不利になった自動車保険のデメリット等級はリセットできるの?

2018/02/11

デメリット等級リセット1

自動車保険のノンフリート等級は事故によってどんどん下がっていきます。

保険等級が下がりすぎると保険料金もかなり割増しになり、それどころか保険会社からも加入を拒まれる場合すらあります。

もし、等級がそんなに下がってしまったら、こう思うハズです。

「等級をリセットしたい!」

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

結論から言えば、自動車保険の低く不利になった等級はリセットできます!

とはいえ、それはやはり簡単にはいきません。

正当な方法としてはこちらになります。

保険等級のリセット方法

・保険満期日から13ヶ月を保険無しで経過する事

具体的には既存の保険契約を解約して、その保険の満了日から13ヶ月を超えて自動車保険を全くの未契約で経過する事で既存保険の等級はリセットされる事になります。
※保険解約日からではない事に注意。

いわゆるデメリット等級(ノンフリート1〜5等級)をリセットする為とはいえ、これはなかなか敷居が高いです。長期間保険無しで運転するのはかなりのリスクと言えます。

デメリット等級リセット2

他に方法は無いのでしょうか?
幾つか考えられるやり方を検証してみましょう。

デメリット等級リセット4

契約する保険会社を変えてみたらどうでしょうか?

保険会社間ではノンフリート等級制度を運営する上で「ノンフリート等級情報交換制度」と言うものが存在します。これによって保険会社間でも等級情報が共有されているので、例え保険会社を変えても前契約の情報交換によって等級は引き継がれます。

従って等級のリセットはできません。

では、保険契約名義を変えてみたらどうでしょうか?

同居の家族親族に名義(契約者や記名被保険者)を変更してもデメリット等級は家族に引き継がれてしまうので意味がありません。一時的にリセットした状態で契約できる場合もありますが、2ヶ月後くらいに保険会社から連絡が来て等級の訂正及びその分の追加料金を請求されてしまいます。やめておいたほうが良いでしょう。

出来るとすれば別居の親族か他人(友人・知人)に名義を変更する事です。これであれば名義変更先にデメリット等級は引き継がれません。ですがこの場合は記名被保険者(その車のメインの使用者)として車を運転する事は出来なくなります。

契約者と記名被保険者の関係は、同居の家族親族である必要が条件としてあるので、そもそも申請が通りません。

仮にその状態で「実質の記名保険者」として車をメイン使用していた場合は虚偽申告となってしまい、事故時に補償が受けられなかったり、悪ければ契約解除されてしまいます。

それどころか、ブラックリストに載り今後各社から契約拒否されてしまう事さえ考えられます。無茶は止めておきましょう。

結局のところ、保険名義を変更しても思っている様な等級のリセットはできないという事になります。

自動車保険は基本的に車に掛けるものなので、その車両自体を別のモノに変えてみたらどうでしょうか?

しかし、残念ながらこれもデメリット等級については引き継がれてしまいます。

ただし、新規に車両を追加した場合については、別契約となるのでこの限りではありません。

それでは新規に車を追加して2台分契約しておき、暫くしてからデメリット等級の契約を解約すればリセットできるのでは?と考えるかも知れませんが、それも保険会社の調査が入るのでまず無理だと思った方が良いでしょう。

結局のところ、正攻法での等級リセット方法しかないと考えてよいかと思います。

デメリット等級リセット3

等級1〜5のデメリット等級はできればリセットしてしまいたいものです。しかし一足飛びにデメリット等級をリセットすることは難しいことが分かりました。

そもそも保険ではリスクが高い人はより高い保険料金を支払うとい事は基本としてあります。それによって保険料金の公平性が保たれているのですから保険会社もおいそれとデメリット等級逃れを見逃しません。

デメリット等級のリセットはそれ自体が保険料金支払いの公平性からは逸脱した事でもあります。やはりここは正攻法でリセットするか、安い自動車保険に乗換えて事故を起こさずに地道に等級を上げていくのが一番かと思います。

それでは、自動車保険の等級リセットを簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 例えデメリット等級でもリセットする事は可能。

 現在契約している保険の満期日から13ヶ月を保険無しで経過する事でリセットできる。

 その他のリセットの方法は、保険会社が認めていなかったり余計な費用が掛かったりするのでお勧めできない。

 デメリット等級リセットを試行錯誤するより、安い保険に乗り換えて地道に等級を改善する方が無難。

 

保険料金を安くするには契約内容を見直しと複数社での見積もり比較が一番です。

ただ、その複数社の見積もり取得がとても手間が掛かって大変でした。そこで今はこちらのサービスを利用するようにしています。これまでの手間が嘘のように、簡単に一括で見積もり取得ができます。

平均3万円の節約実績もあり、一度に最大20社の見積もりが取得できて必要な入力も簡単に終わります。

実際わたしも安くすることができました。もちろん無料ですし、非常に効果的なのでお勧めです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社

-自動車保険の節約Q&A, 自動車保険を節約したい