料金が安い自動車保険にデメリットはあるの?心配を調査してみました。

安い自動車保険デメリット1

毎年掛かる任意自動車保険の保険料金。できるだけ安く済ませたいですよね?

そんな時は、当サイトでもお勧めしているダイレクト型の自動車保険を検討するのが早道だと思います。ですが一つ気になることがありませんか?そう、ダイレクト型保険は安いのは分かっているけど

「安い保険て本当に大丈夫なの?」「安いだけに何かデメリットがあるんじゃないの?」

この様な不安をお持ちの方も多いと思います。

今回このあたりを思いつく限り考えてみましょう。

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

それでは、まず「安い自動車保険」てなんですか?というとそれはやっぱりダイレクト型(ネット型)の自動車保険になります。

代理店型の保険に比べるといろいろな手間・費用を省いていることから大分安い印象です。代理店型の契約条件をいろいろ簡素化して節約するよりも、ダイレクト型保険に切り替える方が全然安くなります。

やっぱりこの話題になると、通常の保険「代理店型」と安い保険「ダイレクト型」のお話になってしまいますね。

代理店型とダイレクト型の自動車保険について、どの様なものがあるか代表的なものを纏めてみました。

・代理店型保険

代表的な代理店型保険
あいおいニッセイ同和損害保険
AIU保険
損保ジャパン日本興亜
東京海上日動
三井住友海上
JA共済

・ダイレクト型保険

代表的なダイレクト型保険
アクサダイレクト
イーデザイン損保
おとなの自動車保険(セゾン自動車保険)
SBI損保
ソニー損保
チューリッヒ保険

安い自動車保険デメリット3

さて、安い保険(ダイレクト型保険)ではまず安いという最大のメリットがある訳ですが、それに対してどの様なデメリットがあるのでしょうか?

よく言われる事柄を以下に挙げてみます。

安い自動車保険(ダイレクト型保険)の心配
よく聞かれる不安事項  心配の必要性
・補償内容が悪いのでは?  なし:心配不要 
・事故時にすぐ連絡がつくか心配
・事故対応時のサポートが不安
・ロードサービスの対応も大丈夫?

ハッキリ言ってこれらの事柄については全くもって心配いりません。私も長年ダイレクト型保険で契約してきましたがサービスに不安を持ったことはありませんでした。事故時の対応もロードサービスでの対応も丁寧で迅速でしたし、補償内容も悪いと思ったことはありません。契約内容についての相談なども必要であればカスタマーセンターに電話でできますしね。

じゃあダイレクト型自動車保険。全然いーじゃん!サイコーじゃん!デメリットないじゃん!となってしまうんですが、それはまだ早計です。

実際には契約する、または契約しようとしてこそ分かるデメリットが存在します。筆者が実際に感じたデメリットについて列挙してみます。

ダイレクト型保険の実際のデメリットとは

安い保険の隠されたデメリット

・未成年(20未満)の直接契約が制限される場合がある
・料率クラスが悪い場合、車両保険を契約できない
・本格SUV車等の貨物車扱いの車両は契約が面倒

 未成年者の保険契約の制限

未成年者(20未満)が契約者として自動車保険を契約する事ができない場合があります。全く契約できない訳ではないのですが契約可能なダイレクト保険を調べる必要があるのも手間ですし、契約可能な場合でも契約には「親権者の同意・承諾が必要」といった条件付きが多いです。

これはダイレクト型保険に限っての話ではなく、代理店型でも同様なんですが、特にダイレクト型の場合はWEB上で全ての申し込みを完結できない場合があるという点でデメリット感が強いです。

 車両保険を契約できない

契約車両によっては、型式別料率クラス(車両料率クラス)の評価が悪くダイレクト型保険では車両保険をセットできない場合があります。

スポーツカーや高級車等の料率クラスの車両項目クラスが高い(クラス値8~9)は注意が必要になります。

どうしても車両保険が必要な場合は、代理店型で契約する必要があります。ただ、保険料金は相応に上がりますので覚悟しておいた方がよいでしょう。

 一部SUV等貨物車は保険契約が面倒

一部の本格SUV車両は自家用普通貨物車の扱いとなっており、そういった貨物車についてはWEB上から直接受け付けてくれない場合があります。

ダイレクト型保険の契約対象車種として貨物車を含む自家用8車種が対象となってはいても、WEB上の申し込みを受け付けてもらえない事があります。

電話やFAX、郵送で対処できるのかも知れませんがダイレクト型としては手間暇が掛かりデメリットでしょう。

先ほどお話しした3つのデメリットでも「未成年者の保険契約の制限」「一部SUV等貨物車は保険契約が面倒」の2ついては、契約可能な保険会社を調査したり、手続きが手間だったりと、面倒ではあるものの頑張れば何とかなる部分です。

そういう意味では安い保険(ダイレクト型)の本当のデメリットは「車両保険を契約できない」だけかも知れません。自分がどうしても乗りたい車というのはありますから、もしその車が車両料率クラスの悪い車であった場合には、車両保険を諦めるか又は代理店型で契約するしかありません。

安い自動車保険デメリット2

見積り比較で自動車保険は安くなる!

自動車保険は節約ポイントを押さえ

見積もり比較することで安くなります!

一度に最大20社の見積もり比較で平均3万円安くなる。

今すぐ安い保険を見つけられます。

今回は安い保険のデメリットがあるのかを調べてみました。

補償内容やサポートについては、筆者の経験上も問題になる点はないかと思います。ですが、安い保険(ダイレクト型保険)との契約自体については少しばかり制限がある場合があります。

ただ、車両保険の契約について以外では無視できないほどのデメリットは無いのではないでしょうか。

これらの点を踏まえ、納得のうえ安い自動車保険で保険料金を節約して頂ければ幸いです。

それでは、安い自動車保険のデメリットを簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 安い自動車保険といえばダイレクト型自動車保険を指す。

 安い自動車保険でも補償内容やサポート体制について不安になるほどの違いはない。

 安い自動車保険でも無視できないほどの大きなデメリットはない。

 料率クラスの悪い車の場合には、車両保険を契約ができない点だけ要注意。

保険料金を安くするには契約内容を見直しと複数社での見積もり比較が一番です。

ただ、その複数社の見積もり取得がとても手間が掛かって大変でした。そこで今はこちらのサービスを利用するようにしています。これまでの手間が嘘のように、簡単に一括で見積もり取得ができます。

平均3万円の節約実績もあり、一度に最大20社の見積もりが取得できて必要な入力も簡単に終わります。

実際わたしも安くすることができました。もちろん無料ですし、非常に効果的なのでお勧めです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社

-自動車保険の節約Q&A, 自動車保険を節約したい