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

jimnysierra_jb74w_05SUZUKI JIMNY SIERRA[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
スズキ ジムニーシエラ JC
見積タイプ車両保険なし車両保険あり
タイプ2050,970 円152,670 円
タイプ2133,910 円 98,040 円
タイプ2616,880 円38,340 円
タイプ3013,110 円26,540 円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

スズキ ジムニーシエラの保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

また、自動車保険は費用面だけでなく、補償内容やサービスの充実度、事故対応力などとの兼ね合いも含め、ご自身の考えに沿った保険会社を選ばれるのが一番です。そのためには複数の保険会社をさまざまな角度から比較、検討する事をお勧めします。

当サイトでは、そういった比較・検討をするために自動車保険の一括見積をお勧めしています。

自動車保険を選ぶにあたって、どういった部分を重視しているかを選択できますし、必要であれば保険契約についてアドバイスを求めることも可能です。

お金の掛からない無料のサービスというところもポイントになります。見積りを取得したから契約しなければならないという事もありませんので、是非気軽に試してみて下さい

↓↓無料の一括見積はこちら↓↓

 

jimnysierra_jb74w_04SUZUKI JIMNY SIERRA[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

人気の軽SUVジムニーを、排気量アップとボディワイド化でコンパクトカーSUVに仕上げたジムニーシエラ。

そこには軽自動車規格という枠を超えた分だけの有利性も確かにある様に思います。一言でいえば「万能性」の向上がそれなのではないでしょうか。

また、ラダーフレームを持つ本格的なクロスカントリー系SUVはコンパクトクラスとしても希少であり、このシエラも独自の立ち位置を確立していると思います。

それでは、スズキ ジムニーシエラの保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 ジムニーシエラにはスズキの予防安全技術「セーフティサポート」をを標準装備。事故率低下により自動車保険料にも有利。

 衝突被害軽減ブレーキ(AEB)も全車装備されておりASV割引(一律9%OFF)の対象となる。

 型式は車種に対して1つのみ。ジムニーシエラとしての型式別料率クラス評価は「良い」、保険料的には「割安」。

保険料金を安くするには契約内容の見直しと複数社での見積もり比較が一番です。

ただ、その複数社の見積もり取得がとても手間が掛かって大変でした。そこで今はこちらのサービスを利用するようにしています。これまでの手間が嘘のように、簡単に一括で見積もり取得ができます。

平均3万円の節約実績もあり、一度に最大20社の見積もりが取得できて必要な入力も簡単に終わります。

実際わたしも安くすることができました。もちろん無料ですし、非常に効果的なのでお勧めです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社

-SUV, SUZUKI, 保険料金の車種別相場