ダイレクト型自動車保険で効果的に保険料金を節約する。

2017/08/28

自動車保険には、大きく分けて代理店型とダイレクト型の2つのタイプの自動車保険があります。

代理店型は昔ながらのやり方で、保険代理店や自動車を購入したディーラーを経由して保険契約するものです。それに対してダイレクト型は通販型とも呼ばれ、インターネットや電話・郵送によって保険会社と直接契約するスタイルの自動車保険です。

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

ダイレクト型自動車保険1

一般的に、代理店型からダイレクト型自動車保険に乗り換えることによって保険料は安くなる傾向にあります。
現在、代理店型の自動車保険に加入されている方であれば、ダイレクト型へ変更するだけでかなりの費用を節約できる可能性があります。

では、なぜそんなに安くなるのでしょうか?
それは物販などでの、実店舗とネットショップの関係によく似ています。

ネットショップ同様に、ダイレクト型自動車保険もほぼインターネットを基本としています、これにより直接顧客と契約することで代理店手数料などの中間マージンが掛からなくなります。
また、システム化によって実店舗費用、人件費、管理費等も抑えることができます。運用費を抑える事ができるため、そのぶん代理店型よりも安い料金で保険を提供できているのです。

補償内容やサービス、サポート体制も充実しており、決して、安かろう悪かろういう訳ではありません。

とはいえ、やはり代理店型とダイレクト型は全く同じではなく、やはり違いもあります。
主にどの様な違いがあるかを順に見ていきましょう。

保険契約時には契約する保険会社の選択や、どの様な補償内容にするか、それにプラスして特約を追加するかしないか等、いろいろと選択をせまられることになります。

◎代理店型の場合
担当者と対面で相談しながら、必要な補償内容、特約を決めていくことができます。
自動車保険に詳しい方ばかりではないため、プロの意見、提案を参考にしながら、時には質問しながら保険契約を進めることができます。また、手続きに関してもほぼお任せする事ができます。半面、代理店側の言われるがまま契約するとムダに高かったり、代理店によって取扱いできる保険会社が制限される場合がある様です。

◎ダイレクト型の場合
基本的には自身で保険会社のインターネットサイトから選択式に補償内容や特約を決定していきWEBサイト上で契約をします。
補償内容、特約やサービス、不明点についてはサイト上に詳しく掲載されているのでそちらを参考にしながら、どうしても分からない部分はメールや電話で質問する事になります。
それなりに手間は掛かりますが、保険会社の選択に制限がなく、様々な保険会社サイトから気軽に見積もりを取得して比較検討ができます。

サポート体制としては、契約時サポートと共に大きな違いとしてはこちらの事故時サポートがあると思います。実際に事故発生時の対応としてはどの様な違いがあるでしょうか。

◎代理店型の場合
事故時の対応は、代理店担当者を通して行います。身近な担当者につど相談や、今後の対応や状況について親身に説明して貰えたり、各手続きについても全てお任せできるため、精神的にも安心感が大きい部分があります。

◎ダイレクト型の場合
事故時の対応は、主に電話を通して保険会社サポート担当と直接やりとりします。自身で動かなくてはならない部分はありますが保険会社の方でもしっかりサポート体制ができていますので基本的に困ることはないでしょう。ダイレクト型であっても、事故時の訪問相談や現場へのスタッフ急行サービスがあったりサポートサービスも充実しているので安心です。

こちらも大きく異なります。今回のテーマからは外すわけにはいきません。

◎代理店型の場合
保険料金はダイレクト型に比べて保険料金は高い傾向にあります。

◎ダイレクト型の場合
保険料金は代理店型に比べて安くなる傾向にあります。保険会社によってはかなり安くなる場合も多いです。

以上、いくつかの違いを見てきましたが、これらのことから、代理店型とダイレクト型の大きな違いはやはり、身近な担当者の存在と保険料金にあるといえます。
補償内容やサービスについては、どちらも遜色ないと考えて問題ないでしょう。

自動車保険の保険料を節約したい、費用を抑えたい、とお考えの方で、いま現在、保険代理店や自動車ディーラー経由で自動車保険を契約しているのであれば、これを機にダイレクト型自動車保険への切り替えをお勧めします。

ダイレクト型に切り替えただけで、年間に数万円もの保険料を節約できる可能性があります。
まずはダイレクト型保険の見積もりだけでも取得して現在の保険費用と比較されてみてはいかがでしょうか。

ただ、ダイレクト型であっても各保険会社によって保険料金は違ってきますので、なるべく多くの会社で見積もりを取って比較検討してみると良いでしょう。

今回、自動車保険の代理店型とダイレクト型の違いや、ダイレクト型へ切り替える事によって保険費用を節約できることを紹介してきました。いろいろと書きましたが、簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 代理店型からダイレクト型保自動車保険に切り替えることで大幅に保険費用を節約できる。

 ダイレクト型であっても複数社より見積もりを取得して比較検討をしましょう。

自動車保険は費用面だけでなく、補償内容やサービスの充実度、事故対応力などとの兼ね合いも含め、ご自身の考えに沿った保険会社を選ばれるのが一番です。そのためには複数の保険会社をさまざまな角度から比較、検討する事をお勧めします。

保険料金を安くするには契約内容を見直しと複数社での見積もり比較が一番です。

ただ、その複数社の見積もり取得がとても手間が掛かって大変でした。そこで今はこちらのサービスを利用するようにしています。これまでの手間が嘘のように、簡単に一括で見積もり取得ができます。

平均3万円の節約実績もあり、一度に最大20社の見積もりが取得できて必要な入力も簡単に終わります。

実際わたしも安くすることができました。もちろん無料ですし、非常に効果的なのでお勧めです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社

-自動車保険を節約したい