マツダ CX-8[KG型]7人乗りプレミアムSUV。自動車保険料を見積り、相場と目安。

2019/05/26

cx8_kg2p_01

マツダの国内向けフルサイズSUVがCX-8です。

米国向けにはCX-9というフルサイズSUVが存在しますが、それよりも国内向けに若干サイズダウンしていながらCX-9同様に7人乗りモデルをラインアップしています。

ここのところ、国内でも7~8人乗りSUVのラインナップは増え続けており、ミニバンに代わるもう一つ選択肢として新しい流れができつつあります。

CX-8においても、セールスチャンスとしてその時流に乗っており、6人乗りモデルと7人乗りモデルを選択する事ができ、顧客への重要なアピールポイントの1つとなっています。

エクステリアデザインも世界的に評価の高い「鼓動デザイン」を継承し、その大きさも相まって流麗で力強くそして美しいフルサイズSUVに仕上がっています。

今回はそんなMAZDA CX-8[KG型]の自動車保険の保険料金について、年齢別・条件別に相場と目安、傾向を調べてみようと思います。

MAZDA CX-8[画像出典:http://www.mazda.co.jp/]

3万円安い自動車保険あります!

自動車保険をもっと節約したいと思いませんか?

平均3万円安い自動車保険が見つかります。

安い保険を探すならいますぐこちら!

入力5分もちろん無料です。

マツダの7人乗りフルサイズプレミアムSUVであるCX-8。

フルサイズSUVとしての大きさと、より洗練されシャープさを増した「鼓動デザイン」により流麗で威風堂々とした佇まいを持っています。

北米向けCX-9をベースプラットフォームとして開発され、国内向けにややシェイプしているものの大柄なボディサイズであり、それによって7人乗りをも可能としています。

ボディサイズは全長4900mm×全幅1840mm×全高1730mmとミドルサイズSUVである同社のCX-5と比べても全長は355mm大きく、重量も200kg程度増えている。

大きく重くなってはいますが、ボディ剛性も高く、しなやかに動く足回りも相まって上質な乗り心地を味わう事ができます。

搭載されるエンジンはCX-5で実績のあるSKYACTIV-D クリーンディーゼルターボエンジン、そして2018年11月からはSKYACTIV-G 2.5Lガソリンエンジン(NA/ターボ)がラインナップされています。

組み合わされるミッションは6ATとなり、そこに2WDまたは4WDの駆動方式違いのモデル設定があります。

4WDについては新世代の4WDシステム「i-ACTIV AWD」を搭載。電子制御フルタイム4Wであり、状況に応じて前後輪のトルク配分を2WD(FF)相当から直結4WD状態まで自在にコントロールし、走破性能と燃費性能を高次元で両立しています。

積極的なエンジンコントロールにより、安定して高い走行性能を発揮するG-ベクタリングコントロールプラス(GVC Plus)を装備し、スムーズで効率的な車両挙動を実現。

安全性についても、全グレードにi-ACTIVSENSEを装備しており、予防安全とドライバーの運転疲労軽減に効果を発揮します。
また、メーカーオプションの「360°ビュー・モニター」では4つのカメラを使用し、運転時に人の目では認識できない部分の危険認知をサポートしてより安全性を高めることが出来るシステムとなっています

そしてインテリアについてもCX-5同様に高品質であり、欧州車のようなデザインと質感を得るまでになっています。

各グレードでは6人または7人乗りを選択する事ができ、2列目にあたるセカンドシートの居住性はCX-5をも凌ぐ快適さを誇ります。

cx8_kg2p_02MAZDA CX-8[出典:http://www.mazda.co.jp/]

グレード 概要 価格
25S ガソリン2.5L
6AT i-ACTIVSENSE
2WD  2,894,400円
25S PROACTIVE 3,256,200円
25S L Package 3,758,400円
25T PROACTIVE ガソリン2.5Lターボ
6AT i-ACTIVSENSE
4WD 3,742,200円
25T L Package 4,244,400円
XD クリーンディーゼルターボ2.2L
6AT i-ACTIVSENSE
4WD 3,607,200円
XD PROACTIVE
2WD 3,693,600円
4WD 3,925,800円
XD L Package
2WD 4,228,200円
4WD 4,460,400円

それではマツダ MAZDA CX-8の保険料金に関わるポイントを確認しておきましょう。

保険料金に関わるポイント
 i-ACTIVSENSE搭載

 ASV割引の適用

 型式別料率クラス

ポイントとしては上記の3つが挙げられます。それでは順に説明していきます。

CX-8 にはマツダの安全思想、“ MAZDA PROACTIVE SAFETY ”の一環として、先進安全技術群「i-ACTIVSENSE」が全グレードに標準装備されています。

グレードによって有効な機能や性能に差はあるものの、様々な運転支援機能(ASV)によって劇的に事故を減らすことが可能となり、型式別料率クラスへ高評価として反映されます。

料率クラスの高い評価はそのまま保険料低減へとつながります。

i-activesensei-Activesense[出典:http://www.mazda.co.jp/]

前述の「i-ACTIVSENSE」によって、アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)が全グレードに装備されています。

これはマツダで言うところの衝突被害軽減ブレーキ(AEB)、いわゆる自動ブレーキ機能です。これによって各保険会社でASV割引(保険料金一律9%割引)を受けることができます。

ASV割引適用終了はその型式の自動車が発売された年度に「3年」を加算した年度の12月末日なので、CX-8の場合には保険開始日がディーゼルエンジンモデルは2020年12月末迄、ガソリンエンジンモデルは2021年12月末迄であれば適用を受けられる事になります。

ASV割引の適用
適用あり
~2020年12月末迄
※ディーゼルモデル

~2021年12月末迄

※ガソリンモデル

また、いずれ割引適用からは外れますがAEBを含めたi-ACTIVSENSEの事故予防効果は型式別料率クラスに十分反映されており、ASV割引適用が終了したからと言って必ずしも保険料金に不利という事でもありません。

MAZDA CX-8についてはディーゼルモデルか、ガソリンモデルかによって2つの型式が存在します。
型式によって型式別料率クラスが評価がなされ、この評価が保険料金の増減にも直結します。

・型式別料率クラス[2019年]

MAZDA CX-8 型式別料率クラス
グレード 型式 対人 対物 障害 車両 AEB
25S KG5P 4 4 4
25S PROACTIVE
25S L Package
25T PROACTIVE
25T L Package
XD KG2P 4 4 4 5
XD PROACTIVE
XD L Package

※AEB割:[ 〇 割引あり / × 割引なし ]

『AEB割』項目は衝突被害軽減ブレーキ(AEB)搭載によるASV割引の対象かどうかを表しています。MAZDA CX-8に関しては全車搭載されていますので、前述の対象期間内であればASV割引が適用されます。

CX-8全体としての型式別料率クラスの評価としては、「標準」に当てはまるかと思います。保険料金的には「可もなく不可もなし」といった感じではないでしょうか。

マツダ CX-8 料率クラス評価
(保険料金への影響)
★★★☆☆

標準

ただ車両項目クラスについては、『5~6』と他に比べてやや高い(悪い)評価です。車両保険をセットした場合、保険料金はそれなりに高くなる傾向にあるとは思います。

もちろん、車両金額も異なりますし契約内容にもよっても実際の保険料金は変わってきます。

今回保険料金をシミュレートするにあたり、条件とした内容を記述しておきます。

●見積もり条件

保険料金 見積もり条件
見積タイプ 年齢 年齢条件 等級 免許色
タイプ20 20歳 全年齢補償 8 グリーン
タイプ21 21歳 21歳以上補償 9 グリーン
タイプ26 26歳 26歳以上補償 11 ブルー
タイプ30 30歳 30歳以上補償 17 ゴールド
共通条件
・年間走行距離:【 5000km未満 】
・運転者限定:【 本人・配偶者限定 】
・事故あり係数:【 なし 】
・対人・対物:【 無制限 】
・人身傷害:【 5000万円 】
・搭乗者傷害:【 なし 】
・車両保険(ありの場合):【 フルカバー[免責0-10万] 】

今回は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)の年齢別に4タイプ「タイプ20」~「タイプ30」で見積もりを取得します。

cx8_kg2p_04MAZDA CX-8[出典:http://www.mazda.co.jp/]

それでは自動車保険料金をシミュレートした見積り結果を見てみましょう。

保険料金シミュレート結果
MAZDA CX-8 XD L Package
見積タイプ 車両保険なし 車両保険あり
タイプ20 54,800 円 215,630 円
タイプ21 35,440 円 137,820 円
タイプ26 18,890 円 53,790 円
タイプ30 13,930 円 34,860 円

各タイプでは記名被保険者(主にその車を運転する人)の年齢以上の運転者のみを補償対象とする年齢条件割引を前提にしているので、年齢を重ねるにつれ順当に保険料金が割安になっていくのがハッキリ分かりますね。

こちらは一定の条件をもとにシミュレートした結果なのであくまでも参考としてお考え下さい。

マツダ CX-8の保険料金の目安は前述の結果通りですが、契約条件によってもトータルの保険料金は変わってきます。

また、自動車保険は費用面だけでなく、補償内容やサービスの充実度、事故対応力などとの兼ね合いも含め、ご自身の考えに沿った保険会社を選ばれるのが一番です。そのためには複数の保険会社をさまざまな角度から比較、検討する事をお勧めします。

当サイトでは、そういった比較・検討をするために自動車保険の一括見積をお勧めしています。

自動車保険を選ぶにあたって、どういった部分を重視しているかを選択できますし、必要であれば保険契約についてアドバイスを求めることも可能です。

お金の掛からない無料のサービスというところもポイントになります。きっと今よりもピッタリの保険を見つけられると思いますので是非試してみて下さい。

↓↓無料の一括見積はこちら↓↓

 

cx8_kg2p_03MAZDA CX-8 7人乗りシート[出典:http://www.mazda.co.jp/]

CX-8はフルサイズSUVとして7乗りを実現しており、ファミリー層などこれまでミニバンに限定されていた顧客の流れを変える可能性があります。

大きさはそのまま居住性と快適性へもつながり、道を選ばないSUVとしての走破性も持ち合わせ、よりアクティブでプレミアムなファミリーカーとしての位置づけも可能です。

マツダの世界的に評価の高い「魂動デザイン」や上質な走行フィール。全グレードに標準化された先進安全技術群「i-ACTIVSENSE」。

CX-8によって新しいSUVの潮流が、出来つつあるのかも知れません。

それでは、MAZDA CX-8の保険料金を簡単にいえば!

今回のテーマを簡単に言えば!

 CX-8では全車に先進安全技術群「i-ACTIVSENSE」を標準装備。事故率低下により自動車保険料にも有利。

 衝突被害軽減ブレーキ(AEB)も全車装備されておりASV割引(一律9%OFF)の対象となる。

 型式は車種に対して1つのみ。CX-8の型式別料率クラスの評価は「標準」の範囲内。

 車両項目クラスの評価がやや悪く、車両保険をセットした場合の保険料金には少々不利。

保険料金を安くするには契約内容を見直しと複数社での見積もり比較が一番です。

ただ、その複数社の見積もり取得がとても手間が掛かって大変でした。そこで今はこちらのサービスを利用するようにしています。これまでの手間が嘘のように、簡単に一括で見積もり取得ができます。

平均3万円の節約実績もあり、一度に最大20社の見積もりが取得できて必要な入力も簡単に終わります。

実際わたしも安くすることができました。もちろん無料ですし、非常に効果的なのでお勧めです。

↓↓いますぐ安い保険を見つける↓↓
一括見積できる保険会社

-保険料金の車種別相場