スバル レガシィ アウトバック[BT5型]自動車保険料を見積り相場と目安。フラッグシップSUVが7年ぶりフルモデルチェンジ!デジタルコクピットとアイサイトX標準搭載!

outback_bt5_01

スバルのフラッグシップSUV「レガシィ アウトバック」が7年ぶりにフルモデルチェンジを実施。

海外ではすでに販売されていた新型アウトバックですが、2年遅れて日本市場に新型として導入されました。エンジンや装備など日本仕様に最適化されています。

今回はそんな6代目 SUBARU レガシィ アウトバック[BT5型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金の相場と目安を見ていきましょう。

SUBARU LEGACY OUTBACK[画像出典:https://www.subaru.jp/]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

outback_bt5_02SUBARU LEGACY OUTBACK[出典:https://www.subaru.jp/] 

レガシィのクロスオーバーモデルとして現在に至る、スバルのフラックシップSUVです。

レガシィはグローバルモデルとして大型化した影響で人気低迷した経緯があり、新型7代目については「アウトバック」のみが日本に導入されています(セダンは未導入)。

ワゴンはレヴォーグにその座を譲っていますが、アウトバックであれば日本市場でも立ち位置を確保できるとの判断でしょう。

さて、そんな新型アウトバックの外観はダイナミックでタフな印象です。大型グリルからヘッドライトへ続くソリッドなラインは力強くスバル然としたカッコよさがある。

全長4870mm×全幅1875mm×全高1675mm、ホイールベース2745mm。大きいといえば大きいが、SUVとしてみれば国内でも対応は可能なサイズです。最低地上高は213mmとオフロードを意識した作りになっています。

outback_bt5_03SUBARU LEGACY OUTBACK[出典:https://www.subaru.jp/]

二つのグレード(X-BREAK / Limited)によって、メッキやラスターブラック塗装など加飾の細かな違いがあり、明確な個性を持たせています。

インテリアについても同様で、X-BREAK EXはアクティブな使用を想定してダークグレーにグリーンステッチを施した撥水性ポリウレタンシートを標準装備。Limited EXではプレミアム感のあるレザーシート(タン×オレンジステッチ/ブラック×シルバーステッチ)をオプションで用意しています。

また大型センターインフォメーションディスプレイとフル液晶メーターを標準で搭載。フラッグシップに相応しい先進感のあるコクピットに仕上げています。

パワートレーンと駆動方式は、水平対向4気筒 1.8L直噴ターボ”DIT”エンジン(177ps/300Nm)×4WDのラインナップのみです。

outback_bt5_04SUBARU LEGACY OUTBACK[出典:https://www.subaru.jp/]

ダウンサイジングした1.8Lターボエンジンは、1600-3600rpmで最大トルクを発揮するので、低速域でも力強く扱いやすい設定です。レギュラーガソリン仕様であることも経済的にうれしいポイント。

ミッションもリニアトロニックCVTのみとなりますが、SI-DRIVEや8速マニュアルモードもあり操る楽しさは残されています。さらにX-MODE(ヒルディセントコントロール付)も搭載しており、悪路走破性も高い。

気になる燃費はWLTCモード13.0 km/Lと、同じユニットを積むレヴォーグよりも若干低い数値です。重量増加の影響と思われ、ここは仕方のないところでしょうか。

予防安全性能では、高度運転支援システム「アイサイトX」を全車標準装備。最も進化したアイサイトによって、安心・快適な安全運転をサポートしています。

outback_bt5_05SUBARU LEGACY OUTBACK[出典:https://www.subaru.jp/]

グレード概要価格
Limited EX1.8L直噴ターボ”DIT”
リニアトロニックCVT
AWD 
アイサイトX
4,290,000
X-BREAK EX4,147,000円

それでは保険料金のシミュレート見積もりをしていきましょう。今回見積もり条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ年齢年齢条件等級免許色
タイプ2020歳全年齢補償8グリーン
タイプ2121歳21歳以上補償9グリーン
タイプ2626歳26歳以上補償14ブルー
タイプ3030歳30歳以上補償18ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

outback_bt5_07SUBARU LEGACY OUTBACK[出典:https://www.subaru.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
スバル レガシィ アウトバック
Limited EX

見積タイプ車両保険なし車両保険あり
タイプ20
(全年齢補償)
54,410 円190,420 円
タイプ21
(21歳以上補償)
35,580 円122,440 円
タイプ26
(26歳以上補償)
18,740 円47,100 円
タイプ30
(30歳以上補償)
13,590 円30,830 円

※上記の保険料金は予想値を掲載しています。正確な値が判明次第更新予定。

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

スバル レガシィ アウトバックの保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

条件にあった一番安い自動車保険を見つけるにはどうすれば良いでしょう?

答えは、複数社の見積もり取得と比較・検討です。それがもっとも効果的で最短ルート!

でも一社ごと見積もりなんて、それこそ時間もかかるし気力・体力も削られて正直割に合いません。ですのでわたしは、こちらの一括見積もりサービスをお勧めしています。

初めて利用した方の実に63%が2万円以上! そして42%の方が3万円以上も!!保険料が安くなっています。

実際、わたしも更新のたび使用していますが実効性アリですよ!

是非試してみて下さい。

\ 無料の一括見積はこちら /
一括見積できる保険会社
aig最大20社

outback_bt5_06SUBARU LEGACY OUTBACK[出典:https://www.subaru.jp/]

それではスバル レガシィ アウトバックの保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 アイサイトX搭載

 ASV割引の適用

 エコカー割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の4つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

レガシィ アウトバックには運転支援システム「アイサイト」が全てのグレードに搭載されています。そして最も進化したアイサイト、高度運転支援システム「アイサイトX」が標準装備となっており、アシスト機能が向上しています。

アイサイトコアテクノロジーとして、高性能なプリクラッシュブレーキ(歩行者・自転車に対応)を全グレードで標準装備。

また、高速道路での長距離運転をサポートする、全車速追従機能付クルーズコントロール(アダプティブクルーズコントロール)、車線逸脱抑制(レーンキープアシスト)も全車に搭載しています。

アイサイトセーフティプラス(拡張機能)に該当する、「運転支援テクノロジー」および「視界拡張テクノロジー」も全車標準装備です。

そして「アイサイトX」により、さらに高度な運転支援システム「アイサイトX テクノロジー(渋滞時ハンズオフアシストや渋滞時発進アシスト、アクティブレーンチェンジアシスト等)」の6つの機能)が付加され、より安心で快適な安全運転をサポートします。

eyesightx_bt5_01

追突事故減少アイサイト追突事故減少[出典:https://www.subaru.jp/]

これにより、レガシィ アウトバックは「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」に該当しています。

アイサイトXの様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、型式別料率クラスへ高評価として反映されます。料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

前述のアイサイトには、衝突被害軽減ブレーキ(AEB)いわゆる自動ブレーキ機能も搭載されており、各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

ASV割引適用終了はその型式の自動車が発売された年度に「3年」を加算した年度の12月末日なので、レガシィ アウトバックの場合には2024年12月末迄であれば割引が受けられます。

ASV割引の適用

割引あり
2024年12月末まで
( 保険始期日 )

また、いずれ割引適用からは外れますがAEBを含めたアイサイトの事故予防効果は型式別料率クラスに十分反映されており、ASV割引適用が終了したからと言って必ずしも保険料金に不利という事でもありません。

レガシィ アウトバックは純粋なエンジンモデルであり、ハイブリッドモデルについても設定がありません。

したがって、一部保険会社にて設定のあるエコカー割引は適用対象外となります。

エコカー割引の適用

割引対象外
※適用対象モデルなし

スバル  レガシィ アウトバックについては、型式は1つのみになります(1車種1型式)。

型式ごとに料率クラスの評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2021年]

SUBARU レガシィ アウトバック 型式別料率クラス
車種型式対人対物傷害車両ASV割
レガシィ アウトバックBT5
7
7
7
10

※ASV割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ] ※2020年より料率クラスは17段階評価に変更されています。
※上記の料率クラスは予想値を掲載しています。正確な値が判明次第更新予定。

『ASV割』項目は型式別にASV割引の対象かどうかを表しています。レガシィ アウトバックに関しては衝突被害軽減ブレーキ(AEB)が全車搭載されていますので、前述の適用期間内であればASV割引が適用されます。

レガシィ アウトバック全体としての型式別料率クラス評価としては、「標準」に当てはまるかと思います。保険料金的には「影響は小さい」となります。

スバル レガシィ アウトバック 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★★☆☆
標準
( 保険料金への影響は小さい )

もちろん、車両金額や契約内容によっても実際の保険料金は変わってきます。

outback_bt5_08SUBARU LEGACY OUTBACK[出典:https://www.subaru.jp/]

新型レガシィ アウトバックは、フラッグシップSUVらしいプレミアム性と、機能性が魅力です。

スバルグローバルプラットフォーム × フルインナーフレーム構造ボディにより、剛性や静粛性も大幅に高められ、なによりアイサイトXの標準搭載はセールスポイントです。

アウトドアにもアーバンスタイルにもハマる内外装デザイン。ゆったりとした居住スペースやたっぷりの荷室など使い勝手も素晴らしい。

どこへでも行ける、どこでも様になる、素直に欲しいと思わせる1台となっています。

それでは、 レガシィ アウトバックの保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 レガシィ アウトバックには全車アイサイトを標準装備。事故率低下により自動車保険料にも有利。

 アイサイトX搭載車では、さらに高度に運転支援システムにより安全運転をサポート。

 衝突被害軽減ブレーキ(AEB)も全車装備されておりASV割引(一律9%OFF)の対象となる。

 型式は車種に対して1つのみ。レガシィ アウトバック全体としての型式別料率クラス評価は「標準」、保険料的には良くも悪くも「影響は小さい」。

自動車保険は複数社での見積もり比較がもっとも有効で安くできる方法です。

ただ実際にやってみると分かりますが、いろいろな条件で複数社の見積もりを取得するのは正直とても大変でした。

そこで私は、今ではこちらのサービスを利用するようにしています。簡易な入力はありますが、これまでの手間が嘘のように複数社の見積もりが一度で手軽に取得できます。

平均して3万円の節約実績もあり、実際わたしも安くすることができました!

もちろん無料ですし、非常に効果的なのでおすすめです。

\ いますぐ安い保険を見つける /
一括見積できる保険会社
aig最大20社
タイトルとURLをコピーしました