トヨタ RAV4[MXAA/AXHA型]自動車保険料を見積り相場と目安。世界的大人気SUVが日本復活!

rav4_mxaaxh_01
「トヨタ RAV4(ラヴフォー)は、トヨタの都会派クロスオーバーSUVの先駆けといってもいい存在です。

特に海外での人気は高く、販売台数としては世界第3位にランクされているほどの大人気車です。

この度フルモデルチェンジした、RAV4[MXAA5/AXAH5型]は5代目にあたるモデルになります。残念なことに先代4代目RAV4から日本導入は見送られており、しばらく日本市場ではRAV4不在が続いていました。

今回、改めて日本での導入が復活し大々的に販売が再開されています。

今回はそんなRAV4[MXAA5/AXAH5型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金の相場と目安を調査したいと思います。

TOYOTA RAV4[画像出典:https://toyota.jp]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

トヨタ RAV4は基本的にグローバル展開を見据えたモデルです。

サイズ的にはグローバルモデルらしく大らかでミドルサイズSUVに当てはまる大きさがある。
エクステリアもかなりマッシブで、その大きさと厳ついフロントフェイスも相まってかなり迫力のあるルックスとなっています。

しかしながらタフな外観とは裏腹に、ツートーンルーフのカラーリングも設定されていてオシャレ感のある都会的なイメージにも仕立てられる。

車内も広くゆったりしており、荷室も広く様々な場面に対応できるだけの余裕があります。

rav4_mxaaxh_04TOYOTA RAV4[画像出典:https://toyota.jp]

そのベースとなっているのは同社のカムリであり、そのプラットフォームはトヨタの「TNGA(Toyota New Global Architecture)」が採用されている。

今回のRAV4ではプラットフォームだけではなく、エンジン、ミッションも含めそのメカニズムが一新されています。特にオフロードでの走破性については重視されていて、一つの車種に3つもの4WDシステムが搭載される異例の構成となっています。

エンジンはガソリンモデルには2.0L[171PS/207Nm]、ハイブリッドモデルには2.5L[178PS/221Nm]のダイナミックフォースエンジンが搭載される。ハイブリッドモデルにはエンジンのほかにフロントとリアに合計2つのモーターが加わり強力に走りをアシストします。

ミッションもCVTに加え、従来のCVTに発進用ギヤを追加した「Direct Shift-CVT」を採用し、ダイレクトな走りと低燃費を実現する。

しかし、もっとも注目されるメカニズムは「ダイナミックトルクベクタリングAWD」でしょう。

rav4_mxaaxh_08TOYOTA RAV4[画像出典:https://toyota.jp]

これはトヨタ新開発の4WDシステムで、前後輪にトルクを最適に配分しながら、後輪左右それぞれにもトルクを独立制御して旋回性能と悪路走破性を高めています。

さらに定常走行や減速時など、4WDが不要場合には後輪の動力伝達を停止する「ディスコネクト機構」も搭載しており、走行性能と燃費性能の両立を図っている。

特にハイブリッドモデルはエコカー減税対象にもなっています。

予防安全面では、トヨタの次世代予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備。プリクラッシュセーフティやレーダークルーズコントロールなど今となっては必須の機能も含み、その他さまざまな運転支援機能によってドライバーを安全にサポートします。

また、JNCAPの衝突安全性能評価では「ファイブスター賞」を獲得しているなど予防・衝突の両安全面も万全です。

復活したRAV4は、高いオフロード走行性能とオンロードの快適性を持ち合わせ、これ一台で何でもこなせる、タフワイルドな見た目がチャームポイントのオールラウンダーです。

rav4_mxaaxh_02TOYOTA RAV4[画像出典:https://toyota.jp]

グレード概要
価格
ガソリン
Adventure2.0L直噴 Direct Shift-CVT
ダイナミックトルクベクタリングAWD
4WD3,195,500円
G“Z package”3,410,000円
G
2.0L直噴 Direct Shift-CVT
ダイナミックコントロールAWD
3,261,500円
X2,656,500円
2.0L直噴 Direct Shift-CVT2WD2,608,200円
ハイブリッド
HYBRID G
2.5L直噴+モーター CVT
E-Four
4WD3,888,500円
HYBRID X3,514,500円
2.5L直噴+モーター CVT2WD3,261,500円

rav4_mxaaxh_06TOYOTA RAV4[画像出典:https://toyota.jp]

それではトヨタ RAV4の保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 Toyota Safety Sense 搭載

 ASV割引の適用

 エコカー割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の4つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

RAV4にはトヨタの先進の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタ セーフティセンス)」を搭載しています。ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。

Toyota Safety Senseにより、高性能なプリクラッシュセーフティ(昼夜の歩行者・昼の自転車に対応)を全グレードで標準装備。

また、高速道路での長距離運転をサポートする、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)、レーントレーシングアシスト機能も全車に搭載しています。

そしてアクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナーや、後方車両を検知するブラインドスポットモニターはグレードにより標準装備またはオプション装着が可能となっています。

toyota_safety_sense_rav4Toyota Safety Sense[出典:https://toyota.jp]

RAV4は「セーフティ・サポートカー、またはセーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」に該当してると共に、2019年JNCAP予防安全性能評価において最高ランクの「ASV+++」を獲得しており、高い予防安全性能が評価されています。

「Toyota Safety Sense」の様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、型式別料率クラスへ高評価として反映されます。料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

前述のToyota Safety Senseによって、RAV4には「プリクラッシュセーフティ」が全グレードに搭載されています。

これはトヨタで言うところの衝突被害軽減ブレーキ(AEB)、いわゆる自動ブレーキ機能です。これによって各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

ASV割引適用期限はその型式の自動車が発売された年度に「3年」を加算した年度の12月末日なので、RAV4の場合には保険開始日が2022年12月末迄であれば割引が受けられます。

ASV割引の適用

割引あり
2022年12月末まで
( 保険始期日 )

また、いずれ割引適用からは外れますがAEBを含めたToyota Safety Senseの事故予防効果は型式別料率クラスに十分反映されており、ASV割引適用が終了したからと言って必ずしも保険料金に不利という事でもありません。

ハイブリッドモデルについては、一部保険会社にてエコカー割引が適用になります。

エコカー割引を受ける保険会社によっても変わってきますが「新車購入の場合で多くは2年程、最長で4年間」割引きを受ける事ができます。

割引率は3%~5%、または一律1000円引き程度となっている事が多いです。

エコカー割引の適用

割引あり
※ハイブリッドモデル
( 割引適用条件は保険会社により異なる )

トヨタ RAV4 については、搭載されるパワートレイン(排気量/ハイブリッド)と駆動方式(2WD/4WD)の種別によって4つの型式が存在します。

型式ごとに料率クラスの評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2020年]

TOYOTA RAV4 型式別料率クラス
グレー型式対人対物傷害車両ASV割
ガソリン系4WD
MXAA54
7
7
7
10

2WDMXAA527779
ハイブリッド系4WDAXAH5477711
2WDAXAH5277710

※ASV割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]
※2020年より料率クラスは17段階評価に変更されています

『ASV割』項目は型式別にASV割引の対象かどうかを表しています。RAV4に関しては衝突被害軽減ブレーキ(AEB)が全車搭載されていますので、前述の適用期間内であればASV割引が適用されます。

RAV4全体としての型式別料率クラス評価としては、「標準」に当てはまるかと思います。保険料金的には「影響は小さい」となります。

トヨタ RAV4 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★★☆☆
標準
( 保険料金への影響は小さい )

もちろん、車両金額や契約内容によっても実際の保険料金は変わってきます。

それでは保険料金のシミュレート見積もりをしていきましょう。今回見積もり条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ年齢年齢条件等級免許色
タイプ2020歳全年齢補償8グリーン
タイプ2121歳21歳以上補償9グリーン
タイプ2626歳26歳以上補償14ブルー
タイプ3030歳30歳以上補償18ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

rav4_mxaaxh_09TOYOTA RAV4[画像出典:https://toyota.jp]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
トヨタ RAV4 Adventure
見積タイプ車両保険なし車両保険あり
タイプ2054,510 円219,080 円
タイプ2135,270 円140,150 円
タイプ2617,740 円50,960 円
タイプ3013,640 円34,510 円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

自分に合った一番安い保険の見つけ方!

トヨタ RAV4の保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

条件にあった一番安い自動車保険を見つけるにはどうすれば良いでしょう?

答えは、複数社の見積もり取得と比較・検討です。それがもっとも効果的で最短ルート!

でも一社ごと見積もりなんて、それこそ時間もかかるし気力・体力も削られて正直割に合いません。

ですのでわたしは、保険料が安くなると評判のこちらの一括見積もりサービスをお勧めしています。実際、わたしも更新のたび使用していますが実効性アリですよ!

一回の入力で複数社の見積もりをラクラク取得できます。是非試してみて下さい。

\ 無料の一括見積はこちら /
一括見積できる保険会社
aig最大20社

rav4_mxaaxh_03TOYOTA RAV4[画像出典:https://toyota.jp]

トヨタ RAV4は、世界的なSUV人気に乗り日本で再販される事になったミドルサイズSUVです。

4代目は日本市場から一時撤退していたとはいえ、その人気は世界的なものであり、特に今回の5代目モデルではオフロード性能が高められハイブリッド仕様もラインナップに加わっている。

新開発の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」がガソリン仕様車にのみ設定されている点も興味深い。ともかくオンオフともに活躍できる汎用性の高い車であることは間違いありませんね。

それでは、トヨタ RAV4の保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 RAV4には先進の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が全車標準装備。事故率低下により自動車保険料にも有利。

 衝突被害軽減ブレーキ(AEB)も全車装備されておりASV割引(一律9%OFF)の対象となる。

 ハイブリッドモデルについては、保険会社によってエコカー割引の適用が可能。

 型式は車種に対して4つあり、RAV4全体としての型式別料率クラス評価は「標準」、保険料的には良くも悪くも「影響は小さい」。。

自動車保険は複数社での見積もり比較がもっとも有効で安くできる方法です。

ただやってみると分かりますが、いろいろな条件で複数社の見積もりを取得するのは正直とても大変でした。

そこで今ではこちらのサービスを利用するようにしています。簡易な入力はありますが、これまでの手間が嘘のように複数社の見積もりが一度で手軽に取得できます。

平均して3万円の節約実績もあり、実際わたしも安くすることができました!

ちろん無料ですし非常に効果的なのでおすすめです。

\ いますぐ安い保険を見つける /
一括見積できる保険会社
aig最大20社
タイトルとURLをコピーしました