マツダ MX-30 EV MODEL[DRH3P型]自動車保険料を見積り相場と目安。MAZDA待望のEVモデルがSUVで登場!

mx30_drej3p_01

MAZDAの新コンセプトクロスオーバーSUVの「MX-30」にEVモデルが登場しました!

もともと、MAZDA初の最新量産型EVモデル発売か!?と話題となっていたMX-30。

先行してマイルドハイブリッドモデルが発売していましたが、ようやく真打登場といった趣(おもむき)です。

今回はそんなマツダ MX-30 EV MODEL[DRH3P型]について、年齢別・条件別に自動車保険の料金相場と目安、傾向を調査してみようと思います。

MAZDA MX-30[画像出典:https://www.mazda.co.jp/]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

mx30_drej3p_08MAZDA MX-30 EV MODEL[出典:https://www.mazda.co.jp/]

MX-30は、ヒューマンモダンをコンセプトに開発された新しいカタチのSUVです。

これまでのMAZDAにある躍動的な前傾姿勢デザインとは異なり、アップライトで自然体、そして頼もしさを感じさせるデザインを採用しています。

インテリアも一部素材にヘリテージコルクを使用するなど、斬新でありつつも暖かみのある居心地の良い空間を意識して造りこまれています。

特にセンターオープン式ドア構造の「フリースタイルドア」は、ひときわ個性を放つ独特の構造です。

そこにさらに、「EV(e-SKYACTIV) 」という超個性が加わります。

mx30_drej3p_06MAZDA MX-30 EV MODEL[出典:https://www.mazda.co.jp/]

MX-30 EV MODELではエンジンを廃し、フロントに搭載されたモーター(145ps/270Nm)によって静かでスムーズ、かつ力強い走りを提供します。

35.5KWhの駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載し、一充電での走行距離(WLTCモード)は256km。急速充電にも対応し、80%(急速充電)までの充電時間は40分の性能です。

一般的な使用ではおおよそ困ることはない航続距離を確保しています。

EV化に伴う重量増加はマイルドハイブリッドモデルに対してプラス130~190kg。モーターのトルクもあり重量増加には十分以上に対応できています。 

マイルドハイブリッドモデルとは異なり、駆動方式は2WD(FF)のみの設定となります。

EV化に伴い、進化した「車両運動制御技術」エレクトリック G-ベクタリング コントロール プラス(e-GVC Plus)を搭載。前後・横・上下方向のG変化をシームレスにつなげることで、これまでになく滑らかな車両挙動を実現しています。

mx30_drej3p_02MAZDA MX-30 EV MODEL[出典:https://www.mazda.co.jp/]

また、本来エンジン音のないEVにも独自のEVサウンドを造り込み、モータートルクと同調させる仕組みも導入しています。これによってモータートルクの前後方向・大きさを人間に知覚させ、「人車一体」のコントローラブルな走りをサポートします。

コネクティッドサービスも3年間無料で用意され、スマートフォンからのリモートコントロールやリモートモニター、うっかり通知などを行えます。

例えば離れた場所からエアコンを作動させたり、バッテリー残量や充電状況を確認したり、もちろん緊急時のエマージェンシーコールにも対応しています。

そして安全面については、スマート・ブレーキ・サポート(衝突被害軽減ブレーキ)を含むマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」が全車標準装備されており、様々な支援機能によりドライバーの大幅な運転疲労軽減も期待できます。

mx30_drej3p_04MAZDA MX-30 EV MODEL[出典:https://www.mazda.co.jp/]

グレード概要 価格
EV電動モーター
リチウムイオン電池[35.5kWh]
i-ACTIVSENSE
2WD(FF)
4,510,000円
EV Basic Set4,587,000円
EV Highest Set4,950,000円

mx30_drej3p_03MAZDA MX-30 EV MODEL[出典:https://www.mazda.co.jp/]

それではマツダ MAZDA MX-30の保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 i-ACTIVSENSE搭載

 ASV割引の適用

 エコカー割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の4つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

MX-30 EV MODELにはマツダの安全思想 “ MAZDA PROACTIVE SAFETY ” の一環として、ミリ波レーダーやカメラなどの検知デバイスを用いた先進安全技術群「i-ACTIVSENSE」が全グレードに標準装備されています。

自転車検知機能付[歩行者(昼間/夜間)、自転車(昼間)]のスマート・ブレーキ・サポート(SBS)やマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)、レーンキープ・アシスト・システム(LAS)などは全車に標準搭載。

その他、アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)、クルージング&トラフィック・サポート(CTS)はEV Highest Setのみ搭載の機能になります。

様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、型式別料率クラスへ高評価として反映されます。料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

i-Activesense_demioi-Activesense[出典:https://www.mazda.co.jp/]

また、この安全技術「i-ACTIVSENSE」により、MX-30EV MODELは「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」にも該当しています。

前述の「i-ACTIVSENSE」によって、スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)が全グレードに装備されています。

これはマツダで言うところの衝突被害軽減ブレーキ(AEB)、いわゆる自動ブレーキ機能です。これによって各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

ASV割引適用終了はその型式の自動車が発売された年度に「3年」を加算した年度の12月末日なので、MX-30 EV MODELの場合には保険開始日が2023年12月迄であれば割引が受けられます。

ASV割引の適用

割引あり
2023年12月末まで
( 保険始期日 )

また、いずれ割引適用からは外れますがAEBを含めたi-ACTIVSENSEの事故予防効果は型式別料率クラスに十分反映されており、ASV割引適用が終了したからと言って必ずしも保険料金に不利という事でもありません。

MX-30 EV MODELは全車EVであり、一部保険会社にてエコカー割引が適用になります。

エコカー割引を受ける保険会社によっても変わってきますが「新車購入の場合で多くは2年程、最長で4年間」割引きを受ける事ができます。

割引率は3%~5%、または一律1000円引き程度となっている事が多いです。

エコカー割引の適用

割引あり
( 割引適用条件は保険会社により異なる )

マツダ MX-30 EV MODELでは、型式は1つのみになります(1車種1型式)。

型式ごとに料率クラスの評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2021年]

MAZDA MX-30 型式別料率クラス
車種型式対人対物傷害車両ASV割
MX-30DRH3P7779

※ASV割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]
※2020年より料率クラスは17段階評価に変更されています。
※上記の料率クラスは予想値を掲載しています。正確な値が判明次第更新予定。

『ASV割』項目は型式別にASV割引の対象かどうかを表しています。MAZDA MX-30 EV MODELに関しては衝突被害軽減ブレーキ(AEB)が全車搭載されていますので、前述の適用期間内であればASV割引が適用されます。

MX-30 EV MODEL全体としての型式別料率クラス評価としては、「標準」に当てはまるかと思います。保険料金的には「影響は小さい」となります。

マツダ MX-30 EV MODEL 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★★☆☆
標準
( 保険料金への影響は小さい )

もちろん、車両金額も異なりますし契約内容にもよっても実際の保険料金は変わってきます。

それでは保険料金のシミュレート見積もりをしていきましょう。今回見積もり条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ年齢年齢条件等級免許色
タイプ2020歳全年齢補償8グリーン
タイプ2121歳21歳以上補償9グリーン
タイプ2626歳26歳以上補償14ブルー
タイプ3030歳30歳以上補償18ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

mx30_drej3p_05MAZDA MX-30 EV MODEL[出典:https://www.mazda.co.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
MAZDA MX-30 EV MODEL
EV Highest Set

見積タイプ車両保険なし車両保険あり
タイプ20
(全年齢補償)
54,410 円282,780 円
タイプ21
(21歳以上補償)
35,580 円184,590 円
タイプ26
(26歳以上補償)
18,740 円67,940 円
タイプ30
(30歳以上補償)
13,590 円41,430 円

※上記の保険料金は予想値を掲載しています。正確な値が判明次第更新予定。

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

マツダ MX-30 EV MODELの保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

条件にあった一番安い自動車保険を見つけるにはどうすれば良いでしょう?

答えは、複数社の見積もり取得と比較・検討です。それがもっとも効果的で最短ルート!

でも一社ごと見積もりなんて、それこそ時間もかかるし気力・体力も削られて正直割に合いません。ですのでわたしは、こちらの一括見積もりサービスをお勧めしています。

初めて利用した方の実に63%が2万円以上! そして42%の方が3万円以上も!!保険料が安くなっています。

実際、わたしも更新のたび使用していますが実効性アリですよ!

是非試してみて下さい。

 無料の一括見積はこちら 
一括見積できる保険会社
aig最大20社

mx30_drej3p_09MAZDA MX-30 EV MODEL[出典:https://www.mazda.co.jp/]

マツダの「MX-30 EV MODEL」は、今後ますます厳しくなる環境性能に対応できる車です。

厳格なCO2排出規制のある欧州で、MX-30はこのEVモデルのみを販売し高評価を得ています。

マツダの電動化を象徴するモデルとして、その先駆けとして、MX-30 EV MODELは重要な役割を担っていることは間違いありません。

ぼんやり思い描いていた、未来の電気自動車の世界がすぐそこまで現実として迫っていると感じさせてくれますね。

それでは、MAZDA MX-30 EV MODELの保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 MX-30 EV MODELでは全車に先進安全技術群「i-ACTIVSENSE」を標準装備。事故率低下により自動車保険料にも有利。

 衝突被害軽減ブレーキ(AEB)も全車装備されておりASV割引(一律9%OFF)の対象となる。

 型式は車種に対して1つのみ。MX-30 EV MODEL全体としての型式別料率クラス評価は「標準」、保険料的には良くも悪くも「影響は小さい」。

自動車保険は複数社での見積もり比較がもっとも有効で安くできる方法です。

ただ実際にやってみると分かりますが、いろいろな条件で複数社の見積もりを取得するのは正直とても大変でした。

そこで私は、今ではこちらのサービスを利用するようにしています。簡易な入力はありますが、これまでの手間が嘘のように複数社の見積もりが一度で手軽に取得できます。

平均して3万円の節約実績もあり、実際わたしも安くすることができました!

もちろん無料ですし、非常に効果的なのでおすすめです。

 いますぐ安い保険を見つける 
一括見積できる保険会社
aig最大20社
タイトルとURLをコピーしました