自動車保険の途中でゴールド免許を取得・失効したら割引はどうなる?

2017/08/07

契約期間の途中でゴールド免許1

自動車保険契約においてゴールド免許所持者は保険料金の割引を受けることができます。
以前に「ゴールド免許割引って思っていたよりも節約効果が高い!?」でも詳しくお話していますが保険料金の数%~最大20%が割引になります。

保険契約時にゴールド免許を所持していれば問題なく割引適用になりますが、では、保険契約途中にゴールド免許を取得した場合、逆に途中で失効してしまった場合の扱いはどうなるのでしょうか?

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

結論から言えば、保険契約期間の途中でゴールド免許を取得した場合、契約途中からの割引は受けることができません。

これは保険契約、もしくは契約更新の時点での運転免許の色で判断される為です。したがって期間途中にゴールド免許になった場合には、次回更新時からゴールド免許割引を受けることができます。

逆に、契約期間途中にゴールド免許を失効しブルー免許になってしまった場合についても、保険契約期間中はゴールド免許割引は継続されるという事でもあります。

契約期間の途中でゴールド免許2

とはいえ、実は保険契約期間の途中からゴール免許割引が適用される場合もあります。
それは、記名被保険者(保険契約車両を主に運転する人)を変更した場合です。

環境の変化等の理由で契約車両の記名被保険者が変更になった場合で、新しい記名被保険者がゴールド免許の場合には契約期間途中からでもゴールド免許割引を受けることができます。

ただし、あくまで記名被保険者は契約車両の主たる使用者である必要があります。ゴール免許割引目当てに普段車を使用しない人を記名被保険者として申請するのは虚偽申告にあたります。
虚偽申告は事故時に補償対象にならないばかりでなく、悪質な場合は保険会社より契約解除されたり、その後の他社との保険契約にまで関わってきますので絶対にやめましょう。

保険契約の期間途中でのゴールド免許割引適用については、残念ながら途中からのゴール免許割引は適用されません。ただし、逆に期間途中にゴールド免許を失効した場合でも、ゴールド免許割引が効かなくなるのは次の契約更新時からとなります。

それでは契約途中のゴールド免許割引を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 基本的に契約期間途中にゴールド免許取得しても途中から保険料金割引はできない。

 逆に契約期間途中にゴールド免許を失効しても今契約中の割引は継続される。

 契約期間途中にゴールド免許を所持する新しい記名被保険者に変更になった場合には、期間途中からゴールド免許割引が適用される。

保険料金を安くするには契約内容を見直しと複数社での見積もり比較が一番です。

ただ、その複数社の見積もり取得がとても手間が掛かって大変でした。そこで今はこちらのサービスを利用するようにしています。これまでの手間が嘘のように、簡単に一括で見積もり取得ができます。

平均3万円の節約実績もあり、一度に最大20社の見積もりが取得できて必要な入力も簡単に終わります。

実際わたしも安くすることができました。もちろん無料ですし、非常に効果的なのでお勧めです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社

-自動車保険の節約Q&A, 自動車保険を節約したい