ニッサン フェアレディZ[Z34型]自動車保険料を見積り相場と目安。NISSAN往年の2シータースポーツクーペは今なお現役!

ニッサン フェアレディZは、往年のスポーツカー黄金時代にもその名を馳せた日産自動車を代表するスポーツカーです。

現行型は2008年に発売され、10年以上フルモデルチェンジすることなく販売が継続されています。

今回はそんな6代目ニッサン フェアレディZ[Z34型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金の相場と目安を調査したいと思います。

NISSAN FAIRLADY Z[画像出典:https://www3.nissan.co.jp/]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

fairlady-z_z34_03NISSAN FAIRLADY Z[出典:https://www3.nissan.co.jp/]

ニッサン フェアレディZは、往年のスポーツカースタイルを色濃く残すFR2シータースポーツです。

ワイドトレッド&ショートホイールベースという古典的なスポーツカースタイルを貫き、外観もそれに合わせてワイドアンドローであり全長も抑えられている。

ホイールベースは2550㎜と最近のトレンドからするとやはり短めの印象(ちなみに同様に2シーターとして生まれ変わった新型スープラはそれよりも短い2470㎜である)があります。

つまり、それだけ旋回性能といったスポーツ性能に振っていると言え、今主流となっているちまたのエコカー思想とはかなりかけ離れた存在かと思います。

搭載エンジンはV型6気筒の3.7L NAエンジン。大排気量でありながら7000rpmオーバーまでスムーズに吹けあがるスポーツエンジンで最高出力336PS、最大トルク365Nmを発生する(NISMO専用エンジンでは355ps/374Nm)。

それでいて車重は1500~1540kg程度の比較的軽量に仕上げられている為、パワー感はたっぷりで、大排気量NAエンジンらしい懐の深いドライビングを提供してくれる。コーナリング性能もコントロール性も高く、曲がって楽しい加速して楽しいFRスポーツの醍醐味を味わえます。

fairlady-z_z34_08NISSAN FAIRLADY Z[出典:https://www3.nissan.co.jp/]

燃費はJC08モードで9.2Km/Lと現在の環境目線ではキビシイものがありますが、そもそもハイブリッドモデルでもありませんし。逆な見方をすれば必要な燃料をしっかりと供給することでその分理想のパワーを得ている、と考えれば納得もできます。

フェアレディZのミッションには6MTと7ATが用意されていますが、この6MTにはシフトダウン時に自動でかつ一瞬でエンジン回転数を合わせてくれる「シフトレブコントロール」という、ヒール&トゥ要らずの機能が搭載されています。

7ATもダイレクト感があり素早い変速を可能にしています。マグネシウム製パドルシフトで、スポーティで自在な走りを堪能できる。

ただ、安全性能についてだけは先進の予防安全技術や運転支援機能の搭載などはなく、唯一残念な点ではあります。

往年のスポーツカーの香りを強く残すフェアレディZですが、明示的にアナウンスこそありませんが、実際には細かな改良も施されているとのこと。

古き良き時代を思い出させるスポーツカーとして、今だからこその魅力が、そこにはあるのではないでしょうか。

 

fairlady-z_z34_04NISSAN FAIRLADY Z[出典:https://www3.nissan.co.jp/]

グレード概要
価格
フェアレディZ Version ST V6 3.7L
リヤビスカスLSD
2WD(FR)

6MT5,198,600円
7AT5,308,600円
フェアレディZ Version S6MT4,848,800円
フェアレディZ Version T7AT4,802,600円
フェアレディZ6MT3,979,800円
7AT4,059,000円
フェアレディZ NISMOV6 3.7L(NISMO専用チューニング)
リヤビスカスLSD
NISMO専用装備
2WD(FR)
6MT6,409,700円
7AT6,519,700円

fairlady-z_z34_07NISSAN FAIRLADY Z[出典:https://www3.nissan.co.jp/]

それではニッサン フェアレディZの保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 Nissan Intelligent Mobility

 ASV割引の適用

 エコカー割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の4つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

ニッサンには、Nissan Intelligent Mobility(ニッサン インテリジェント モビリティ)の一環として先進安全装備が用意されています。

ただし、フェアレディZについてはトラクションコントロールを含むVDC(ビークルダイナミクスコントロール)やSRSエアバックといったレガシーな安全機能は搭載されているものの、これら先進安全装備は搭載されていません。またプロパイロットといった運転支援機能も同様です。

基本設計が古いとは言え、これらは非常に残念な部分です。

安全運転支援システムの恩恵を受けることができず、本格スポーツモデルであることから、今後、事故率が高くなり料率クラスの評価も悪くなる可能性があります。料率クラス評価の悪化は保険料金増加へ直結します。

前述の「Nissan Intelligent Mobility(ニッサン インテリジェント モビリティ)」には、衝突被害軽減ブレーキ(AEB)いわゆる自動ブレーキ機能も含まれており、各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

しかしながら、フェアレディZにはこのNissan Intelligent Mobilityは導入されておらずAEB機能も持たないため、残念ながらASV割引は対象外となります。

ASV割引の適用

割引対象外
※AEB機能なし

フェアレディZは純粋なガソリンエンジンモデルであり、ハイブリッドモデルについては設定がありません。

したがって、一部保険会社にて設定のあるエコカー割引は適用対象外となります。

エコカー割引の適用

割引対象外
※適用対象モデルなし

ニッサン フェアレディZ については、型式は1つのみになります(1車種1型式)。

型式ごとに料率クラスの評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2020年]

NISSAN フェアレディZ 型式別料率クラス
車種型式対人対物傷害車両ASV割
フェアレディZZ3486610×

※ASV割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]
※2020年より料率クラスは17段階評価に変更されています

『ASV割』項目は型式別にASV割引の対象かどうかを表しています。前述の通りフェアレディZにその機能はなく、ASV割引は対象外です。

フェアレディZ全体としての型式別料率クラス評価としては、「標準」に当てはまるかと思います。保険料金的には「影響は小さい」となります。

ニッサン フェアレディZ 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★★☆☆
標準
( 保険料金への影響は小さい )

フェアレディZのクラス評価ついては、AEBの搭載もない割に健闘していると思います。車両項目クラスについては『10』とやや高い(悪い)ため、車両保険をセットする場合には少々割高な保険料金になるでしょう。

もちろん、車両金額や契約内容によっても実際の保険料金は変わってきます。

今回保険料金をシミュレートするにあたり、条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ年齢年齢条件等級免許色
タイプ2020歳全年齢補償8グリーン
タイプ2121歳21歳以上補償9グリーン
タイプ2626歳26歳以上補償14ブルー
タイプ3030歳30歳以上補償18ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

fairlady-z_z34_06NISSAN FAIRLADY Z[出典:https://www3.nissan.co.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
NISSAN フェアレディZ
Version ST 6MT

見積タイプ車両保険なし車両保険あり
タイプ2058,180 円276,820 円
タイプ2137,890 円178,010 円
タイプ2619,950 円66,520 円
タイプ3014,240 円40,510 円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

ニッサン フェアレディZの保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

また、自動車保険は費用面だけでなく、補償内容やサービスの充実度、事故対応力などとの兼ね合いも含め、ご自身の考えに沿った保険会社を選ばれるのが一番です。そのためには複数の保険会社をさまざまな角度から比較、検討する事をお勧めします。

当サイトでは、そういった比較・検討をするために自動車保険の一括見積をお勧めしています。

自動車保険を選ぶにあたって、どういった部分を重視しているかを選択できますし、必要であれば保険契約についてアドバイスを求めることも可能です。

お金の掛からない無料のサービスというところもポイントになります。見積りを取得したから契約しなければならないという事もありませんので、是非気軽に試してみて下さい

↓↓無料の一括見積はこちら↓↓

 

fairlady-z_z34_05NISSAN FAIRLADY Z[出典:https://www3.nissan.co.jp/]

ニッサン フェアレディZは、スポーツカー黄金時代を彷彿とさせる数少ない2シーターFRスポーツです。

基本設計の古さや先進安全装備の面で最新モデルに及ばないところはありますが、ことドライビングプレジャーにおいては今だ現役であり、正真正銘のスポーツカーであり続けています。

逆に今だからこそフェアレディZでしか味わえない、そんな価値がこの車にはある様に思います。

それでは、ニッサン フェアレディZの保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 フェアレディZでは先進の運転支援システムを非搭載。

 衝突被害軽減ブレーキ(AEB)も搭載されずASV割引は対象外。

 フェアレディZ全体としての型式別料率クラス評価は「標準」、保険料的には良くも悪くも「影響は小さい」。

保険料金を安くするには契約内容の見直しと複数社での見積もり比較が一番です。

ただ、その複数社の見積もり取得がとても手間が掛かって大変でした。そこで今はこちらのサービスを利用するようにしています。これまでの手間が嘘のように、簡単に一括で見積もり取得ができます。

平均3万円の節約実績もあり、一度に最大20社の見積もりが取得できて必要な入力も簡単に終わります。

実際わたしも安くすることができました。もちろん無料ですし、非常に効果的なのでお勧めです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社
タイトルとURLをコピーしました