ホンダ インサイト[ZE4型]自動車保険料を見積り相場と目安。HONDAハイブリッドの先駆者、プレミアムセダンとして再登場!

insight_ze4_01

ホンダ「インサイト」はホンダにおける初のハイブリッドカーとしてネームバリューがあります。

当初は乗車員2名の2ドアクーペとして登場したインサイトも、現行最新の3世代目ではプレミアムなミドルサイズセダンへと姿とコンセプトを変えています。

しかし、ハイブリッド専用車であることにおいては変更なく継承しており、またそれが「インサイト」たらしめている要素です。

今回はそんなホンダ インサイト[ZE4型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金の相場と傾向を調べてみたいと思います。

HONDA INSIGHT[画像出典:https://www.honda.co.jp/]

利用者の63%が2万円以上も安くなっています!!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

初めて利用した方の実に63%が2万円以上! そして42%の方が3万円以上も!!保険料が安くなっています。

安い自動車保険を探すなら、こちらの見積もりサービスがお勧めです。

\ 無料の一括見積はこちら /
 


insight_ze4_02HONDA INSIGHT[出典:https://www.honda.co.jp/]

インサイト現行モデルは2018年にプレミアムハイブリッド4ドアセダンとして登場しました。

これまでのイメージをガラリと変えており、車名こそ同じ「インサイト」であっても歴代とは全く異なる車であると言っていいでしょう。

ファストバックスタイルの流麗なフォルムを持ち、スポーティな印象も与えるエクステリアは上質でありながらフロントフェイスなどはHONDAアイデンティティを分り易く表現しています。

内装も落ち着きのある上質さを持ち、上級指向のセダンとしてふさわしい造りになっています。

新型もハイブリッド専用モデルであり、それこそが「インサイト」として唯一継承している点と言えるかも知れません。

ハイブリッド車である事とその機構を除けばインサイトはオーソドックスなセダンであり、際立った特徴がある訳ではありませんが真面目なハイブリッドセダンとしてしっかりと造り込まれています。

駆動方式がFFである事もあってキャビンは十分に広く快適です。リチウムイオンバッテリーを後席下に格納する工夫もありトランクスペースも十分に確保、ゴルフバッグ4つを格納できる大容量を実現しています。

insight_ze4_04HONDA INSIGHT [出典:https://www.honda.co.jp/]

採用するハイブリッドシステムは、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」。エンジンには1.5L DOHC i-VTECを搭載します。

発電用と駆動用の2つのモーターを駆使し、シーンやシチュエーションに合わせてモーター走行とエンジン走行をを使い分ける知能的で効率的なハイブリッドシステムです。

また、ドライバーは任意に4つの走行モード「NORMAL」「SPORT」「ECON」「EV」をスイッチで選択することもできます。

そのほか、アクセルには踏み込んだ際にクリック感を伴う「クリックポイント」があり、このポイントを境を超えて踏み込むことでスポーティで力強い加速を得られる「ダイナミック走行」領域に入ることができる。

アクセルオフ時の減速度を3段階に変更可能な「減速セレクター」といった機能も搭載していて面白い。

この様にスポーティな走りを楽しむ事が考慮されている点も、この新型インサイトの魅力の一つです。

安全性能についても、全てのグレードに先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備。衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉はもとより、その他の様々な運転支援機能によりドライバーの大幅な運転疲労軽減も期待できます。

この様に現在のインサイトは、上質なスポーティハイブリッドセダンというカテゴリに位置しており、歴代とはコンセプトが大きく異なったモデルとなっています。

insight_ze4_03HONDA INSIGHT[出典:https://www.honda.co.jp/]

グレード概要
価格(税込)
LX1.5L DOHC
i-VTEC
i-MMD
電気式無段変速機
Honda SENSING
2WD
(FF)
3,322,000円
EX
3,564,000円
EX・BLACK STYLE3,696,000円

insight_ze4_05HONDA INSIGHT[出典:https://www.honda.co.jp/]

それではホンダ インサイトの保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 Honda SENSING搭載

 ASV割引の適用

 エコカー割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の4つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

ホンダには「Honda SENSING(ホンダ センシング)」と呼ばれる安全運転支援システムが存在します。「ミリ波レーダー」と「単眼カメラ」を使用した、予防安全の向上やドライバーの運転支援をしてくれるシステムです。

インサイトではこの「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全車標準搭載しています。

衝突被害軽減ブレーキ(CBCS)はもとより、高速道路での長距離運転をサポートする、渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)や車線維持支援システム(LKAS)も全車に装備しています。

honda_sensing_insight_ze4Honda SENSING[出典:https://www.honda.co.jp/]

これらによりインサイトは「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」に該当していると共に、日本の2018年度安全性評価プログラムJNCAPにおいて「予防安全性能評価ASV+++賞」を獲得おり、高い予防安全性能が評価されています。

様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、型式別料率クラスへ高評価として反映されます。

料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

前述の「Honda SENSING(ホンダ センシング)搭載車には、CMBS(Collision Mitigation Brake System)と呼ばれる機能が装備されています。

これはホンダで言うところの自動ブレーキ機能、いわゆる衝突被害軽減ブレーキ(AEB)です。これによって各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

ASV割引適用終了はその型式の自動車が発売された年度に「3年」を加算した年度の12月末日なので、インサイトの場合には保険開始日が2021年12月迄であれば割引が受けられます。

ASV割引の適用

割引あり
2021年12月末まで
( 保険始期日 )

また、いずれ割引適用からは外れますが、AEBを含めたHonda SENSINGの事故予防効果は型式別料率クラスに十分反映されており、ASV割引適用が終了したからと言って必ずしも保険料金に不利という事でもありません。

インサイトは全てのモデルがハイブリッドカーであり、一部保険会社にてエコカー割引が適用になります。

エコカー割引を受ける保険会社によっても変わってきますが「新車購入の場合で多くは2年程、最長で4年間」割引きを受ける事ができます。

割引率は3%~5%、または一律1000円引き程度となっている事が多いです。

エコカー割引の適用

割引あり
( 割引適用条件は保険会社により異なる )

ホンダ インサイト については、型式は1つのみになります(1車種1型式)。

型式ごとに料率クラスの評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2020年]

HONDA インサイト 型式別料率クラス
車種型式対人対物傷害車両ASV割
インサイトZE47777

※ASV割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]
※2020年より料率クラスは17段階評価に変更されています

『ASV割』項目は型式別にASV割引の対象かどうかを表しています。インサイトに関しては衝突被害軽減ブレーキ(AEB)が全車搭載されていますので、前述の適用期間内であればASV割引が適用されます。

インサイト全体としての型式別料率クラス評価としては、「標準」に当てはまるかと思います。保険料金的には「影響は小さい」となります。

ホンダ インサイト 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★★☆☆
標準
( 保険料金への影響は小さい )

もちろん、車両金額や契約内容によっても実際の保険料金は変わってきます。

それでは保険料金のシミュレート見積もりをしていきましょう。今回見積もり条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ年齢年齢条件等級免許色
タイプ2020歳全年齢補償8グリーン
タイプ2121歳21歳以上補償9グリーン
タイプ2626歳26歳以上補償14ブルー
タイプ3030歳30歳以上補償18ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

insight_ze4_06HONDA INSIGHT[出典:https://www.honda.co.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
HONDA インサイトEX・BLACK STYLE
見積タイプ車両保険なし車両保険あり
タイプ2054,510 円148,800 円
タイプ2135,270 円116,010 円
タイプ2617,740 円43,420 円
タイプ3013,640 円30,050 円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

ホンダ インサイトの保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

条件にあった一番安い自動車保険を見つけるにはどうすれば良いでしょう?

答えは、複数社の見積もり取得と比較・検討です。それがもっとも効果的で最短ルート!

でも一社ごと見積もりなんて、それこそ時間もかかるし気力・体力も削られて正直割に合いません。

ですのでわたしは、保険料が安くなると評判のこちらの一括見積もりサービスをお勧めしています。実際、わたしも更新のたび使用していますが実効性アリですよ!

↓↓無料の一括見積はこちら↓↓

一回の入力で複数社見積もりがラクラク取得可能です。是非気軽に試してみて下さい。

insight_ze4_07HONDA INSIGHT[出典:https://www.honda.co.jp/]

昨今、ハイブリッド車は珍しいものではなく、当たり前の存在になりました。

ハイブリッド車が少なかった頃の様に、ハイブリッド車である事そのものが絶対的なセールスポイントとは成りずらい環境になっています。

そんな中、3代目ホンダ インサイトのコンセプトチェンジは当然の事なのかも知れません。今後、ホンダのミドルクラスハイブリッドセダンとして確固たる地位を確立していくのか注目です。

それでは、ホンダ インサイト の保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 インサイトでは安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準搭載。事故率低下により自動車保険料にも有利。

 「Honda SENSING」により衝突被害軽減ブレーキ(AEB)も装備されておりASV割引(一律9%OFF)の対象となる。

 全車ハイブリッドモデルであり、保険会社によってエコカー割引の適用が可能。

 型式は車種に対して1つのみ。インサイト全体としての型式別料率クラス評価は「標準」、保険料的には良くも悪くも「影響は小さい」。

自動車保険は複数社での見積もり比較がもっとも有効で安くできる方法です。

ただやってみると分かりますが、いろいろな条件で複数社の見積もりを取得するのは正直とても大変でした。

そこで今ではこちらのサービスを利用するようにしています。簡易な入力はありますが、これまでの手間が嘘のように複数社の見積もりが一度で手軽に取得できます。

平均して3万円の節約実績もあり、実際わたしも安くすることができました!

もちろん無料ですし非常に効果的なのでおすすめです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社
タイトルとURLをコピーしました