スバル レヴォーグ[VM型]自動車保険料の相場を知る!年齢別に最安料金シミュレート。

2019/09/03

levorg_1_s

スバル レガシィーツーリングワゴンの実質的な後継車となる『レヴォーグ』。

同社のVA型WRXとプラットフォームを共通とし、日本国内専用モデルとして開発されたツーリングワゴンです。

押しが強く、それでいて高級感のあるエクステリアデザイン。そして水平対向直噴ターボエンジン+フルタイム4WD(AWD)によるパワーと安定感のある質の高い走りが特徴です。上質なスポーツ性とワゴンボディを活かしたユーティリティ性とを高い次元で併せ持っており、それも人気の理由となっています。

今回はそんなSUBARU レヴォーグ[VM型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金をシミュレートしてみたいと思います。

SUBARU レヴォーグ[画像出典:https://www.subaru.jp/]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

スバル レヴォーグ は4代目(鷹の目)レガシィーツーリングワゴンの実質的な後継車種といえます。

北米輸出を意識して大きくなりすぎたレガシィーツーリングワゴンに代わり、その位置を担う国内専用モデルとして開発されており日本の道路事情に配慮したボディサイズが与えられています。

同社のWRX(VA系型式)とプラットフォームが共通となっており、その為デザインも含め多くの共通点や類似性があります。

搭載されているエンジンは1.6Lと2.0Lの2種類あり、どちらも直噴ターボエンジン仕様でトランスミッションは全車CVTが組み合わされています。ただ、CVTについては賛否両論で評価が分かれる結果となっています。

全てのモデルがAWDとなっている点もスバルらしいポイントで、これにより全天候型ツーリングカーとしての資質を大きく高めるとともにスバル車としての個性を形造っています。

アプライドD型からは「アイサイトツーリングアシスト」も導入され、より進化された運転支援機能を手に入れており、一層のドライバー疲労軽減とさらなる予防安全性に期待が持てます。

AWDを活かした全天候型高速ツアラーとして快適でかつスポーティな運転を楽しませてくれる日本を代表するツーリングワゴンであり、そのスタイリングの良さと、ワゴンのユーティリティの高さ、そしてスポーツを意識させる優れた走行性能という好バランスが人気を博しているポイントではないでしょうか。

levorge_vm_01SUBARU レヴォーグ[出典:https://www.goo-net.com/]

グレード 概要 価格
1.6GT EyeSight 1.6L CVT フルタイム4WD EyeSight 2,862,000
1.6GT EyeSight S-style 2,926,800
1.6GT-S EyeSight   3,078,000円
1.6STI Sport EyeSight
 3,564,000
2.0GT-S EyeSight 2.0L CVT フルタイム4WD EyeSight 3,618,000
2.0STI Sport EyeSight 4,050,000

それではスバルXVの保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 全車アイサイト搭載

 ASV割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の3つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

現在レヴォーグには全車・全グレードにスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」が搭載され、しかもより進化した「ツーリングアシスト」機能が標準となっています。アイサイトの様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、型式別料率クラスへ高評価として反映されます。料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

アイサイト追突事故減少[出典:https://www.subaru.jp/]追突事故減少

前述のアイサイトには、衝突被害軽減ブレーキ(AEB)いわゆる自動ブレーキ機能も搭載されており、各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

ただし、ASV割引適用終了はその型式の自動車が発売された年度に「3年」を加算した年度の12月末日になる為、残念ながらレヴォーグの場合にはASV割引は対象外となります。

しかしながら、AEBを含めたアイサイトの事故予防効果は型式別料率クラスに十分反映されており、割引適用がないからと言って必ずしも保険料金に不利という事でもありません。

ASV割引の適用

適用対象外

※型式販売より3年経過済み

スバル レヴォーグ[VM型]にはグレードに合わせ2つの型式が存在します。
それぞれの型式によって型式別料率クラスが評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2018年]

SUBARU レヴォーグ 型式別料率クラス
グレード 型式 対人 対物 障害 車両 AEB割
1.6GT EyeSight VM4
4
3 4
4
×
1.6GT EyeSight S-style
1.6GT-S EyeSight
1.6STI Sport EyeSight
2.0GT-S EyeSight VMG 3 2 4 5 ×
2.0STI Sport EyeSight

※AEB割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]

『AEB割』項目は衝突被害軽減ブレーキ(AEB)搭載によるASV割引の対象かどうかを表しています。レヴォーグに関しては全車搭載されていますが対象期間を経過しているのでASV割引は対象外です。

レヴォーグの全体としての型式別料率クラスの評価としては、「標準~良い」に当てはまるかと思います。保険料金的には「やや有利」といった感じではないでしょうか。

スバル レヴォーグ 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★★☆☆

標準~良い

対人・対物項目クラスについては、1.6Lエンジン搭載車よりも、2.0L搭載車の方が料率クラスとしては有利ですね。しかし車両項目クラスについては1.6L有利です。車両保険をセットするなら保険料金に対してのトータルでの影響はそれほど大きな違いはないでしょう。

もちろん、車両金額も異なりますし契約内容にもよっても実際の保険料金は変わってきます。

今回保険料金をシミュレートするにあたり、条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
対象グレード
スバル レヴォーグ 1.6STI Sport EyeSight
見積タイプ 年齢 年齢条件 等級 免許色
タイプ20 20歳 全年齢補償 8 グリーン
タイプ21 21歳 21歳以上補償 9 グリーン
タイプ26 26歳 26歳以上補償 11 ブルー
タイプ30 30歳 30歳以上補償 17 ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 家族限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

levorg_photo16_sSUBARU レヴォーグ[出典:https://www.subaru.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
スバル レヴォーグ 1.6STI Sport EyeSight
見積タイプ 車両保険なし 車両保険あり
タイプ20 58,690 円 183,380 円
タイプ21 39,800 円 127,120 円
タイプ26 19,000 円 48,080 円
タイプ30 14,900 円 31,510 円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

スバル レヴォーグの保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

また、自動車保険は費用面だけでなく、補償内容やサービスの充実度、事故対応力などとの兼ね合いも含め、ご自身の考えに沿った保険会社を選ばれるのが一番です。そのためには複数の保険会社をさまざまな角度から比較、検討する事をお勧めします。

当サイトでは、そういった比較・検討をするために自動車保険の一括見積をお勧めしています。

自動車保険を選ぶにあたって、どういった部分を重視しているかを選択できますし、必要であれば保険契約についてアドバイスを求めることも可能です。

お金の掛からない無料のサービスというところもポイントになります。きっと今よりもピッタリの保険を見つけられると思いますので是非試してみて下さい。

↓↓無料の一括見積はこちら↓↓

 

レヴォーグVM保険料1

スバルのフラッグシップカーであるレガシィーツーリングワゴン。その日本市場の後継車種であるレヴォーグは、上質なスポーツカーとしての一面も併せ持ったスタイリッシュなプレミアムなツーリングワゴンです。

ターボエンジンにフルタイム4WD(AWD)というスバル伝統のレイアウトによる全天候型の安定した走行性能は、アイサイトツーリングアシストをもってより高められた安全性と運転支援機能によって絶対的な安心感を与えてくれます。

車と共にどこまでも走っていたいと思わせる。そんな車がスバル レヴォーグなのではないでしょうか。

それでは、スバル レヴォーグの保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 レヴォーグには進化したアイサイトツーリングアシストが全車標準装備。事故率低下により自動車保険料にも有利。

 衝突被害軽減ブレーキ(AEB)も全車装備されているのが、ASV割引は対象外。

 レヴォーグには2つの型式がある。全体としての型式別料率クラスの評価は「標準~良い」。

 1.6Lと2.0Lの型式の違いによるトータルでの保険料金への影響はそこまで大きく違わない。

保険料金を安くするには契約内容を見直しと複数社での見積もり比較が一番です。

ただ、その複数社の見積もり取得がとても手間が掛かって大変でした。そこで今はこちらのサービスを利用するようにしています。これまでの手間が嘘のように、簡単に一括で見積もり取得ができます。

平均3万円の節約実績もあり、一度に最大20社の見積もりが取得できて必要な入力も簡単に終わります。

実際わたしも安くすることができました。もちろん無料ですし、非常に効果的なのでお勧めです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社

-保険料金の車種別相場