ダイハツ タフト(TAFT)[LA900S/910S型]自動車保険料を見積り相場と目安。スカイフィールトップの解放感が最高!DNGA第3弾の軽SUV。

taft_la9x0s_01

ダイハツ「タフト(TAFT)」は新プラットフォームDNGAの第3弾として遂に発売された、軽クロスオーバーSUVです。

スクエアでタフな印象のエクステリアはSUVとして明快で分かりやすく、そしてアクティブでオープンなイメージを前面に押し出しています。

特にスカイフィールトップはタフトの最大のセールスポイントになっています。

今回はそんなニューカマー、ダイハツ タフト[LA650S/660S型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金の相場と目安を調査してみたいと思います。

DAIHATSU TAFT[画像出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

taft_la9x0s_05DAIHATSU TAFT[出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

ダイハツの新世代プラットフォーム「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」の第3弾として発売されたニューモデル。それが軽クロスオーバーSUV「タフト(TAFT)」です。

実は「タフト」は1970~80年代に掛けてダイハツで販売されていた経緯があります(当時もSUV・クロカンとして販売)。そういう意味では、現代に軽SUVとして復活した2代目タフトと呼ぶのが正しいのかも知れません。

外観はスクエア基調で明快なSUVスタイルであり、ワイルドさを強調し力強い走りを予感させるデザインです。

室内空間はフロントをクルースペース、リアをフレキシブルスペースと捉えた「Backpack Style(バックパックスタイル)」という荷物を背負うイメージ発想で構築されています。

これによって、クルースペースではアクティブな爽快感を、フレキシブルスペースは人や荷物を乗せて様々に使いこなす場として工夫が施されています。

そのクルースペースでもっとも気分を盛り上げてくれるのは「スカイフィールトップ」で間違いありません。

taft_la9x0s_03DAIHATSU TAFT[出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

スカイフィールトップはフロント席上部が丸ごとグラスエリアとなってる全車標準装備のアイテムです。この解放感と爽快感は格別です。スーパーUV&IRカットガラス採用で紫外線や日差し熱の対策も考えらていますし、もちろん開閉できるシェードも用意されているので安心です。

フレキシブルスペースでは、リアシート背面やラゲッジ床などは防汚タイプの素材が使用されモノを選らばずに積み込みができます。特にリアシートを倒した際のドア内装やホイールハウスとの隙間の無さやフラット感、ここには大きなこだわりが感じられます。

パワートレーンは3気筒0.6Lエンジンのみです。ターボ(64ps/100Nm)とノンターボ(52ps/6.1Nm)があり、ミッションはCVTで全グレードで2WDと4WDがラインナップされます。

また、SUVとしての悪路走行もしっかり意識されており、最低地上高は19mm、アプローチアングル27°、ディパーチャアングル57°を確保し、走破性を高めるグリップサポート制御も用意されています。

安全面では、進化した予防安全機能「次世代スマートアシスト」を採用し、衝突回避支援ブレーキ(昼夜の歩行者も対応)を含む様々なアシスト機能によって安全をサポートしてくれます。

LEDヘッドライトや電動パーキングブレーキ(EPB)が全車標準搭載されているのも見逃せないポイントになります。

taft_la9x0s_04DAIHATSU TAFT[出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

グレード概要
価格
G ターボ0.66Lターボ D-CVT
次世代スマートアシスト

2WD1,606,000円
4WD1,732,500円
G0.66L CVT
次世代スマートアシスト
2WD1,485,000円
4WD1,611,500円
X2WD1,353,000円
4WD1,479,500円

taft_la9x0s_06DAIHATSU TAFT[出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

それではダイハツ タフトの保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 次世代スマートアシスト搭載

 ASV割引の適用

 エコカー割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の4つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

タフトでは先進技術でさらに進化したダイハツの予防安全機能「次世代スマートアシスト」を標準装備しています。

次世代スマートアシストでは、メーカーオプションも含めると実に17種類もの安全予防機能を搭載することができます。

高性能な衝突回避支援ブレーキ機能(昼夜の歩行者に対応)はもとより、長距離走行では今や必須となる、アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付)およびレーンキープコントロールも標準装備またはオプションとして用意されています(Gターボのみ標準搭載)。

さらにはスマートパノラマ パーキングアシスト(駐車支援システム)までもオプション搭載が可能です。

 

taft_la9x0s_smaasi01次世代スマートアシスト[出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

タフトはこれにより「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」に該当していると共に「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」でもあります。

次世代スマートアシストの様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、型式別料率クラスへ高評価として反映されます。料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

※2020年から軽自動車にも型式別料率クラス制度が導入されました。

タフトについては、ダイハツの進化した予防安全機能「次世代スマートアシスト」を全車で標準装備しています。

次世代スマートアシストには、「衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)」と呼ばれる、いわゆる自動ブレーキ機能(AEB)も搭載されており、各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

ASV割引適用期限はその型式の自動車が発売された年度に「3年」を加算した年度の12月末日なので、タフトの場合には保険開始日が2023年12月末迄であれば割引が受けられます。

ASV割引の適用

割引あり
※スマートアシスト装着車
2023年12月末まで
( 保険始期日 )

また、いずれ割引適用からは外れますが、AEBを含めた次世代スマートアシストの事故予防効果は型式別料率クラスに十分反映されており、ASV割引適用が終了したからと言って必ずしも保険料金に不利という事でもありません。

タフトは純粋なガソリンエンジンモデルであり、ハイブリッドモデルについては設定がありません。

したがって、一部保険会社にて設定のあるエコカー割引は適用対象外となります。

エコカー割引の適用

割引対象外
※適用対象モデルなし

ダイハツ タフト の型式については、駆動方式(2WD/4WD)の種別によって2つの型式が存在します。

また2020年より、軽自動車へも型式別料率クラス(車両料率クラス)制度が導入されました。型式ごとに料率クラスの評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2020年]

SUZUKI タフト 型式別料率クラス
モデル型式対人対物障害車両ASV割
タフト 4WDモデルLA910S
2222
タフト 2WDモデルLA900S
2222

※ASV割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]
※軽自動車の料率クラスは3段階評価

『ASV割』項目は型式別にASV割引の対象かどうかを表しています。タフトに関しては衝突被害軽減ブレーキ(AEB)が全車搭載されていますので、前述の適用期間内でASV割引が適用されます。

タフト全体としての型式別料率クラス評価としては、「標準」に当てはまるかと思います。保険料金的には「影響は小さい」となります。

ダイハツ タフト 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★☆
標準
( 保険料金への影響は小さい )

もちろん、車両金額や契約内容によっても実際の保険料金は変わってきます。

今回保険料金をシミュレートするにあたり、条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ年齢年齢条件等級免許色
タイプ2020歳全年齢補償8グリーン
タイプ2121歳21歳以上補償9グリーン
タイプ2626歳26歳以上補償14ブルー
タイプ3030歳30歳以上補償18ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

taft_la9x0s_07DAIHATSU TAFT[出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
ダイハツ タフト
G ターボ 2WD

見積タイプ車両保険なし車両保険あり
タイプ2049,570 円136,360 円
タイプ2132,310 円84,660 円
タイプ2617,100 円35,680 円
タイプ3012,600 円23,400 円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

ダイハツ タフトの保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

自動車保険は費用面だけでなく、補償内容やサービスの充実度、事故対応力などとの兼ね合いも含め、ご自身の考えに沿った保険会社を選ばれるのが一番です。

そのためには複数の保険会社をさまざまな角度から比較、検討する事をお勧めします。

当サイトでは、手軽にそういった比較・検討をするために自動車保険の一括見積をお勧めしています。お金の掛からない無料のサービスというところもポイントになります。

見積りを取得したから契約しなければならないという事もありませんので、是非気軽に試してみて下さい。

私も更新のたび使用していますが実効性ありです。

↓↓無料の一括見積はこちら↓↓

 

taft_la9x0s_02DAIHATSU TAFT[出典:https://www.daihatsu.co.jp/]

満を持して発売されたダイハツ タフト。

DNGAによる新プラットフォームを採用した初の軽クロスオーバーSUVとしても注目です。

スカイフィールトップによる個性は強烈で、軽SUVとして新たな可能性を示すと共に、他モデルとの差別化に大いに貢献しています。

予防安全や運転支援機能にもしっかり対応し、楽しさ爽快さもプラスしたタフトは大変魅力的なSUVです。

それでは、ダイハツ タフトの保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 タフトはさらに進化した予防安全機能「次世代スマートアシスト」を全車標準装備。

 次世代スマートアシスト装着車にはAEBが搭載され、ASV割引(一律9%OFF)の対象となる。

 型式は車種に対して2つ。タフト全体としての型式別料率クラス評価は「標準」、保険料的には良くも悪くも「影響は小さい」。

保険料金を安くするには契約内容の見直しと複数社での見積もり比較が一番です。

ただ、その複数社の見積もり取得がとても手間が掛かって大変でした。そこで今はこちらのサービスを利用するようにしています。これまでの手間が嘘のように、最大20社の見積もりが一度で手軽に取得できます。

平均3万円の節約実績もあり、実際わたしも安くすることができました。

入力も簡単でもちろん無料ですし、非常に効果的なのでお勧めです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社
タイトルとURLをコピーしました