スズキ ハスラー[MR52S/92S型]自動車保険料を見積り相場と目安。SUZUKIの軽SUV!2代目は力強さをプラスしたスクエアデザイン。

2020/02/29

hustler_mr52s_01

スズキ ハスラーの2代目となる新型ハスラーがついに登場しました。

ハスラーといえば、軽自動車SUVの先駆者であり、ツートンカラーの都会的な洒落スタイリングとポップなデザインで男女ともに人気を得た車種です。

この人気の軽SUVがフルモデルチェンジでどのように進化したのかとても気になるところですね。

今回はそんなスズキ ハスラー[MR52S/92S型]について、年齢別・条件別に自動車保険料金の相場と目安を調査してみたいと思います。

SUZUKI HUSTLER[画像出典:https://www.suzuki.co.jp/]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

満を持して登場した2代目ハスラー。

新型となったハスラーですが基本的にはキーコンセプトであり、エクステリアデザインのテイストも大きくは異なっていません。丸目風のヘッドライトも継続して採用しており、パッと見てハスラーと分かるデザインとなっています。

hustler_mr52s_06SUZUKI HUSTLER[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

しかしながら、本格SUV側に一歩踏み込んだタフさを感じさせるアレンジが加えられ、先代よりも角ばった力強い印象の外観へと変化しています。

Cピラーにはリアクォーターウインドウが追加されていて、そこがもっともデザイン上の変化を感じられる点かも知れません。

全長・全幅のサイズは軽自動車枠いっぱいで先代と変わりありませんが、全高が30㎜、ホイールベースが35mm拡大され、拡大された分はキャビンの居住性改善に充てられています。

hustler_mr52s_04SUZUKI HUSTLER[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

内装はデザインが変更され3つのカラーフレームを基調としたダッシュボードが印象的です。サイドパネルやフロントシートのカラーパイピング等によりポップでお洒落なイメージを踏襲しつつ質感も向上しています。

センターコンソールの大きな出っ張りがなくなり、助手席側の膝周りに余裕ができたのも地味ながら歓迎すべき改善点です。

フロントシートはベンチシートから一般的なものに変更され、左右座席の間にバッグやドリンクを収納できるスペースが設けられました。後席のスライド&リクライニング機能やラゲッジアンダーボックスといった仕組みや、その他さまざまな小物入れもしっかり確保しています。

hustler_mr52s_03SUZUKI HUSTLER[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

グレード構成は引き続きターボとNA(ノンターボ)モデルがラインナップされ、それぞれ2WDと4WD仕様が用意されています。そしてそのすべてがISG(モーター機能付発電機)を搭載したマイルドハイブリッド車でもあります。

搭載されるパワートレーンは、3気筒0.6Lエンジンとモーター。当然ターボモデル方がパワフルなエンジンとなっていますが、モーターについてもターボモデルに搭載される方が高出力のものになっています。

hustler_mr52s_05SUZUKI HUSTLER[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

SUVとして必要な最低地上高も変わらず180mmを確保し、アプローチアングル/ディパーチャーアングルについては29°/50°と先代型を上回ります。

安全面では「スズキ セーフティ サポート」が標準装備されています(セーフティサポート非装着車も選択は可能)。

そしてスズキの軽自動車で初めてアダプティブクルーズコントロール(AAC)が導入されました。また、デュアルカメラブレーキサポートは夜間歩行者対応と性能が向上し、後退時ブレーキサポートも追加されています。

hustler_mr52s_07SUZUKI HUSTLER[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

グレード概要
価格
HYBRID Xターボ0.66Lターボ+ISG
CVT
セーフティサポート
2WD1,612,600円
4WD1,746,800円
HYBRID Xターボ
2トーンルーフ
2WD1,656,600円
4WD1,790,800円
HYBRID Gターボ2WD1,459,700円
4WD1,593,900円
HYBRID Gターボ
2トーンルーフ
2WD1,503,700円
4WD1,637,900円
HYBRID X0.66L+ISG
CVT
セーフティサポート

2WD1,518,000円
4WD1,652,200円
HYBRID X 2トーンルーフ2WD1,562,000円
4WD1,696,200円
HYBRID G
2WD
1,365,100円
4WD
1,449,300円
HYBRID G 2トーンルーフ
2WD
1,409,100円
4WD
1,543,300円
HYBRID G セーフティサポート非装着車 0.66L+ISG
CVT
2WD1,280,400円
4WD1,414,600円
HYBRID G セーフティサポート非装着車
2トーンルーフ
2WD1,324,400円
4WD1,458,600円

それではスズキ ハスラーの保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 セーフティ サポート搭載

 ASV割引の適用

 エコカー割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の4つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

スズキには評価の高い運転支援システム「スズキ セーフティ サポート」があります。ハスラーでは一部グレード(セーフティサポート非装着車)を除きセーフティサポートを標準装備しています。

セーフティサポートには、高性能なデュアルカメラブレーキサポート(夜間歩行者対応)と後退時ブレーキサポートが標準機能として含まれます。

またターボモデルに限られますが、高速道路での長距離運転をサポートするアダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付)と車線逸脱抑制機能がスズキ軽自動車で初めて導入されています。

hustler_mr52s_safty01

hustler_mr52s_08SUZKUKI Safty Support[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

ハスラーはこれにより「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」に該当しています。

セーフティサポートの様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、型式別料率クラスへ高評価として反映されます。料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

※2020年から軽自動車にも型式別料率クラス制度が導入されました。

前述のセーフティサポートには、衝突被害軽減ブレーキ(AEB)いわゆる自動ブレーキ機能も搭載されており、各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

ハスラーについては、一部グレード(セーフティサポート非装着車)を除くセーフティサポート装着車に限って適用される事になります。

ASV割引適用期限はその型式の自動車が発売された年度に「3年」を加算した年度の12月末日なので、ハスラーの場合には保険開始日が2022年12月末迄であれば割引が受けられます。

ASV割引の適用

割引あり
※セーフティサポート装着車
2022年12月末まで
( 保険始期日 )

また、いずれ割引適用からは外れますが、AEBを含めたセーフティサポートの事故予防効果は型式別料率クラスに十分反映されており、ASV割引適用が終了したからと言って必ずしも保険料金に不利という事でもありません。

ハスラーは全てのモデルがハイブリッドカーであり、一部保険会社にてエコカー割引が適用になります。

エコカー割引を受ける保険会社によっても変わってきますが「新車購入の場合で多くは2年程、最長で4年間」割引きを受ける事ができます。

割引率は3%~5%、または一律1000円引き程度となっている事が多いです。

エコカー割引の適用

割引あり
( 割引適用条件は保険会社により異なる )

スズキ ハスラーの型式は、搭載エンジン(ターボまたはノンターボ)の違いによって2つの型式に分かれています。

また2020年より、軽自動車へも型式別料率クラス(車両料率クラス)制度が導入されました。型式ごとに料率クラスの評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2020年]

SUZUKI ハスラー 型式別料率クラス
グレード型式対人対物傷害車両ASV割
ターボ系MR52S
2222
NA(ノンターボ)系
MR92S2222

※ASV割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]
※軽自動車の料率クラスは3段階評価

『ASV割』項目は型式別にASV割引の対象かどうかを表しています。ハスラーに関してはセーフティサポート装着車であれば、前述の適用期間内でASV割引が適用されます。

スズキ ハスラー全体としての型式別料率クラス評価としては、「標準」に当てはまるかと思います。保険料金的には「影響は小さい」となります。

スズキ ハスラー 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★☆
標準
( 保険料金への影響は小さい )

もちろん、車両金額や契約内容によっても実際の保険料金は変わってきます。

今回保険料金をシミュレートするにあたり、条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ年齢年齢条件等級免許色
タイプ2020歳全年齢補償8グリーン
タイプ2121歳21歳以上補償9グリーン
タイプ2626歳26歳以上補償14ブルー
タイプ3030歳30歳以上補償18ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

hustler_mr52s_10SUZUKI HUSTLER[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
[ 年間保険料 ]
スズキ ハスラー
HYBRID Xターボ 2トーンルーフ 4WD

見積タイプ車両保険なし車両保険あり
タイプ2048,580 円135,780 円
タイプ2132,700 円 89,510 円
タイプ2616,210 円35,720 円
タイプ3012,670 円24,210 円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

スズキ ハスラーの保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

また、自動車保険は費用面だけでなく、補償内容やサービスの充実度、事故対応力などとの兼ね合いも含め、ご自身の考えに沿った保険会社を選ばれるのが一番です。そのためには複数の保険会社をさまざまな角度から比較、検討する事をお勧めします。

当サイトでは、そういった比較・検討をするために自動車保険の一括見積をお勧めしています。

自動車保険を選ぶにあたって、どういった部分を重視しているかを選択できますし、必要であれば保険契約についてアドバイスを求めることも可能です。

お金の掛からない無料のサービスというところもポイントになります。見積りを取得したから契約しなければならないという事もありませんので、是非気軽に試してみて下さい

↓↓無料の一括見積はこちら↓↓

 

hustler_mr52s_09SUZUKI HUSTLER[出典:https://www.suzuki.co.jp/]

全てにおいて洗練進化した2代目ハスラーは、軽SUVとしてますます磨かれその存在感は増すばかりです。

雰囲気だけのSUVも多い中で、軽自動車でありながら走破性にも気を配り、しっかりSUVとして作りこまれているところがハスラーの美点かと思います。

軽自動車SUVだからこそ気軽にどこへでも行ける優位性は健在です。

それでは、スズキ ハスラーの保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 ハスラーは運転支援システム「セーフティサポート」を一部グレードを除き標準装備。

 「セーフティサポート」により衝突被害軽減ブレーキ(AEB)も装備されておりASV割引(一律9%OFF)の対象となる。

 全車ハイブリッドモデルであり、一部保険会社ではエコカー割引を適用可能。

 型式は車種に対して2つ。ハスラー全体としての型式別料率クラス評価は「標準」、保険料的には良くも悪くも「影響は小さい」。

保険料金を安くするには契約内容の見直しと複数社での見積もり比較が一番です。

ただ、その複数社の見積もり取得がとても手間が掛かって大変でした。そこで今はこちらのサービスを利用するようにしています。これまでの手間が嘘のように、簡単に一括で見積もり取得ができます。

平均3万円の節約実績もあり、一度に最大20社の見積もりが取得できて必要な入力も簡単に終わります。

実際わたしも安くすることができました。もちろん無料ですし、非常に効果的なのでお勧めです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社

-KCAR, SUV, SUZUKI